生地蒲鉾ブログ 蒲鉾よもやま話 かまぼこ屋のつぶやき

かまぼこ情報や日々の出来事などを綴ります。

2011年3月

最近暖かい日が続きます。ようやく厳しい寒さが和らぎ春のきざしが見え始めましたね。

富山県の桜の開花予想は4月8日で満開予定は4月12日だそうです。

花見は自粛ムードが漂っていますが、宴会ではなく、ただ花を愛でたい気持ちはありますね。

さて話はコロッと変わりますが、先日行われた、サッカーの日本選抜とJリーグ選抜の試合、盛り上がりましたね。

サッカー界はいち早くチャリティー試合を決め両チームともベストメンバーを揃えて見ごたえのある顔ぶれが並びました。(特にJリーグ選抜の選手たちが豪華でしたね^^)

混乱の続いた日本野球界とは対照的な対応でした。(選手たちは気の毒だと思います・・・)

中身のほうは完全にガチンコとはいかなかったかもしれませんが、十分に面白かった。特に後半三浦和良選手がピッチに立った時の歓声、ゴールを決めた瞬間、久しぶりに鳥肌が立ちました。

スポーツは沈みがちの日本を元気にする力があります。

素晴らしい試合、ありがとうございました。

 

今週の細工かまぼこの生産は受注分終わってたのですが、本日また追加で注文をいただき、今日も生産に追われました^^

嬉しい限りです。ご注文くださったお客様、この場を借りてお礼申し上げます^^

さて当社と深いつながりのある大事なお取引様が東京にあるのですが、震災以来いろいろと首都圏の情報を教えていただいています。

当日は電車が動くまで家を目指して歩いていただの、東京の買占めに関する事、計画停電など現地にいないと知りえない情報を電話で教えてくれています。

今日も久しぶりにお電話いただいたので「最近はどうですか?」と話していたのですが、やはり話題の中心は原子力発電所の放射能漏れのことでした。

なんでも定期的に放射能の値をチェックしているだの、マスクは一日中している、家の換気扇は回さないなどなど教えてくれました。またその手の知識がここ数日で飛躍的に伸びたとも言ってました。。

富山にいたらそこまで実感がないのが実情ですが、東京は一体どんな状態なのでしょうか。

3月11日以降日本が一つの国じゃなくなったみたいな気がしてきます。。。

今日も引き続きいい天気でしたね。昼過ぎからは春の空気が漂っていた気がします。

夕方から近所の黒部市総合体育館にランニングに行ってきました。といっても室内のルームランナーですが・・・

少し汗を流すと疲れが逆に抜けていく感じで気持ち良かったです。(蓄積されたアルコールと水分との入れ替え作業のつもりで^^)

車で5分かからない距離にこんな施設があるなんて恵まれていますね。2時間利用して300円!

4月24日に開催される魚津しんきろうマラソンにエントリーしてしまったので何とかそれまでには10km完走できる体に仕上げていきたいなと思います。

それと今年はゴルフも何年ぶりかに初めてみようと思っていますのでこちらも4月初ラウンドに向けて練習をスタートしていかねば・・・・

体を動かすと脳みそも活性化してくれるといいのですが^^;

 

今日の富山県内は全県的に快晴だったみたいですね。

ここ黒部市でも一日中青空が広がり気持ちのよい一日でした。週間天気予報を見るとしばらく気温も高めで好天が続きそうで嬉しい限りです。(朝はまだまだ冷え込みますが)

そんなわけで今日も一日細工かまぼこの製造に追われて終わっていきました。

鯛だけで100枚は軽く作りました。

これだけ多いと流れ作業でしなければこなせません。

生地蒲鉾の鯛の作り方は以前このブログでも書きましたが手間がかかっています。

まず、ピンクを塗り、次に腹の部分には白。そして真ん中にかけて赤。その上から顔とひれを描く。

というようにいくつもの工程があります。

もちろん化粧する前にも型起こしもしなければいけません。そのあとの坐りetc。。。

効率よく仕上げる方法はあるのですが、ここがこだわりの部分ですので伝統の作り方を守っていきたいと思います。

富山県内のかまぼこ屋さんはどこも鯛を作っているとおもいますが、一度ぜひ見比べていただければと思います^^

 

今回の週末は久しぶりに外出も用事も特にない週末でした。

おかげさまで日曜日の朝はゆっくりと寝させていただくことができました。睡眠は大事ですね。

睡眠が足りてると心に余裕ができ、何かしようという気持ちになります。(私だけでしょうか?)

健全なる精神は健全なる肉体に宿るゆえんでしょうか。

というわけで日曜日はタイヤ交換や廃棄物処分、ゴルフの練習、読書などしたいことをできました。

休日は一日の方がメリハリができていいのかも^^

これで明日からの仕事もバリバリできます!

今日は今週の仕事納め。とても慌ただしく今週も終わっていきました。

こうして無事に仕事が毎日できることが幸せだとつくづく感じています。

さて今日は昼くらいに富山に行ってきました。厨房機器が置いてあるお店にあるものを物色しに・・・

今は社を挙げていろいろなかまぼこの試作品を作っています。

今までいくつか作って今日も試食してみたのですが、とてもおいしい!今までの生地蒲鉾の蒲鉾にはないテイストを作り出せていると思います。

ただし、実際に市場で流通するにはまだ越えなければいけないいくつかのハードルがあるのも事実です。

そのまま食べる分には十分味はOKなのですが・・・

失敗しては改良し、壁にぶつかってはやる気をなくし・・・

でもこうしていろいろ試行錯誤しているときがわくわくしますね^^

頑張ります。

 

さて今週もあと土曜日だけとなりました。富山はまだまだ寒い日が続いています。

来週は4月ですが、桜とかまだ咲く気配がないですねえ。。

ここで何か普段の何気ないことを書こうと思っても震災のことが頭のかたすみにひっかかってしまいます。

当たり前ですよね。

例えば花見について思ってもこのご時世に花見とかはどうなんだろう?とか。

結婚式などの明るい話題やこどもが楽しく遊んでいることなんかも書くのをためらってしまいます。

こんなことではいけない!と思いつつも・・・ですね。

なるべく普段どおりいこうと思います。

少しずつですが、震災の被害のなかった地域は日常を取り戻してきたような感じがします。しかし、これからいたるところで「震災の影響で・・・」といった場面にでくわすことと覚悟しています。

実際に経済に与える影響は甚大なものがありますのでわれわれのような地方生活者はもう少しあとになって痛みがでてくるものと思われます。じわじわと例えるならボディーブローのように。。。

さて気づいたら水曜日、追加のご注文いただいてた細工かまぼこに続いて関東方面向けの商品の生産で一日が終わっていきました。。

最近気づいたら一週間が過ぎているという状態です。

仕事においては充実しているということで良いことなのかな?

というかもうすぐ4月なんですね。。。

こんな時でも桜はちゃんと咲いてほしいですね^^

震災地域への配送状況も刻一刻とよくなっています。

詳しくはヤマト運輸さんの佐川急便さんのwebサイトをご覧ください。

生地蒲鉾では主にこの2社様の配達便を使ってかまぼこの配送を行っていますのでギフト等をお考えの際は参考にしていただければ幸いです。

さて通常今週もアメstartでした・・・

今週は先週よりも細工かまぼこのご注文を多くいただいておりました!したがって今日月曜日だけでは作りきれず、明日以降に持越しとなりました。こんな忙しさは大歓迎です^^

若干人差し指がぷるぷるきていますが・・・

(人差し指が震える理由は付け包丁を押さえつけるのと絞り出し袋の力を入れるところが人差し指なのです。が、人によっては絞り出し袋の持ち方が違うのでいずれこのブログで書いてみたいとおもいます)

さあ明日も張り切っていきます。

 

 

3月19日はさいくの日、ということで昨日は富山市で細工かまぼこ体験教室?出前体験授業?を行ってきました。

メンバーは富山県蒲鉾組合青年部のみなさまと富山中央水産の方々です。

参加してくれたのは小学生~中学生のこどもたち25人ほど。女の子が多かったかな?

正直行く前は自分たちの仕事のおしつけにならないかなあ、と少し不安な気持ちもあったのですが、当日参加してくれたこどもたちの目の輝きを見たらそんな不安など吹き飛んでしまいました。

細工の日1.JPG細工の日2.JPG

 

中にはとても上手に細工をできる子もいたりして・・・・・

 

きゃあきゃあ言いながらの細工かまぼこ体験でした。こどもたちの元気さ、明るさを見ていると、最近ふさぎ込んでいた心のもやもやがこの時だけは晴れました。やっぱり子供の笑顔やまっすぐさは最高ですね^^

元気をいただきました。本当にありがとうございました。

またこうして富山県の細工蒲鉾の技術や伝統がこれからの世代に伝わっていくことを切に願っています。

 

明日は細工の日です。何回も書いてますが、富山県蒲鉾組合青年部「蒲友会(ほうゆうかい)」がごろ合わせで3月19日を(さいく)と読ませてこの日に決めたのです。

富山県の伝統技術である絞り出しによる細工かまぼこ。その普及と継承のため毎年いろいろな活動を行っています。

さてそんなわけで

生地蒲鉾 細工かまぼこ解説シリーズ?

第2弾 (かめ)

と並んで使われることが多いです。鶴は千年、亀は万年・・ですよね?

大中小あります。

しっぽに特徴があります。緑と白の2色を使ったぎざぎざのしっぽが流れるように巻いています。

甲羅の部分はスタンプのようなもので最後に「ポン」と軽く押しつけて終了。

亀.jpg

 

突然ですが、

生地蒲鉾の細工の特徴について解説してみたいと思います。

鶴(つる

言わずと知れた縁起物で細工蒲鉾の代表格。亀とセットになることが多いです。

生地蒲鉾では大中小の大きさがあります。

朝日を受けて羽を広げています。(朝日に雲がかかっているような白いグラデーションに注目です)

その羽も途中から裏面が見えるような羽になっています。(ここも細かい!)

 

鶴.jpg

いくつか特徴をあげさせていただきました。

次回(不定期)は亀について書きます。

 

今日は全国的に寒い日になりましたね。ここ生地も朝から大荒れで一時吹雪きのような天候でした。3月も中旬なのに・・・

昨日も書きましたが佐川急便さんの配送がスタートして関東方面への出荷ができるようになりました。

とてもありがたいことです。

震災以来心配なことがあります。いくつかのイベントや旅行、お祝いごとなどが「自粛」傾向にあり、事あるごとに「不謹慎」という言葉が聞かれるようになっていることです。

おちまさとさんのブログ「不謹慎とは何か」でもそのボーダーがどこにあるかを見極めるのが難しい状態だといってます。

またほぼ日での糸井重里さんのどっちの判断も尊重するという考えには共感できます。

ただし日本全体を覆う暗鬱とした雰囲気に拍車をかけるような過度の自粛や押しつけには反対です。

明日からも粛々とかまぼこ作りに精を出し、こどもたちと遊び、週末には外出して普通通りの生活を続けていこうと思っています。

 

昨日に引き続き発送関連の情報です。

本日3月15日現在関東方面へのクール便での発送が可能となりました。(まだ予断を許さない状況らしいですが)

運送会社の人たちの努力に頭が下がります。全く通常通りというわけにはいかないかもしれませんが、ありがたい限りです。

感謝です。

ここが日本経済の踏ん張りどころです。

僕も働ける喜びを感じながら一生懸命おいしいかまぼこを作り続けたいと思います。

 

ここ富山県では地震の影響もなく普通に仕事できています。そのことに今は感謝しなければいけません。仕事をすること、普通の生活を送ることに全力を注ぎたいと思っています。

ただ震災の影響は少なからずあります。特に配送の件でご注文いただいた方に、配送地域によってお断りや指定日設定できない旨、理解いただいております。

こちらにも書かせていただきました。

生地蒲鉾では発送の手段として主にクロネコさんや佐川急便さんを使って配送していますが、両社とも東北地域には現在配送できない状態です。また関東方面につきましても地域によって配送できなくなっております。

大変申し訳ありませんが、発送希望のお客様はメールや電話でお問い合わせいただければと思います。

 

 

震災の被害の状況が次第に明らかになってきました。TVで繰り返し流される映像は目を覆いたくなるほどの惨状を伝えています。

僕たちは迫りくる大自然の前ではとっても無力なんだということを改めて気づかされる、そんな大地震ではなかったでしょうか。

そんな状況の中、世界各国からは暖かいメッセージが届けられています。「Pray for Japan」。

またツイッターでは日本国内での励ましのメッセージであふれかえっています。こういった危機的状況下ですぐさま一致団結できる日本人はとても素晴らしく、日本人であることに誇りを持ちました。

そして危険な地域に派遣されている警察官、自衛隊、消防隊、電力会社の社員のみなさま、自らの危険を顧みず被害者を救う姿はとても立派です。

最後にツイッターで流れたとても感動的なフレーズを引用させていただきます

 

「暗すぎて今まで見たことないくらい星が綺麗だよ。仙台のみんな、上を向くんだ」

現地での会話。

 

こんな悲惨な時ですが、たくさんの明かりも見えています。頑張りましょう。

 

宮城・茨城を中心とした非常に大きな地震が起こりました。国内観測史上最大規模の地震です。

11日18時現在その被害の状況はまだ完全に把握できていませんが、津波や火災などで甚大な被害が出ているものと思われます。

今は一刻も早い復興を祈るしかありません。

今日はお昼ちょっと前で工場を失礼させていただき富山で行われたとあるセミナーに参加してきました。

13時開始だったので12時少し前に家を出たのですが、駐車場が満車だったこともありうろうろしてたら13時少し過ぎて到着してしまいました。黒部~富山間の時間はいまだに読めないです・・・

そして帰りにコンビニに立ち寄り「富山情報」を手に入れてきました。

実は今号の富山情報には細工蒲鉾の特集が組まれていました。生地蒲鉾の紹介はなかったですが^^;・・

富山県の細工蒲鉾について巻頭で大きく取り扱ってくださっていました。

実は今月3月19日は細工の日(さいくのひ)として富山県蒲鉾組合青年部が決めて細工蒲鉾の普及、PRに努めているのです。普段はライバル同士の関係ですが、細工蒲鉾の伝統を後世に伝えていきたい!との思いは同じ。

ということで毎年なんらかの活動をしていこうと決めています。(昨年はイオン高岡で立山連峰の巨大かまぼこを製作、展示)。

今年は特別なPR的なものはありませんが、細工蒲鉾の体験をしていただく予定になっています。

地道に活動して富山県の細工蒲鉾を盛り上げていきたいと思います!

 

またまた天気の話からになってしまうんですが、朝は良かったんですよね。

山の稜線がうっすらと光を浴びて「今日は晴れるな」と思わせてくれたんですが・・・昼からは一転大嵐になってしまいました。3月10日になっても吹雪くんですねえ・・

そんなわけで今日も手がじんじんと痛くなるくらいの寒さでしたが、かまぼこを作る上での練りの状態としては最高です。気温は零下にならない限り低いほうがいいと感じます。ですのでこれから温度が上がっていくときには温度管理に一層気をつけなければいけません。

もちろん生地蒲鉾のかまぼこは練りの温度管理にもこだわっていますが、もう一つ大事なのが成型した後の「坐り」の温度に一番気を使っています。季節によって保管庫の温度設定を1℃単位で変更したりと・・・本当に難しいんです。

詳しくはここで紹介することはできませんが、伝統の技術と長年培われた経験によって坐りの温度管理が行われています。一朝一夕には真似のできない技術だと自負しています。

それが今の生地蒲鉾の「しなやかでぷりぷりした」食感に繋がっているんです^^

今朝もうっすらと雪が積もっていて一日中寒い日でした。でも今週で冬が終わりと勝手に決めつけて頑張っていきます。

さて今朝の新聞にも出ていましたが全国蒲鉾品評会の結果が発表されました。

生地蒲鉾のかまぼこでは「焼角」」が富山県知事賞を見事受賞できました。

(本当は「農林水産大臣賞」が欲しかったんですが^^;)

この焼角、本当においしいです。主原料のすり身にはメインのスケソウダラの他に隠し味的にハモのすり身を使っています。焼いた時の香りがたまりません。そしてこだわりのしなやか食感も他の商品と変わりません。

シンプルですが個人的にはかまぼこのおいしさを一番堪能できる商品だと思っております。

賞は一つの励みとしてこれからもさらに質の高い商品を、そしておいしいかまぼこ作りにこだわっていきます!

焼角.jpg

さあ、今週も雨で始まりました。もうここまで徹底して月曜日が雨だと気にならなくなってきます。。。

土日は下の女の子の3歳の誕生パーティーなどでずーっとこどもたちと一緒になって遊んでいました^^

それと年明け以降なまっていた体に活を入れるためにも運動しようと思い立ち、黒部市の体育館で時間を見つけて走ってました。(魚津のしんきろうマラソン10kmの部に出場することに決めました!もう後戻りはできません)

最近読んでる本の中ではどんなことでも楽しくすること、常にイメージを持って取り組むことの必要性を説いています。当然といえば当然なのですが、実践できていません・・・

体を動かすことで少しでも鈍った脳も活性化されればいいなあと思っています^^

ひな祭りも終わりました。

昨日は娘の3歳の誕生日でした。あっというまだったような、ここまで長かったような・・・微妙な感じですね^^;

今日はOFFの日で、朝から天気が良くって気分も晴れやかな一日でした。朝から息子の散髪に近所の床屋さんまで散歩を兼ねて行ってきました。なぜか3歳の娘もついてきましたが・・^^

もしゃもしゃ頭がずいぶんとすっきりして男前になって、さすがプロは違うなあと。しかしまだ寒いが続きそうですので風邪などひかなければいいのですが・・・

梅が咲いていました。

 

梅.JPG

 

どんどん春が近づいて来ています。

もう一か月もしたら桜も咲きますね^^

今朝家を出ようとしたときに気づきました。道路が真っ白なことに・・・

雪、積もっていたんですね。3月4日なのに。

そしてめちゃめちゃ寒い一日でした。

春はいつ来るのかなあ・・・

かまぼこの話です。

生地蒲鉾の定番商品の一つである「笹焼き」。その外装が少し変わりました。今までは無地の真空フィルムの上に外袋をかけての2重包装でしたが、フィルム自体に印刷を施して1重?包装にしました。世間的に過剰包装を避ける傾向もありますのでシンプルな包装ですが、いいことだと思っています。笹焼きシリーズのごま、しぐれ、青のりも順次変更していきます。

 

笹焼き新袋1.JPG笹焼き新袋2.JPG

しばらくは2重包装と混在するときがあるかとは思いますが、中身は全く変わらずおいしいかまぼこです^^

外装で見栄えよくするのも大切なことですが、一番大事なのは中身、つまり味であることに変わりはありません。

今日は昼から1時間くらい時間があったので近くの黒部市総合体育館のトレーニングルームのルームランナーで30分ほど汗を流してきました。

年始から夜の付き合いが多かったせいで内臓系が重く感じていましたので久しぶりに体の中からじわじわと染み出てくる汗を感じて心地よい疲労を感じることができました。ほんの少しの空き時間でもぼーっと何もせずに過ごすのと無理やり運動するのでは大きく違います。これからも頑張って続けようと思います。

話は変わり会社でのことですが、食堂で朝ご飯を食べていると「生地かまぼこのみなさまへ」と書かれた封筒が目に入りました。開けてみると中には先日会社で細工かまぼこの体験をしていった生地小学校の生徒たちからの感謝状?感想文?が全員分入っていました。

 

感想 生地小学校.JPG

小学校6年生ってこんなにしっかりしているのですね。正直感動しました。地元のこどもたちにここまで喜ばれて本当に嬉しいです!

これからもこの細工かまぼこの技術を残していかなければ、そしてまた「おいしいかまぼこ」を作り続けていかなければと気持ちを新たにしました。こんなに大勢のこどもたちが背中を押してくれています!

純真なこどもたちの意見は心にストレートに響きますね^^

昨日の会議が終わったのは予定通り?22時30分ほどでした^^;

朝がそこそこ早い仕事ですので家に帰るのが遅くなるのは翌日ちときついですね。ということで今日は睡眠不足の上に寒波再来ということでなかなかタフな出勤でした。それでも工場でらいかいをしている頃にはもうすっかり眠気も冷めていました^^

話は変わり、家に帰って届いていた黒部市の広報3月号を眺めていると平成22年の国勢調査の結果が掲載されていました。5年前と比べて人口は減っているのですが、特に生地地区の減少が著しい!高齢化もすすんでいるでしょうし、何かまちとして魅力ある取組が必要なのでは。

まち歩きなどの観光客は増えている印象があるのですが、定住となるとなかなか難しい問題があるのでしょうね。。

 

今日も朝からずっと雨でした。。明日からは再び雪だるまが並んでいて3月に入ったというのになんだか冬に逆戻りの感があります。。。

さて今日は昨日の続きで朝から細工かまぼこ作りをすすめていました。今週ご注文いただいた分はなんとか今日できたかなと思います。

そして昼からは富山市で蒲鉾組合青年部の会議に出席してきました。細工蒲鉾を後世に伝えていくための方法やPRの仕方などを議論して、なんとか形になりそうなところまできたのかな、と。。また実施できるようになったらこちらで伝えることができると思います。

今日はなんだか会議がたくさんあり、夜は黒部で会議でした。こんな日もあるんですね^^;

明日は雪みたいですので通勤が少し心配です・・・

生地蒲鉾ブログ 蒲鉾よもやま話 かまぼこ通信
生地かまぼこお試し商品

蒲鉾オンラインショップへ

黒部市 生地情報

蒲鉾のよもやま話「かまぼこ通信」

生地蒲鉾に寄せられたお客様の声

よくある質問

生地蒲鉾が作る富山のかまぼこ 取り扱いショップ

このページのTOPへ