生地蒲鉾ブログ 蒲鉾よもやま話 かまぼこ屋のつぶやき

かまぼこ情報や日々の出来事などを綴ります。

2016年4月

こんなことここに書くべきではないのでしょうが、今週に入って全くアルコールを口にしていません。
3月から酒席が続き、どうも疲れやすくなっていたのと、自分はアルコール依存症かどうかを確かめる意味を込めて日曜から飲んでいません。
こんなに酒を飲まないのはかれこれ15年くらいぶりではないでしょうか。

アルコールを断ってわかったことがあります。

良かったなと思うこと。
・夜早く寝れる。
・夜の時間を有効に使える。
・お酒に使ってたお金を使わない。
・余計なカロリーを蓄えずに済む。

良くないと思うこと。
・寝つきが良くない。
・寝てもすぐに目が覚める。
・朝たいして寝覚めが良くない。
・眠りが浅いので夢をよく見る。

ということで1週間の実験は終わりました。
今日からはまた普通の生活に戻りたいと思います。

ということで本編です。
↓↓↓

いよいよGWに入りました。

生地蒲鉾でも製造はもちろんですが、観光施設への配達や来店のお客様でずいぶん賑やかになってきました。
近所には里帰りと思しき県外ナンバーもかなり見受けられました。

もちろん我々は普段通り、祝日休みはなく、土日は製造が休みですが、午前中は営業は行っていますのでどうぞ工場の方にも起こしください。

来週も月曜から金曜までは普通通り、いや普段より忙しく製造も行う予定になっております。
とはいえ周りの会社はほとんど休みか、あるいは開店休業状態かと思いますので私はその間を利用して福井まで催事販売に行ってきます!5/3~5/11までの長丁場の催事、どうかお近くに来られる際にはお立ち寄りください!


黒部で新たな建物ができました。
宇奈月温泉に総湯が明日4/27にオープンするそうです。
「湯めどころ宇奈月」という名称らしいですね。

宇奈月温泉街の方にとっては待ちにまったといった感じでしょうか。
また同じ黒部市民としても総湯誕生は嬉しいニュースです。

ですが、、

総工費7億7千万円と聞いて少し複雑な感情も正直あるのも事実です。
財政状況が厳しいなか、割ける予算に限りがある中で総湯はどのような位置づけになるのでしょうか。

まあ、総湯に限らず、市の予算に注目することはあまりなく、どのような事業に予算がつけられているのか普段あまり意識していない中で「総湯」という箱モノが自分の中で目立ってしまうのでしょうが。

あらかた議論が尽くされた中での建設だったとは思うのですが、今後の行方にも注目ですね。
でもまずは自分が実際に行って温泉を味わってこようと思います。


4月23日土曜日は朝から学校の総会やご近所さんでもある皇国晴酒造さんの蔵開きイベント、そして夜は学校の歓送迎会と何かと盛りだくさんの一日でした。

前日まではお天気があまり良くなかったのですが、この日は一日晴天でどの事業も良かったですね。特にミクニハレさんの蔵開きは本当にたくさんの人が来ていて数年前に始めたイベントだと思うのですが、生地での大きなコンテンツになっているなあと感心するばかりです。

仕事の方はいよいよ来週からGWに突入しますので細工蒲鉾の体験や観光施設に納品する商品などで忙しくなりそうです。
特に体験の方は今月だけで200人近くの人たちが訪れます。
最近は単なる観光だけでなく体験型観光が人気だとういうことを実感します。

生地蒲鉾ではこの体験有料(600円)なのですが、ほぼ利益を度外視して行っているので、
観光客のみなさまに細工蒲鉾の文化を知って楽しんでいただければとの思いでいます^^


突然の熊本大地震、現地では余震が頻発しているとのこと、本当に眠れない日々が続いていると思います・・
今はただ一刻も早い復旧を願うばかりです。。
少しでも早く以前の生活に戻れますように。

今週も始まりました。
ずっと暖かい日が続いていたと思うのですが、週初めからいきなりの冷え込み・・・
恐らく最低気温は5℃以下で宇奈月の山の方では雪もちらついていたそうです。山も真っ白な雪化粧に逆戻りしていました。

そんな震えるような朝、いつもどおり雨の中自転車で出勤してらいかい作業を終え、子どもの入園式に出席。
なにもこんなに寒い日に当たらなくても・・・・
と思いましたが、途中から日も差し無事に終わりほっとしています^^

静岡松坂屋さんでの催事も今日が最終日、我々としては初の地でのチャレンジになりましたが、新たなつながりもうまれました。
5月にも地下催事を行わせていただくことになりましたのでまた5月上旬に静岡の皆様にはお会いしたいと思います!

他にも5月には福井西武、新宿髙島屋、東京のスーパー三徳さんと立て続けに催事・試食販売が決まっています。
詳細はまたHPで告知します。
ちょっとハラハラな展開ですが、生地蒲鉾全員で頑張ります!
今週末は天気が良く、温暖な気候だったので思いつきで夜桜を見に行こう!となり、急きょ土曜日の夕方に黒部を出て上越は高田城の観桜会に行ってきました。

思いつきと書きましたが、実は以前上越のかまぼこ屋さんにお邪魔した際にぜひ桜の季節に来てくださいと言われていたのもあって家族で初の高田城のお花見に行くことにしました。
FullSizeRender2.jpg
噂には聞いていたものの実際に行ってみるとすごい人!
IMG_2176.JPG
当然近くの駐車場になんか停めれるはずもなく、ぐるっとまわって結局インターの駐車場に車を停めそこからシャトルバスでの移動となりました。シャトルバスもぎゅうぎゅう状態。運賃は大人200円、こども100円、乳幼児無料となっています。

着いたらものすごい人と屋台の数に圧倒されましたが、肝心の桜もライトアップされていてお城との対比が素晴らしく美しかったですね。噂通りの見応えです。
FullSizeRender5.jpg
上越のかまぼこ屋さんのブースにもお邪魔させていただいてつみれ汁やかまぼこの串揚げをごちそうになりました^^
1日~17日まで毎日12時間と聞き、大変そうですが、これだけ人が多く、売り上げもついてくれば商売としておいしいコンテンツだなあと感じずにはいられません。
黒部でもこういった大規模なお祭りがあったらなあと車中子どもたちが爆睡している中でぼんやりと考えて帰途につきました。
FullSizeRender4.jpg
黒部からは1時間ちょっとで行けるところなので来年もぜひ足を運びたい素敵な名所です。

ちなみにお昼は近所の上町の宮でプチお花見を楽しみましたので一日中桜をめでることができた貴重な土曜日になりました^^
FullSizeRender1.jpg

先週は家族で群馬、長野にプチ旅行に行っていましたので今週は火曜日からのスタートでした。

3月はあまりなかった婚礼用の細工蒲鉾も4月に入って急に増え、工場もようやく活気が出てきたきがします。

さて昨日は仕事が終わって夜は富山で塩釜蒲鉾組合の青年部様との合同懇親会が開催されました。
塩釜さんは9名、こちらは15名ほどの参加でかなりの盛り上がりをみせたのではないでしょうか。

とにかく塩釜さんは結束力が強いというのが印象に残りました。(飲み会の息もぴったりでした^^)

そんな青年部さんの普段の活動や各会社さんの仕事への取り組みなどとても参考になることばかりで富山の蒲友会活動にも活かせることがあるなと思いながら聞いていました。

今日帰ると聞いていますが、この富山旅行が彼らにとってもよいものになっていただければこちらとしても嬉しいですね。
生地蒲鉾ブログ 蒲鉾よもやま話 かまぼこ通信
生地かまぼこお試し商品

蒲鉾オンラインショップへ

黒部市 生地情報

蒲鉾のよもやま話「かまぼこ通信」

生地蒲鉾に寄せられたお客様の声

よくある質問

生地蒲鉾が作る富山のかまぼこ 取り扱いショップ

このページのTOPへ