富山のかまぼこ 生地蒲鉾有限会社

生地蒲鉾ブログ 蒲鉾よもやま話 かまぼこ屋のつぶやき

生地蒲鉾ブログ 蒲鉾よもやま話 かまぼこ屋のつぶやき

カテゴリ:即売会・商談会 の記事

東京日本橋とやま館へ

(2024.01.18)
かまぼこのこと即売会・商談会

まだまだ能登半島地震の被害の報道が続いていますが、通常の活動も行っていかないといけませんので我々としてはなかなか元気が出ませんが粛々とできることをやっていきたいと思います!

ということで明日1/19~1/21にかけて東京の日本橋とやま館で物販イベントを行ってまいります。
今回は生地蒲鉾単独ではなく、県内同業者4社による昆布巻かまぼこのPRイベントになります。
言わずと知れた富山の名産「昆布巻かまぼこ」。

と書きましたが、「言わずと知れた」と思っているのは実は我々県内業界の人間だけではないのか?
県内全般、もっと言えば全国の人の認知度は全然なのではないのか?という疑問も湧くわけであります。
昆布巻かまぼこで使用されている道産真昆布は減少の一途をたどっています。
それに従い価格もどんどんあがる一方。

こんなにおいしい蒲鉾が貴重な限りある資源を使って製造されているということをもっと知っていただく努力をしなければいけないのではないか、そんな風に思った有志4社で昆布巻かまぼこのPR活動をしていこうなどと話しております。

今回はその一環として東京のより多くの方にも知っていただければ嬉しく思っています。
各社使用するすり身や製法が違うので食感や風味がそれぞれ違うところも試食などを通じて感じてもらえたら嬉しいですね^^

昆布巻かまぼこの販売と一緒に珍しいえびのせチーズかまぼこも販売します

くろべフェア初日

(2023.09.18)
即売会・商談会

くろべフェア初日が終わりました。


今年はもう何度も書いていますが、とにかく暑い、熱い!
例年くろべフェアの時は台風が来たり、雨だったりと天候に恵まれない印象があるのですが、今年は晴れて爽やかな青空が広がっているなあ、と思っていたのですが、爽やかを通り越して熱波の中での開催となりました。

我々屋内組はいいのですが、屋外の飲食ブースの方々は汗だくで販売していましたね。。
でも昨年より大勢のお客様に来ていただいているような手ごたえはありました。

くろべフェアを終えて会社に戻ると新型の冷凍機が設置されていました。

今日も暑いと予想されますが、頑張って乗り切りたいと思います!

船橋東部百貨店催事とくろべフェア

(2023.09.16)
出張・研修即売会・商談会

千葉は船橋の東武百貨店で北陸物産展が開催されています。
会期は9/14~9/19までの6日間です。
私は準備のため前日から船橋入りして初日の様子を見て、社員に託して帰ってまいりました。
初日は大盛況といった雰囲気で百貨店の方も言っておられましたが、どのイベントも前年比120%程度で推移しているとのこと。

この価格高騰の折、百貨店の購買力はすごいなというのを目の当たりにしてきました。
この関東出張で困ったのがやはり暑さ!
移動は電車と徒歩なのでスーツケースを引いて歩いたり、階段の昇降が多いのですが、まあ汗がでること。

本当に9月中旬か、と思える暑さでしたね。
そして昨日富山に帰ってきてもまだ暑い(笑)
今日は黒部市内の小学校の運動会ですが、熱中症などが心配ですね。

それとコロナ、インフルエンザも大流行しています。

生地蒲鉾でも何人もの方が休んでいて現場は多少の混乱があります。
これが繁忙期だったら・・・とぞっとしております。
明日9/17、9/18はくろべフェアが開催されます。
こちらでは蒲鉾の特価販売を行いますのでぜひお越しください!!

いきいき富山館でのイベントを終えて

(2023.06.19)
即売会・商談会練り天屋

東京の物販イベントから帰ってまいりました。
今回も大勢のお客様と触れ合う機会をいただき感謝です。

同業者3社でのふわ天の実演販売というイベントで勝手が違う面もありましたが、仲良く刺激を受けながら無事に終了できたのかな、というのが印象です。

備品類の分担や事前調査の甘さなどはあったような気がしますが、「富山の新ソウルフード」誕生に向けた第一歩を踏み出せた手ごたえを感じました。

今回出品した商品を紹介すると
生地蒲鉾からは道の駅KOKOくろべの練り天屋でも販売している定番商品「半熟卵のふわ天」「黒部産ネギと紅ショウガのふわ天」
四方蒲鉾からは「白えびのふわ天」「大越中バイのふわ天」
中村蒲鉾からは「枝豆とチーズのふわ天」「稲積梅としそのふわ天」

以上6種類です。各商品によって価格が違っていたり(バイは750円/個)、POPもバラバラだったりしましたがお客様の評判は上々でしたよ!
マスコミの方も在京新聞社様などが訪れていただき早速翌日の紙面で取り上げていただきました。

富山の新ソウルフード、郷土料理的なものに定着するにはまだまだ時間がかかりますが、地道に業界全体を盛り上げていきたいという3社共通の思いは今回のイベントでより強固なものになったと感じました。

次回は来年の話も出ていたので、ぜひ実現に向けて色々と取り組んでいきたいと思います!

週末に東京で物販イベント

(2023.06.12)
即売会・商談会

さて今週も始まりました。

北陸地方もいよいよ梅雨入り宣言が出されました。
毎日しとしとじっとりの嫌なあの感じが続いています。
オープン冷蔵庫の下の皿も常に満タンの状態ですね。

さてそんな時期ですが、週末には東京での2日間限りの物販イベントを行います。
有楽町のいきいき富山館さんでの店頭実演販売。
生地蒲鉾と四方蒲鉾、中村蒲鉾の3社で「ふわ天」を広めるためのPRをしてきます!

生地蒲鉾からはもはや定番となった「半熟卵のふわ天」「黒部産ねぎと紅しょうがのふわ天」を揚げたて販売しますよ。
実演も回数を増やしてどんどん攻めていきたいですね。

有楽町での実演販売について

(2023.06.05)
即売会・商談会

先週は台風の影響による大雨が全国、特に東海地方あたりに甚大な被害をもたらしました。

黒部でも朝から雨が降り続き、かなりの降水量になり土砂崩れの心配もあったようですが、大きな被害はなくて良かったです。
ここ数年こうした水害の報道が盛んにされており富山県は立山連峰のおかげなのか、やはり災害は少ない県だなあと思いますがいつなんどき降りかかるか分からないのが天災なので気を緩めることなく自分事として考えていかなくてはいけないですね。

さて来週の東京出張、富山県の有楽町アンテナショップで生地蒲鉾、四方蒲鉾、中村蒲鉾の3社による「ふわ天」の実演販売を行ってきます。

6/16(金)、17(土)の2日間ですが、各社自慢の品を持ち寄り販売してきます。

今回のような試みは富山市内での販売以来ですが、東京という場所でも受け入れらると嬉しいですね。

生地かまぼこお試し商品
生地かまぼこお試し商品
蒲鉾オンラインショップへ

黒部市 生地情報

蒲鉾のよもやま話「かまぼこ通信」

生地蒲鉾に寄せられたお客様の声

よくある質問

生地蒲鉾が作る富山のかまぼこ 取り扱いショップ

ページの先頭へ