生地蒲鉾ブログ 蒲鉾よもやま話 かまぼこ屋のつぶやき

かまぼこ情報や日々の出来事などを綴ります。

2011年4月

今日で一週間の仕事が終わりました。今週は体力的に少しきつかったですが、いい仕事ができたと思います。

毎日食べてたかまぼこもおいしかったし、いい出来に満足してます。

さてそんな体に鞭打ち、少しはこどもたちにGWの雰囲気を味わってもらおうと思い、高岡瑞龍寺のライトアップに行ってきました。

雨が降っていたものの夕方には上がり、17時頃家をでました。

高岡までは高速で1時間ちょっとです。ちなみにETC利用で片道750円でした。割引とかきいているのかな?

瑞龍寺を訪れるのは久しぶりで過去に何回か見たときはいずれも昼間だったので、夜に来るのは初めてです。

ちなみに県外の人に富山県に来たらどこに行けばいい?といった質問をされた場合、たいてい瑞龍寺を挙げます。

いいんですよね。僕の県外の友達も必ず絶賛します。

いわゆる富山っぽい感じ(水産物がおいしい、立山がきれい、自然が美しい等)でないのが意外に受けるのかもしれませんね。

 

そして夜の瑞龍寺の印象は・・・

ライトアップと音楽の相乗効果?でなかなか幻想的な雰囲気が醸し出されて、いい感じでした。

僕たちがいったのは6時過ぎで徐々に夕闇が暗闇へと変わるタイミングでちょうどライトアップがきれいに見えるときでした。

 

瑞龍寺1.JPG

またこれ以降の時間帯では行列ができてて中に入るのが大変そうだったのでgoodな時間帯だったのではと自画自賛してしまいました。

 

瑞龍寺2.JPG

そして門前市も開催されていたので夜店をのぞいて見ると高岡のかまぼこ屋さんがすり身を使ったお好み焼き風な食べ物を販売していました。その名も「ととまる」。高岡のB級グルメとして今頑張って売り出しているようです。

さっそく「いかデラックス」「とびうお」の2種類を買って食べました。アツアツでおいしかったです。個人的には魚風味がより感じられるとびうおの方が良かったかな。全国に名が売れるといいですね。

そして帰り道では案の定こどもは疲れて爆睡でした。

黒部から高岡は距離的に離れててこどもを連れては行きつらいとこもあるのですが歴史ある大好きなまちの一つです。

以前住んでたこともあります。

今度は人が少ない瑞龍寺をゆっくり訪ねて高岡のまちをもう少し散策するのもいいかもしれないと考えながら帰路に着きました。

瑞龍寺3.JPG

 

 

今日は何の日なんでしょうか。何の日かわかりませんが祝日ということは何となくわかります。

世間的には本日からGWに突入です。

しかし生地蒲鉾のカレンダーには祝日はありません!

というかむしろ観光地向けの商品や帰省した方用商品の需要が多くて労働時間が足りないくらいの状態が続いてます。

ということでもちろん祝日でも、もくもくとかまぼこを作り続けています。

したがって日にちの感覚もあまりありません。

曜日の感覚しかなくなってきます。

仕事のサイクルも大体曜日ごとに決まっていますので。月曜日は細工かまぼこの製造の日など。

ですので明日は土曜日というのはわかります。一週間の仕事納めの日。

今週もたくさんたくさん仕事させていただきました。

あと一日頑張ってかまぼこ作ります。

かまぼこを買ってくださってありがとうございます。

 

昨日、朝日町で蛭谷(びるだん)和紙を一人で作り続ける川原隆邦さんのお話を聞く機会がありました。

このお話を聞くまで紙がどういった原料を使い、どのような工程でできるかなど全然わからずあほ丸出しだったのですが、川原さんのわかりやすい語りで和紙の歴史、作り方、そして現状、今後、などなど興味深く聞くことができました。

川原さんまだ若いのにすごく落ち着いて丁寧に説明してくれました。

和紙は強度が高くひっぱってもなかなか破れない、夏は温度の関係で作れない、世界的に文化財修復に用いられていることなど本当に勉強になりました。

無知な僕がここで書くよりも歴史や現状などはこちらのwikipediaに詳しく書かれています^^;

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E7%B4%99

オリジナルのデザイン?のものも見せていただき、和紙の美しさ、可能性を強く感じました。

そういえば最近照明でも和紙を使用しているものをよくみかけますよね。

和紙の製造者は年々減少しているそうで、一人で原料の栽培、製造をしている方は全国でも珍しいそうです。

なので川原さんは全国でも有名な存在なのです。

そんな川原さん、ゆくゆくは海外(フィレンエツェだったかな)で文化財修復の仕事をするそうです。素晴らしい。

蛭谷の地で培った技術を世界で披露するのです。

技術を向上させることを真剣に考え、和紙を作り続ける。その魅力を感じてもらえたら後継者は自然と現れるのではと語っておられました。

また使ってなんぼということで積極的に和紙を使い良さを知って欲しいとも言っておられました。

そこで僕たちも実践ということで頂いた和紙に墨汁で文字や絵を描かせてもらいました。

 

和紙.JPG

へたくそですね。筆の使い方が難しかったです。

せっかくの和紙がもったいない・・・・

やっぱりすり身のほうが慣れてますね、と言い訳しておきます。

そんな川原さん、これからも注目です!

こちらで商品が買えるみたいです。

http://shop.wisewise.com/shopbrand/042/P/

貴重なお話ありがとうございました。

今朝家を出ると生ぬるーい風。そして日中の最高気温は25℃との予想もでていたとおり、なんだか気持ちの悪い春の一日となりました。

気温が上昇してくると生地蒲鉾のかまぼこ製造で気を付けなければいけないのが坐りの温度管理。

基本的には10℃前後の空調の室(むろ)に一晩おいているのですが、急激な気温変化などあった場合、食感が変わってしまう場合がありますから、設定が難しくなります。

簡単にその日のうちに成型行程から蒸し行程まで終わらせてしまえばこういった問題も発生しないのですが、そこは食感にこだわっていますので「一晩坐り」はやめるわけにはいきません!

かまぼこの日々の状態の違いを確かめるのもまた面白いのです^^

画一的な食感、味ではないのもこのような大量生産時代にあってはいいと思います。

 

今日は昼くらいから大粒の雨が降り出した黒部市でした。

4月ももう終わりなのに少し肌寒い日が続きますね。

今日は個人的に嬉しいことがひとつ。

娘が退院しました。

まだちょっと咳き込んだりすることなどがありますが、元気いっぱいの笑顔を見せてくれてほっと一安心。

黒部市民病院の先生、看護師さん、そしてずっと付き添ってくれた奥さんに感謝感謝です。

僕はというとここ4日間ほどコンビニ弁当と外食のコンビネーションだったので体調がちょっと悪くなってしまいました。独身時代なら若さでカバーできてたのかもしれませんが、ここ数日の油ものを連続で食べてじんましん的なものが出始めていたので正直助かりました^^;

寄る年波には勝てず・・・ですね。っていうか自制しないといけないのでしょうが。

ナニハトモアレ、これで明日からバリバリかまぼこ作りに専念できます^^

 

久しぶりのブログ更新です。

実は先週の金曜日の夕方から3歳の娘が突然40度の高熱を出し、黒部市民病院の救急へと駆け込み、そのまま月曜日の現在まで入院となってしまっていました。

幸いにも重症にはならずに快方へと向かっているみたいなので少し安心しているところです・・・

昨年も入院をしているのでこどもが小さいときは本当に心配が絶えません。

さて話はかまぼこに移り、今日から4月最終週のスタートです!相変わらず多くの細工かまぼこのご注文いただいております。

また今週もGW関連の商品の製造に大忙しとなりそうです。特に白えび豆かまぼこや化粧鯛の製造がいっぱいいっぱいの状態になってきています。

一つ一つの商品に多くの人の手がかかる仕事なので大量生産ができませんが丁寧におつくりしております。

仕事がある、できる、多くの人にかまぼこを食べていただけることに感謝しながら一生懸命今週も頑張ります。

今日、細工かまぼこの紅白のご注文を見ていたら、「米寿」「百寿」と書いてあります。

通常なら「寿」「祝」「法会」という文字を書くことがスタンダードなのですが、珍しい。

紅白2.jpg

しかも「白寿(はくじゅ)」なら聞いたことがありましたが「百寿(ひゃくじゅ)」とは??

最初白寿の間違いかと思いましたがちゃんと100歳のお祝いでありました。

自分の知識のなさを恥じ入るばかりです。

ちなみにこちらのサイトで長寿祝いの種類?が載っています。120歳の祝いなんてのもあるのですね。。。

このように紅白にはどんな文字でも書くことができます。「愛」や「卒業」なんてのも面白いかもですね^^もちろん書いたことはありませんが。

それともうひとつ、今日は特大の鯛のかまぼこを製造してました。

その重さ・・・・・

なんと10kg!

うちの3歳の子の体重が12キロくらいですから・・・・

ほぼその重さ!

いずれこのブログでも紹介したいと思います^^

今朝は冷え込みました。これから冬に向かう秋のような一日でしたね。

そんな一日でしたが、生地蒲鉾ではかまぼこ大量生産中です。

GWにむけて白エビまめかまぼこ他スライス蒲鉾、関東圏で売出し中の新商品などたくさんの製造と細工蒲鉾の製造が重なり、昨日今日と少々残業になってしまいました。

今週中にもっとたくさん作っておかないと・・・

欠品になってしまうことは避けなければいけません!

今年のGWに関してはいろいろ厳しい見方が多いですが、なんとか多くの人に生地蒲鉾のおいしいかまぼこを食べていただけたらと思います。

 

昨日は黒部青年会議所の4月度例会が扇寿さんで開かれました。

講師はあの星稜高校の山下智茂さん。

松井秀喜選手をはじめとする数多くのすぐれた選手を輩出し、また星稜高校を甲子園の常連校に育てあげた名監督です。

高校野球ファン垂涎の講演会です。

会場は200人を超す人で大賑わいでした。これだけ集まるのは珍しい・・・

野球を通した人間形成といったテーマで約1時間半ほどお話いただきました。普通の人が話すと大げさに聞こえたりすることもこれだけの実績を残した人の語る言葉、真剣に聞き入っていました。(個人的に星稜高校に深い思い入れもあったので)

印象に残った話として

スパルタで徹底的に鍛えた部員たちが県大会の決勝戦で負けた時、監督は殴られると思ったそうですが、

その部員たちにトイレに連れて行かれ・・・・

なんとそこで胴上げされたそうです!

感動しました。スパルタに耐えた部員たちに監督の熱意が伝わっていたのでしょうね。

また山下さんは「夢は変わってもいい」「野球でレギュラーになれなくても人生のレギュラーになれ」「きれいに咲く花よりもそれを支える土となれ」「欠くことのできない人財(じんざい)になれ」「2:6:2の法則」など数多くの心に残る言葉を教えてくれました。

とても面白い話であっという間に時間がすぎていきました。

現役を退いてもまだまだ元気いっぱいの山下さん、僕も元気をもらいました^^ありがとうございました。

 

 

 

4月の第3週の始まりです。

今朝はここ数日で一番冷え込んだのではないでしょうか?久しぶりに手がかじかんでしまいました。

さて月曜日恒例の細工蒲鉾をたくさん作りました。でももちろん一日で終われず、明日以降に持越しとなりました。。。

話は変わりますが、昨日撮った桜の写真、何気なくほぼ日刊イトイ新聞の桜前線2011に投稿したら掲載されていました!

黒部市では一件だけ。もうちょっと考えてコメント書けばよかったです。

なんか嬉しいですね^^

さあ明日からもたくさんもりもりおいしいかまぼこ作りますよー。

日曜日、朝からとってもいい天気でした。

昨日も書いたように朝から生地さかなまつりの募金活動に参加してきました。

朝6時にはもう大勢の人!先月の自粛の影響もあってか人でごった返しています・・・

 

魚市1.JPG

生地でこれだけの人が集まるイベントが定期的にあるというのはすごいことだと思います。

義捐金。とてもたくさん募金してもらいました。ありがとうございます。

 

魚市2.JPG

かまぼこ販売も大盛況でした^^

 

魚市3.JPG

そのあと昼頃にめがけて宮野山へ家族でお花見に行ってきました。冒頭に書いたように快晴でしたので青空に満開の桜が映え、コントラストがとても素敵でした。

 

宮野山さくら.JPG

こどもたちもおおおはしゃぎで遊具で遊びまくりでした^^

帰りの車ですでに爆睡モード。

ゴルフの練習もちょっと行ったりしてもりだくさんの休日でした。

明日からの仕事も頑張れそうです。細工蒲鉾のご注文たくさんいただいていますのでモリモリ作ります!

 

今日で一週間の製造が終了しました。今週は日曜から懇親会や週の半ばにも蒲友会の会合があったりと、なんだかあわただしく終わっていきました。

仕事のほうも嬉しいことに休憩時間がないくらいさせていただきましたし・・・^^

さて明日は生地の魚まつり。朝市が生地魚市で開かれます。

定例で毎月第3日曜日が開催日にあたります。朝早くから大勢の人でにぎわい、もちろん生地蒲鉾も出展しています。

普段より安くかまぼこを買うことができるかもしれませんよ^^

明日は僕は生地魚市商業組合青壮年会の一員として震災の募金活動をしてこようと思っています。

先月は震災の影響で自粛となりましたので2か月ぶりの朝市、きっと心待ちにしている人がたくさんいると思います!

今日は金曜日。おかげさまで今週の細工かまぼこのご注文どんどん追加が入ってきてなかなか終わりませんです^^;

こんなうれしい悲鳴を毎週体験できるといいなと思いますが。

来週には超特大の鯛のご注文もあるみたいです。最近では珍しいのでちょっと楽しみです。

あとHPのトップページ画像が変わっています。

気づけばもうすぐ5月。

ということで季節の商品「こいのぼり」「かぶと」のご注文が増えてきます。

 

こいのぼり.jpgかぶと.jpg

見た目にも楽しい季節の細工かまぼこ、ぜひご贈答にどうぞ^^

twitterに続き、facebookにもついに手を出してしまいそうです。まだアカウントをとったばかりで何もわからない状態なのですが。

今までmixiもしましたがtwitterをし始めてからは放置しています。

facebookは流行ってきたなあ、と感じていたのですが周りではまだあまり聞かなかったのとめんどくさかったので食わず嫌いでいたのですが、ちらほらと周りでも使っている人が出始めましたのでついに重い腰を上げることにしました。

まあ、どこまで自分のライフスタイルに合うかわかりませんが、全世界で5億人ものユーザーがいる、ある種のインフラになっているので間違いなくこの先必要な場面がでてくると思います。(日本の風土に合うかどうかの話もあるようですが)

しかし完璧に日本にも定着すると名刺交換などは近い将来なくなるでしょうし、年賀状なんてものも古き良き時代を懐かしむためだけにしか残っていかないのかもしれませんね。

このソーシャルメディア時代についていろいろな意見はあるのでしょうが、僕的な考えでは何とかついていかなければいけないと思っています。

例えばtwitterをする人としない人などでの情報格差は今後ますます広がりをみせてくると思います。

もちろん最先端を行くことはないのですが、下流のほうでもついていかないと企業としても生き残れなくなってくるのかもしれません・・・

などと難しく考えずにまずは楽しくやりながら有効性を考えていきたいと思ってます^^

 

本日も快晴の黒部市です。

昨日の話になりますが、昨日富山県蒲鉾組合青年部、通称「蒲友会(ほうゆうかい)」の会議がありました。

この会では富山県内のかまぼこ屋さんの45歳までの「比較的」若い人たちの集まりでどうしたらかまぼこ業界が盛り上がっていくかということを考える会、なのかな?

昨日も喧々諤々とはいかないまでもなかなか面白い意見などが交わされ、僕も刺激を受けました。

1社単独だと大きな広がりとはならないことでも業界全体で取組むことにより、大きなムーブメントを作ることがきっとできるはずです。

その話の中でどうしても東北地方で被災した同業の話になります。かまぼこ屋さんはその昔からの性質上沿岸部に工場を構えている会社がいまだに多くあり、今回の震災で甚大な被害がありました。会社が流され、工場が壊れ、社長が社員が亡くなりと・・・・

また仙台地方は「笹かま」の特産地として日本屈指の練り製品産地です。被害状況の説明を聞くにつけ本当に発する言葉がありませんでした・・・

われわれ同業社ができること、今すぐにできること、半年後、一年後にできること、その先にできること、いろいろ考えて支援する方法を模索していかねばなりません。

 

松川さくら.jpg

富山県民会館で行われた会議でしたのですぐそこの松川は桜が満開で、大勢の人たちがお花見をしていました。

僕も空いた時間で周辺をぶらぶらしてました。

花は桜。桜を見ると日本人であることを実感しますね。桜を見れることに改めて感謝しています。

 

 

昨日は数年ぶりのゴルフを魚津国際カントリークラブでしました。もちろん初めてのコース。

練習は結構いていったのですが、結果は・・・ズタボロでした。でも、正直あまり期待もしてなかったのでそんなに気落ちもしていません。

天候が最後までよかったのが救いでした^^

海外では石川選手やアマチュアの松山選手がマスターズで活躍しています。若い力の素晴らしさを痛感します。

若いっていいですね^^

しかし一方昨日投開票が行われた、東京都知事選、当選者の年齢はなんと78歳!

在職中に82歳になります。都民はすごい選択をしたものです。。。

さあ、今週もはじまりました。筋肉痛からのスタートとなりましたが、おいしいかまぼこ作ります。

土曜日の仕事が終わり、一週間の仕事が終わりました。

今週は追加のお祝いかまぼこのご注文が相次ぎ、一日残業もしたりして中身の濃い一週間だったように思います。

そして僕個人的には明日、ゴルフコンペに出席してきます。

5年以上ぶりのゴルフということで大いに緊張していますが、とりあえず楽しめるように・・・とは思ってます。

海外ではマスターズで若干19歳の石川選手やアマチュアの松山選手が予選突破したという嬉しいニュースもありましたね。

とても自分のイメージとは重ならなかったですが・・・^^;

今朝は台風並みの風が生地に吹き荒れていました。海のすぐ近くにあるせいか、風が強い日は本当に目もあけられないくらいです。。

さて本日「とやまモノがたり」なる冊子が会社に届けられました。

観光ガイドブック2.JPG

これは富山商工会議所が発行した富山の産業観光のみどころをmap式にまとめたものです。

富山の伝統産業や観光スポットなどが全県にわたって紹介されています。

生地蒲鉾も「県東部の新たな産業観光」という特集ページで紹介していただきました。

観光ガイドブック1.JPG

どこの施設がどういった観光ができ何を販売をしているのかなどがわかりやすくまとまっているので県外の人はもちろん、県内の方も読んで楽しめる内容になっていると思います。

 

本日富山県は最高気温22℃までいったみたいです!初夏ですね・・・

寒い日が続いていた直後だけに気温の変化についていけない人もいるでしょうね。

何度も書いていますが、今週は細工かまぼこの追加ご注文が多いです。

工場にはこんなものも・・・

朱鷺.JPG

トキメキさんです。

特注でご注文いただきました。社長の手作り作品で20個ほどありました。

時間があるときはこのようなものも作っていますのでぜひご相談ください^^

 

春うららかな日が続きますね。

ここ生地は本日「春祭り」です。ご近所の家の玄関には家紋をあしらった暖簾がつけられています。

新治神社のあたりには少し屋台もきているみたいです。

 

春祭り.JPG

自粛自粛の世の中ですが、こういった日常の祭りが全国で復活するといいですね。

最近ずーっと好天が続いています。いいことですね^^

立山連峰がくっきりと見渡せ、海を見れば穏やかな海面が青々と光り輝いています。

今回の震災ではその普段はきれいで水産物豊かな海が大きな津波となって人々を襲ってきました。

自然の猛威の前では人間は無力なんだということを痛感します。

さてそんな澄み渡る青空の中、うちの子二人が生地のこども園に入園しました。お兄ちゃんは転園、下の3歳の女の子は初めてのガッコウ。

生地こども園は幼保一緒の形態です。ちなみにうちの子二人は幼稚園時間での登園になります。

会社、幼稚園、ともに家から近いのが嬉しいですね。

これで我が家は生地での生活が本格的に確立しました。買い物も地元のオレンジタウンで済ませると半径数百メートル内で全てが事足りてしまいます^^

 

さて今週もはじまりました。月曜日には珍しく黒部市は快晴です。

今週から入学式のところも多いみたいで入学祝い用のご注文をたくさんいただいています。

通常は紅白のかまぼこには「寿」と書くことが多いのですが今週は「祝」と書くことが多くなりそうです。

それとともに法要用のかまぼこが今週は多いです。

トボや菊の2品セットが人気のようです。

 

法要1.jpg法要2.jpg

色々な用途にかまぼこを使っていただきましてありがとうございます^^

 

4月に入り天気のいい日が続いていますね。僕たち家族は週末にかけて石川県へと行ってきました。

そして黒部に帰ってからは天気も良かったので黒部市の総合運動公園に。

こどもたちはこれ以上ないくらいの笑顔で走り回っていました^^

そしてふと考えると、

高速道路はまだ土曜日、休日は一律千円の適用ですが、それも恐らく見直しということになりそうですね。

こども手当等々の財源なきマニュフェストはこの際ほとんどが見直されるのでしょう。

震災が実生活にまで影響を与えてくるのはこれからといっていいのでは。

消費は冷え込み、生産もにぶり、日本経済は停滞を余儀なくされるかもしれません。

しかし現在健康が担保されている私たちは積極的な消費、生産、経済活動を行っていくことで日本の復興を担っていかねばならないと考えます。

また自分が好きな時に食べ、飲み、寝る場所が確保されていて、こどもたち家族がみな無事で明るくいることの感謝を忘れずにいこうと思います。

さあ、明日からまた仕事です。せっせとかまぼこ作り続けます!

 

今日から4月です。新年度のスタートですね。生地蒲鉾でも製造現場に新しい人が入りました。

最初は慣れなくて大変だと思いますが、徐々に慣れていってくれたらと思っています^^

そして今日は黒部市、とても暖かい一日でした。最高気温が17℃近くまでいったみたいです。

あまりに天気がいいので裏の生地浜を撮影。

 

4月1日生地浜.JPG

変わりのない風景ですが、のんびりとした雰囲気が漂っていて春だなあ、と感じました。

辛い震災の情報ばかり続く毎日ですので精神的にまいってしまいそうです。

たまにはこうして天気のいい日に海を眺めてリフレッシュすることも大事かなあと思いました。

生地蒲鉾ブログ 蒲鉾よもやま話 かまぼこ通信
生地かまぼこお試し商品

蒲鉾オンラインショップへ

黒部市 生地情報

蒲鉾のよもやま話「かまぼこ通信」

生地蒲鉾に寄せられたお客様の声

よくある質問

生地蒲鉾が作る富山のかまぼこ 取り扱いショップ

このページのTOPへ