生地蒲鉾ブログ 蒲鉾よもやま話 かまぼこ屋のつぶやき

かまぼこ情報や日々の出来事などを綴ります。

2019年2月

今週も始まりました。
昨日は第三日曜日、恒例の生地の朝市の日でした。

毎年この時期は寒さや天候の悪さでお客様も少なくて、昨日も例外なく少なかったのですが、それでも生地蒲鉾のブースには開始前から行列ができていて、6時のスタートと同時にたくさんのお客様にかまぼこを買っていただきました。

すり身揚げもしていたので2つのブースで過去にないくらいの売り上げをあげたのではないでしょうか!
7時になるとお客様もまばらで7時半過ぎにはほとんどいなくなるという、生地の朝市。

出店側からすると超効率の良い催事です(笑)
県外でお客様の少ない催事の1週間分の売り上げを超えるくらい(笑)

そして今日は会社の仕事でしたが、先週金曜日に冷凍庫の掃除を行った際に修繕すべきところが見つかったため、今週は冷凍庫が使えません!

いつもは数日分のすり身や副原料をストックしてあるのですが、それができないので毎日しっかりと業者さんからの搬入を行わなければなりません。。

いろいろとありますが、今週も頑張ります。
IMG_3231.jpg
(体育館で体を動かした後の総合運動公園で。久しぶりに気持ちの良い天気でした!)



2月に入って本当に冬らしい冬の天気になっています。
最高気温も5℃以下の寒い日が続き、工場内も冷え切っていますが何とか毎日頑張って仕事をしております。

新商品の試作をしたり、新たな試みも思考中なのですが、この寒さでなかなかやる気が起こらないという、だらけぶり。

何か刺激になることを探しているのですが、それもこれもすべて寒さを言い訳にしてしまいます。

ニュースでは水泳の池江選手の病気が流れ、本当につらい気持ちになりましたが、本人の悲しみや辛さはいかばかりかと想像すると胸が痛くなります。。

健康であることに感謝して1日1日をしっかりと過ごしていこうと改めて思いました。



今日から2月、冷え込みが厳しい日々が続き会社での水仕事がつらい毎日ですが、頑張っていろいろと製造しております。

さて今日は8月に入国した技能実習生の技能検定の日。
これは絶対に通らないと日本で実習生として生活することができない試験ですので本人たちは真剣そのもの。

まあ、ほとんど大丈夫とはいえ、付き添った私もその心境がわかるので胸に迫るものがありました。

行きの道中ではほとんど顔をこわばらせていた彼女たちも試験が終わるとさすがにほっとしたのか、晴れ間の中での雪化粧をした立山連峰の景色に顔をほころばせていたのを見て私もホッとしました。

慣れない環境で相当なプレッシャーを抱えている実習生たちに少しでも寄り添うことができればいいと思っていますが、言葉の壁が一番大きなハードルかなと今は感じています。

仕事も落ち着いたので今週日曜日には黒部にある、外国人対象の日本語教室に連れて行って少しでも日々の生活の役に立てればと思っています。

明日は富山のホテルで一日展示会。

長丁場になりそうですが、良い出会いを期待します^^
生地蒲鉾ブログ 蒲鉾よもやま話 かまぼこ通信

アーカイブ

生地かまぼこお試し商品

蒲鉾オンラインショップへ

黒部市 生地情報

蒲鉾のよもやま話「かまぼこ通信」

生地蒲鉾に寄せられたお客様の声

よくある質問

生地蒲鉾が作る富山のかまぼこ 取り扱いショップ

このページのTOPへ