生地蒲鉾ブログ 蒲鉾よもやま話 かまぼこ屋のつぶやき

かまぼこ情報や日々の出来事などを綴ります。

2018年11月

先週から製造の量が多くなり、このブログの更新もままならない日が続いています。

家に帰って全く時間がないわけではないのですが、やはり疲れていてPCに向かう気が失せてしまっています。。

ということで今日なのですが、同業者の方のSNSなどを見ているとどうやら今日11月15日はかまぼlこの日!ということを忘れていました。

自らを戒めるために書いておきます(笑)

今日11月15日は「かまぼこの日」です!!
IMG_2545.jpg

帰る時間が遅くなってまいりました。
出勤も退社するときも真っ暗で気分的に滅入り勝ちですが、あと2か月の辛抱です!

さてここ数日外部からの取材の問い合わせが多くなっています。
ととしーと関連がほとんどですがととしーとを通じてかまぼこの食品としての優れた点などをPRできたらと思い、繁忙期に突入しているのですが、できる範囲で一つ一つ丁寧にお答えしていきたいと思っています。

以前私は見ていないのですが、「カニカマは体に良い」みたいな趣旨の番組を「今でしょ」で有名な某先生がおっしゃったと聞きました。
どうりでネットのランキングで上位にカニカマが突然出始めたなあと思っていたのですが、後に人から理由を聞いて納得しました。

もちろんカニカマもかまぼこなので高たんぱく低カロリーなのは間違いないのですが、そこはやはり「かまぼこは体に良い」と範囲を拡大して放送して欲しかったなあ・・・

でもこうしてテレビの影響でかまぼこ業界に日が当たることはとても良いことだと思いますので僕もととしーとで少しでも業界に貢献したいと思います!
日曜と月曜はねんりんピック。
IMG_2514.jpg
富山では初開催?なのかどうかわかりませんが、全国から約1万人が富山県にお越しいただき県内各地で様々な競技が行われました。
黒部市では総合運動公園体育館でソフトバレーボールと宇奈月のセレネで俳句が行われたのですが、

俳句??とびっくりしましたが、ねんりんピックらしい感じですね^^

生地蒲鉾ではもちろん初めてですが、この総合運動公園でのソフトバレーの方々へのかまぼこ販売を行いました。
初日は揚げ物も行ったのですが、これがさっぱり!売れません(笑)

かまぼこは反応が良かったので翌月曜日はかまぼこ販売いっぽんで臨んだところ、予想以上の売れ行きでした。
IMG_2511.jpg
やはりご年配の方々の購買パワーはすごい!と感じましたね。

最近はお土産も買う人が少なくなってきたと思っていましたが、この世代の人たちはまずはお土産!ということでねんりんピック限定のTシャツやねんりんピックのロゴが入ったクッキーなどが飛ぶように売れていました^^;

生地蒲鉾でもねんりんピック限定シールでも貼った商品でも販売すればよかったです(笑)

それでも全国の選手や関係者の皆様にかまぼこを食べていただいて、たくさん買っていただきましたので富山=黒部=かまぼこと少しは覚えてもらえたのではないでしょうか。

今週は休みもなかったので疲れはたまっていますが、会社の方でも生産数が急激にあがってきましたのでまだまだ頑張っていきます!





今日は昼で会社を抜けて富山市で行われたPCB廃棄物の説明会に出席。

PCBとは何か?という感じですが、ポリ塩化ビニフェルのことで、ポリ塩化ビニフェルとは何かというと、人工的に作られた主に油状の科学物質とのこと・・・・

ここまで言われても何かわかりません(笑)

とにかく弊社にある高圧コンデンサーがこれにあたるらしく、これを何とか処理しなさいという通達が国から出ているらしくて、それを処分するのにお金がいっぱいかかるのですが、私たちみたいな中小企業が期限までに処理すると補助金を70%出しますよ、ということらしいです。
IMG_2486.jpgIMG_2487.jpg
とにかく説明を聞いても私のようなド素人には??なことが多く、本当に私たちが自分たちで大金を払ってしなければいけないことなのかと思ってしまいました。。
でも決まりなので従うしかなくて、繁忙期の貴重な時間を費やして1ミリも生産的じゃないことに対して、いったい何をしているんだろう、、、と。

夕方会社に戻るとちょうど真っ赤な太陽が海岸線に沈むところで、ざわついていた心が沈められましたが。
IMG_2490.jpg
明日は今週最後、そして来週日、月曜日はねんりんぴっくでのかまぼこ販売のため総合運動公園で出展します。

休みがなかなかとれませんが、しっかりと黒部のおいしいかまぼこをPRしてきます!
今日から11月に入りました。

今年も残すところあと2か月、いよいよかまぼこ屋のシーズン到来、ここから徐々に生産がペースアップしていきます。

さてすり身の話ですが、今年のBシーズン(米国産すり身の価格決定タイミングは春と秋の2回あります)の値決めが先日行われ、今期も値上げという結果になりました。これで弊社としては3シーズン連続の値上げです。

2年前と比べると大変大きな上昇となっています。
全国では一部商品の値上げなどが伝わってきていますが、生地蒲鉾としては今年は価格は変えないで今までどおりとさせていただいていますが、正直利益が圧迫されて厳しい状況にあります。

主原料のすり身の価格上昇もそうですが、電気、重油、発送費、人件費などが年々高騰しています。

品質を落とさずにおいしいかまぼこをよりお買い求めやすい価格で提供したいという気持ちで商売していますが、このままだと難しい判断を迫られる場面がすぐにやってくるかもしれません。。

画像はやわらか(しそ)を成形したところ、一つ一つ最高の原料を使って手作業で行っています。
IMG_2484.jpg

生地蒲鉾ブログ 蒲鉾よもやま話 かまぼこ通信

アーカイブ

生地かまぼこお試し商品

蒲鉾オンラインショップへ

黒部市 生地情報

蒲鉾のよもやま話「かまぼこ通信」

生地蒲鉾に寄せられたお客様の声

よくある質問

生地蒲鉾が作る富山のかまぼこ 取り扱いショップ

このページのTOPへ