生地蒲鉾ブログ 蒲鉾よもやま話 かまぼこ屋のつぶやき

かまぼこ情報や日々の出来事などを綴ります。

細工かまぼこの最近のブログ記事

細工かまぼこ

今日から仕事という会社も多いのではないでしょうか。
市内外のスーパー関係の納品は今日は少な目で通常運転に戻りつつあるのかなといった感じがします。

生地蒲鉾では今年の夏も大勢の方に細工蒲鉾の体験を楽しんでいただきました。
小学生のお子様、家族連れ、町内会の行事、県内外を問わず本当にたくさんの方に鯛の絵付けをしていただきました。

今日も2人の女性の方たちが絵付けをしていかれましたが、素晴らしい出来だったので少しアップさせていただきます^^
IMG_4499.jpgIMG_4500.jpg
とても細かい絵付けは女性ならではという感じがしますね。

夏休みは後半戦、まだまだたくさんの予約が入っていますのでできる限り楽しい夏の思い出を作っていただきたいと思います。

※事前予約が必要で、体験は600円かかりますので0765-56-8064までお電話お願いします。


雨が降り続いています。。

昨日はお隣の新潟県で記録的な大雨が降ったそうで、ここ黒部も時間によっては集中的に雨が降り続くことがあり、熱帯雨林気候さながらの空模様が日本全国を覆っているようです。

さて昨日から生地小学校は夏休みに入り、うちの子ども2人は、ラジオ体操やプール、学校への登校日、課外活動、そしてもちろん夏休みの宿題などそれはそれで忙しそうですね。

自分が子どもの頃は遊ぶことしか考えていなかったような気がしますが・・・

生地蒲鉾でもこの夏休み期間中、とてもたくさんの細工蒲鉾の体験予約が入っています。
細工蒲鉾の体験を通して記憶に残る夏休みになっていただければ嬉しいですね^^

大相撲春場所が久しぶりの日本人横綱が誕生したということもあって連日満員御礼が続いています。
また稀勢の里関がその期待に応えるように中日を終わって全勝で勝ち進み、連続優勝の可能性が高まってきました!

実はこのことを予感するわけではありませんでしたが、ワタクシ、今回の全国蒲鉾品評会の細工蒲鉾部門の出品作品を「第72代横綱」と銘打ち、春場所が始まる前に完成させていました^^

IMG_3272.jpg
まずは下塗り。青空をイメージしながら。

IMG_3274.jpg
大きな筋肉モリモリの体を描いていきます。

IMG_3276.jpg
頭と化粧まわしに取り掛かります。

IMG_3279.jpg


IMG_3285.jpg
化粧まわしと体の影部分をつけていきます。

IMG_3291.jpg
そして一番苦労した顔の表情。顔部分までは正直すぐにできたのですが・・・
完成ですが、背景がさみしいですね^^;

いやー、今日負けるかもしれないので全勝のこのタイミングで書かせていただきました。
少し頑張って制作した甲斐がありました。この調子で突っ走ってほしいですね^^

今年の品評会の細工蒲鉾の部門、生地蒲鉾では会長、社長のわたし、製造社員の3人が出品しました。

IMG_3298.jpg
会長の作品「紅梅2」

IMG_3300.jpg
若手?社員の「幸せの鳥」

富山県の伝統である細工蒲鉾、まずはたくさん出品することによって全県で取り組んでいるんだ、という姿勢を全国の同業者、関係者に見てもらえれば嬉しいですね。
(正直作るのは気が重かったのですが・(笑)

恐らく今月中に賞の発表があると思います。3つも出せばなんかの賞はいただけるでしょう(笑)という裏の思惑はおいといて出品することに意義があるということを今後も意識して普段からの仕事に取り組んでいきたいと思います!






毎年のことになるのですが、地元生地小学校の6年生による卒業細工蒲鉾制作が3がつ2日に行われました。

今年は卒業生29人。昨年は確か40人近くだったと思うので、ずいぶん少なく感じましたが、それでもやはり元気な小学生たちが思い思いの色使いでメッセージ入りの細工蒲鉾を作っていました。
IMG_3190.jpgIMG_3188.jpg
メッセージはお世話になった家族への「ありがとう」という言葉が多かったですね。誰が一人が考えたらみんな真似したのでしょうか(笑)
ちなみに昨年は「卒業」が多かった気がします(笑)

とにかくこの12歳の時の体験を大人になってでも覚えていていただければお手伝いしたかいがあるってものです^^
IMG_3192.jpg
恐らく県外に出る子どもたちも多いと思いますが、富山県の細工蒲鉾のことを、なおかつ生地蒲鉾の蒲鉾を思い出していただきたいですね!
IMG_3193.jpg
今日は風が強かったのですが、夕方外に出ると大きな夕陽が海に沈まんとしていました。
風はまだ強いけど、春の近づきを感じます。

IMG_3202.jpg

しばらくかまぼこのことを書いていなかった気がします(笑)

ということで今年は昨年に続いてこの時期おひなさま関連の商品が売れています。
昨年より販売範囲や数量が増えていますので特に黒部市内のスーパーでお雛様の小判型を置いていただいています。

今年はその小判型おひなさま以外の組み合わせセットも新たに開発して店頭で人気があります。

オリジナルのお子様の名前を入れられますのでひな祭りの時期でなくてもご利用いただけるのではないでしょうか。

113243865.jpg

これは受注生産になりますのでご入用の際はお早めにお申し込みください。
今日は富山県蒲鉾組合主催による技術講習会?なるものが富山市で開催されました。
水曜日製造を行っていない梅かまさんの工場をお借りして県内から約40名もの参加者が集まったみたいです。
IMG_2543.JPG
講師は3人。

1 絞り出しによる細工蒲鉾
2 切り出し蒲鉾
3 巻き蒲鉾

の技術を披露いただきました。

その中の細工蒲鉾の講師として弊社会長がその技術を披露しました。
相変わらずの手早さには感心^^
ちなみに私が6年前に撮影した細工蒲鉾動画はすべてyoutubeにアップしてあります。

IMG_2545.JPG
僕が今回一番注目していたのは切り出し蒲鉾。

多分県内でもできる人は限られているのではと思いますがその技術は卓越していて切り出した時、絵柄がパッと出てきたときの
鮮やかさに見ている人からは思わず声があがったほどです。
鶴と富士山、梅を披露していただきました。
IMG_2549.JPG
巻き蒲鉾も生地蒲鉾では今すべて機械化されたのでその技術はどんどん衰退していく一方だと思いますが、くるくると一定の重量で巻いていく技術はさすがでした。
IMG_2553.JPG
こうした技術交流会は定期的に開催してお互いに刺激を受けることはいいと思います。







気づけば6月ももうあと1週間で終わります。

しばらくブログ更新が滞っていましたが、特に仕事が忙しかったというわけでもありません、残念なことに(笑)

ただこの時期は各種総会などが相次いでいてそれに伴う懇親会も多いわけであります。
先週は生地商工振興会総会、そして今週は会社の送別会(6月決算なので)、土曜日は蒲友会の総会懇親会、金融機関さんの会などが相次ぎます。

ということで仕事の話はあまりないのですが、決算にあわせてというわけでもありませんが、工場内各種工事や機械の入れ替え、車の買い替えなどの案件が続いていますが、しっかりとした決断をしていきたいと思います。

事務所で郵便物を開けると先日取材していただいた、県の観光雑誌?の「ねまるちゃ2016夏号」が届いていました。
IMG_2537.JPG

IMG_2540.JPG
わざとらしい演技指導が笑えますね^^

今週来週と細工蒲鉾の絵付け体験もたくさん入っていますので細工蒲鉾の文化をいろんな方に楽しんで欲しいとの思いで頑張ります!

4月23日土曜日は朝から学校の総会やご近所さんでもある皇国晴酒造さんの蔵開きイベント、そして夜は学校の歓送迎会と何かと盛りだくさんの一日でした。

前日まではお天気があまり良くなかったのですが、この日は一日晴天でどの事業も良かったですね。特にミクニハレさんの蔵開きは本当にたくさんの人が来ていて数年前に始めたイベントだと思うのですが、生地での大きなコンテンツになっているなあと感心するばかりです。

仕事の方はいよいよ来週からGWに突入しますので細工蒲鉾の体験や観光施設に納品する商品などで忙しくなりそうです。
特に体験の方は今月だけで200人近くの人たちが訪れます。
最近は単なる観光だけでなく体験型観光が人気だとういうことを実感します。

生地蒲鉾ではこの体験有料(600円)なのですが、ほぼ利益を度外視して行っているので、
観光客のみなさまに細工蒲鉾の文化を知って楽しんでいただければとの思いでいます^^


ついに3月も最終日。
ここ数日急に暖かくなったからか、今日仕事で富山市に行く機会があって松川のそばを車で通りすぎたのですが、満開か?というくらい桜がきれいに咲いていました。
黒部の桜もこの調子だとあっという間に満開になりそうですね。

さて今日は朝らいかい作業をしてすぐに黒部を出て富山市と金沢で商談というか、打合せをしてきました。
帰途あまりにも気持ちよくて眠気が来たのですが、休憩して甲子園選抜決勝戦を見て元気をもらい、夕方無事に帰ってきました^^
智弁学園初優勝おめでとうございます!

話は変わり、毎年行われている業界の「全国蒲鉾品評会」の審査結果が先日発表されました。
こちらのページに掲載しましたが、
生地蒲鉾は今年も栄誉ある賞を2ついただくことができました。
特に細工蒲鉾の部では水産庁長官賞!

弊社会長の「紅梅」というテーマの作品です。

IMG_2015.JPG
私は会場に行っていないのですが、富山県勢がたくさん細工蒲鉾を出品していたとのことで嬉しい限りです。
富山に細工あり!ということを全国の同業者にこれからもアピールしていくためにも継続して出品していきたいです!

3月19日は細工の日。
ということで蒲友会が制定したこの細工の日の事業を今年は北日本新聞社の印刷工場でもある「越中座」で開催してきました。

事前に新聞で1回告知しただけだったのですが、150組を超える応募があり、その中から厳選に抽選を行った約30組の親子に参加いただきました。

過去にも同様の体験事業を行ったことがありますが、蒸しまでを同一の場所でするのは初めてということで実際にうまくいくかどうか心配な点もあったのですが、結果大成功の事業だったのではないでしょうか。
IMG_2031.JPG
<入り口では巨大な鯛がお迎え。持ち上げて写真を撮影する親子が多かったです。>

こういった無料の事業はある程度のキャンセルが出ることを予想していたのですが、1組のキャンセルもなく、参加した親子のいきいきとした表情を見ていたら主催者である私たちも嬉しくなってきて開催して良かったなあ、とつくづく感じました。
IMG_2032.JPG
<各社のプロが色を混ぜています。なかなか見ることのできない光景ですね^^>


また細工体験が終わった後は会員各社による自社製品や会社のPRタイムと試食会を設けて、参加者は各社のかまぼこをこれでもかとお皿にとり、かまぼこでお腹がいっぱいになるのではと心配するくらい食べていただきました^^
IMG_2037.JPG
<会員各社のかまぼこを試食します。行列ができていてきれいになくなりました。>


富山伝統の食文化である細工蒲鉾を次世代に継承していくためにもこうした地道な活動を毎年行っていきたいと、懇親会で皆で話あいましたので来年も同様の企画を行うかもしれません。
IMG_2038.JPG
<大盛況の体験風景。ケーブルテレビの中継も入っていました。>

約1年前から計画していた細工の日の事業が終わり、今年度の蒲友会の事業もほぼ完了。会長として少しほっとしました。
IMG_2040.JPG
<蒸しあがったかまぼこたち。皆様とってもきれいなデザインですね>
IMG_2041.JPG
<蒲友会の過去の活動などもPCを使って説明させていただきました>

さて明日から仕事、催事のお話をいただいていたり、超大量の発注をいただいていたりで、来週からは急に忙しくなります。
気持ちを入れ替え本業に気合を入れて望みます!

2/19金曜日、地元の生地小学校4年生30人による細工蒲鉾の絵付け体験がありました。
生地小学校の生徒たちは2年生の工場見学と4年生の鯛の絵付け体験、6年生の卒業蒲鉾制作と3回お越しいただいています。
もちろん無償で^^

子どもたちが小さい頃から地元の私たちのかまぼこに慣れ親しんでいただき、大人になったときに地元にいるか、県外に海外にいるかわかりませんが、時がたっても生地蒲鉾のことを思い出していただければ、と思っています。
個人的にも小学校の時の体験って意外に覚えていたりしますね。
とっても個性的な鯛が30匹できあがりました!
体験.jpg
3月には6年生の卒業かまぼこ制作がありますのでこちらも思い出に残るものを作って欲しいですね。

さて3月はひなまつりということでお雛様の細工蒲鉾の生産がすすんでいます。
今年から取り組んでいる小判型のおひなさまも毎日製造しています。黒部のスーパーさんにも並ぶ予定ですので気にいってもらえると嬉しいですね。IMG_1915.JPG

そして今日土曜日、糸魚川シーサイドバレーにスキーに行ってきました。
積雪量はあるのですが、いかんせんこの気温の高さということで完全に春の雪質で、しゃばしゃばでした。
それでも子どもたちにとってはスピードが出ないので滑りやすかったのか、どんどん上達していて見ていて感心してしまいます。
IMG_1923.JPG
子どもは成長しかなく、大人である自分は技術の向上はもはや望んでもいないのでひたすら楽しく滑ることができました^^

IMG_1924.JPG
あの週末の気温の高さはなんだったのかというくらい一気に冷え込んでいます。
日曜日には多分18℃くらいあったのに翌日の月曜日には15℃くらい下がったのではないでしょうか。。

そして今日も雪がちらつくほどの冷え込み。。
なかなか体にはハードですね。。

さてそんな寒い日がまだまだ続きますが、生地蒲鉾では今年新商品、「お雛様(小判型)を発売しました。
98629736.jpg

今までもおひなさまはあったのですが、ちょっと大きめでサイズだったのでお求めやすい価格でまた、食べやすいサイズで販売しております。従来からのおひなさまも販売中です^^

92943410.jpg
とってもかわいいお雛様のかまぼこ、お子様に、お孫様にプレゼント、いかがでしょうか?
今週も始まりました。
いい天気がずっと続いていますので気持ちがいいですね。
出勤時は真っ暗ですが、朝7時くらいには快晴で海がきらきら輝いていて見ていて気持ちがいい。

さてそういえば先々週、僕が仙台に行っている頃、黒部市体育協会様主催のスポーツ講演会が行われました。
毎年このイベントは各界の著名人がお越しになっているのですが、今年の著名人は金本知憲さん。

阪神監督就任問題で実に微妙なときですが、楽しい講演だったと、行った人から聞きました。

そしてその中で生地蒲鉾が依頼を受けて制作させていただいたオリジナルの細工蒲鉾を披露いただきました。
12096059_907799859297905_9126103630081265227_n.jpg

毎年著名人のお顔のかまぼこを作っていたのですが、今年は立山連峰と北陸新幹線の組み合わせ。

金本さん、ありがとうございました。そして阪神監督ご就任おめでとうございます!
今日は夏休み恒例の細工蒲鉾体験のお客様で賑わった一日でした。

午前中に黒部市内の小学生たち20名の工場見学と体験。

午後は東京と黒部の小学生たち60名の体験がありました。

私たちにとってはいつもしていることですが、お客様(体験する人)にとっては一生に一度の体験かもしれませんので真剣に向かい合わなくてはいけないと思いました。

それはそうと、今日は午後から先述の体験の仕事が入っていましたので高校野球の決勝戦を見ることができなかったのですが、先ほどネットで確認したところ、東海大相模が45年ぶりに優勝とのこと。

あの巨人原監督のお父さんが監督していたときに優勝したらしいですが、敗れた仙台育英高校もまた涙をのんでしまいましたね・・・
悲願の東北勢初優勝というプレッシャーは相当なものだったと思います。

今年の甲子園、話題の選手が期待通りの活躍をした甲子園だったのではないでしょうか、あまり試合そのものを見ることはできなかったのですが、ニュースなどで見ても面白そうな試合が目白押しでした。

そうそう、あの話題のチームが甲子園出場決まった際に監督の知り合いという方から、お祝いにオリジナルの細工蒲鉾を作ってくれと依頼されて急遽作ったのも思い出します。
IMG_1247.JPG
おかげ?か見事ベスト4で今大会の一番の話題を作ったのではないでしょうか。



今日は朝から雨。
ようやく黒部も梅雨らしい天気になってきました。
別に歓迎しているわけではないのですが、今までちょっと晴れ間が多すぎた気がします。

さて6月は生地蒲鉾の決算期。
なんとか今年も無事に終えることができそうで何よりです。
それと現在工場では閑散期ということもあり、色々補修や設備の入れ替え工事を行っています。
新規空調工事、皮を造る機会の入れ替え、ガス工事などなど、毎日工事関係者の方々に頑張っていただいています。

ということで来週はもう7月。
うっかりしていたのですが七夕の細工蒲鉾のご注文をいただいたので「え!もう七夕?」
と気づいたのでした・・・^^;
IMG_1096.JPG


大阪都に関する住民投票が実施され、橋本市長の掲げた大阪都構想はとん挫する結果になりました。
高齢者の勝利とかなんとか書かれていますが、投票率の高さなどを見るに地方自治を住民自身が考える一つの大きな動きだったのではないでしょうか。

さて、会社の方では製造、配達とも今週に入ってなかなかに落ち着いています。
例年のこととはいえ、GWの時の賑わいからすると寂しいですね。

とはいえ細工ものでは法要用のセットのご注文が入っていました。
IMG_0856.JPG
このように婚礼だけではなく、法要にも多くご利用いただいています。
法要の細工蒲鉾のご注文はこちらからどうぞ。
http://www.kamaboko.org/shop/products/list.php?category_id=29
昨晩はなぜか痛飲してしましました。
それでも気合で朝起きて仕事に行きましたよ!当たり前か^^;

さてこの時期ミニこいのぼりの製造に追われています。どれだけ作っても注文が入ってきます。
そのほかにもにゃんかまや化粧鯛など・・・
細工蒲鉾はどんどん小型化しているのが昨今のトレンドなのはわかっているのですが、時間が非常にかかってしまいます。。
03151311_4f616bec30646.jpg
それでもひとつ一つ丁寧に決して手を抜かず、残業も辞さず、きれいでおいしいかまぼこを作ります!
GW関係なし、生地蒲鉾は絶賛営業中です。
週末、4月に入ってから寒い日が続いていたので本当なら散っていてもおかしくない桜も今週末まで咲き誇っていますね。
ということで今日突然思い立ち、家族で金沢兼六園まで行ってきました。
北陸新幹線初乗車です^^

黒部宇奈月温泉駅でもまあまあ人がいるなあと思っていたのですが、、
やはり金沢は別次元でした。。

金沢駅も兼六園も人でぎゅうぎゅう状態。東京ですか?といった様相です。
特別今日は天気が良かったのと桜も見納めということで人が多かったのかもしれませんが、それにしても富山との差を感じてしまいますね。IMG_0693.JPGIMG_0698.JPGIMG_0703.JPG

そして新幹線はやはり速いし早い。時間的には40分程度。
ただ家族ででかけるとなるとそれなりに金銭的な負担がのしかかりますので、やっぱり車がトータルで考えると利用しやすいのかもしれません。

新幹線といえば、遅くなりましたが、新幹線型細工蒲鉾の発売が開始されました。
現在のところ受注生産で行っていく予定ですのでこちらのページからご注文をお願いします。




先週金曜日も県内のかまぼこ屋さんに少しお邪魔していろいろと有意義な情報交換をしてきました。
今月だけで3社にご協力いただいました、本当にありがとうございました。
IMG_0598.JPG
製法や販売方法、経営方針などは違えど同じ県内でかまぼこ製造をするものとして大変勉強になります。
これからも切磋琢磨して成長していきたいですね。

気候もようやく暖かくなってきて桜の便りも聞こえてきましたね。富山は来週くらいに一気に開花するのでしょうか。
春は新たな出会いの季節でもありますが、別れの季節でもあります。
細工蒲鉾でもそういったメッセージの入ったご注文も入ります。
IMG_0594.JPG
様々な場面で生地蒲鉾のかまぼこが利用されるのは嬉しいですね。

土曜は天気が良かったので新幹線の黒部宇奈月温泉駅に行ってきました。
開業して2週間、駅周辺は地元のかたで賑わっていた方なのではないでしょうか。

それでも先日見た富山駅との落差にはちょっと・・・という感じです。
まあ、金沢駅と比べたらもっと、なんでしょうが^^;
というかそもそも比べること自体に意味がないのでしょうね。
IMG_0609.JPG
今週から4月に入ります。仕事もどんどん増えてくるし、気温も上がってくるとはずです。体を動かし、元気においしいかまぼこを作っていきたいと思います!
お盆が終わってからなぜか急にまた気温が上がってきています。
また全国的にも大雨の被害がいたるところで広がっているようです。

生地蒲鉾では製造が落ち着いているところ、今週は団体様の細工蒲鉾の絵付け体験が相次いでいます。
今日も合計60名のお客様に小さな鯛の絵付け体験をしていただきました。

IMG_0726.jpg


上の写真は月曜日に来社した子どもたちの企業見学会での模様が北日本新聞に掲載されました。

たくさんの方に富山の伝統細工蒲鉾の絵付けを体験していただき、蒲鉾に慣れ親しんでいただくために今後も行っていきます!
今日でようやくGWも終わり。

毎年思うし、書いているかもしれませんが、生地蒲鉾で働くようになってから、
GWもお盆も休みということはありませんので
あの、
「あー、長期休暇が終わりで明日から仕事、憂鬱やー!」

的な嫌な気持ちにならなくてすんでいます(笑)

土日以外は働くことが普通のメカニズム。

そんなこんなで沖縄では梅雨入りしたとのニュースもありましたし、
あっという間に梅雨→夏→年末!?になっていくのかと。

話は変わり、今日はある形の細工蒲鉾の製作。
一般販売用ではないのですが、とある団体様からの依頼で100個のご注文をいただきました。

結構手こずり、今日は長時間かけたにもかかわらず、40個ほどしかできませんでした。

来週の納期までまだまだ頑張らないといけなさそうです・・・
オリジナルの細工蒲鉾は時間がかかります!


高校野球をしているんですね。

今年は全く見る暇がありません。
そして気づいたらもう3月末。
いろいろと集中している月です。

今日はオリジナルの細工蒲鉾を制作しました。
某行政のゆるキャラと退職記念ということで似顔絵風の細工蒲鉾。
退職オリジナル.jpgIMG_0326.JPG

両方とも雰囲気は出せたと思っています。

こういったオリジナルの細工蒲鉾にもどんどん挑戦していきたいと思っていますので
お気軽にお問合せください^^

この時期生地蒲鉾には小学生、中学生の体験、見学の
申し込みが多い時期です。
先日は地元の生地小学校の6年生が細工蒲鉾の体験
を通して卒業記念かまぼこ
なるものを制作していかれました。
IMG_0244.JPGIMG_0249.JPG


毎年恒例の授業のお手伝いをさせていただいています。

個性豊かな細工蒲鉾の出来上がりです。
「うなぎ」・・・
卒業記念のかまぼこで「うなぎ」。

何があったのでしょうか?

IMG_0257.JPG

そして後日送られてきた、
生徒全員から心温まるお手紙。
正直この時期、仕事があまりないとはいえ、
ある程度まとまった時間、人、そして原材料が割かれるのはきついのですが、
参加した生徒の心に残る体験になればとの思いで協力させていただいています。

この感想文からも生徒たち一人一人にとって良い思い出になったことが伺われ、
よかったと思います。




今週は、というよりこれからずっと日曜日のみの休みになりますので毎週土曜日まで製造になります。
やっぱり体が慣れるまで時間がかかりそうです^^;

さて今日は朝からと昼から、細工蒲鉾の体験のお客様がおこしになりました。
1グループは地元の若い女性陣、そして午後からは東京からのお客様。

いずれも楽しく、化粧鯛の絵付けを楽しんでいかれました。
やっぱりこの細工蒲鉾の体験のよいところは後から食べられる、ということでしょうね^^
明日は貴重な日曜日、すでに予定はぎっしりですが、少しでもたくさん睡眠をとることを心がけます!
どうにもブログの更新頻度が落ちてきています。。

先週末は某団体の会合で宇奈月のニューオータニホテルで宿泊。
その際の懇親会では細工かまぼこの出張実演をさせていただきましたが、難しいですねえ。

何より原料であるすり身を前日に作って置くのですが、この保管方法が難しい。
発泡スチロールに保冷剤をガンガンに詰めてさらに冷蔵庫で保管していたのですが、当日開けてみるとしっかりと坐りがかかっていて固い固い!
なんとか、なんとかやっとの思いで実演しましたが、出張の経験値をもっとあげないといけないですね。

そして月曜日からは東京出張。
今回は関東中心の企業との商談会。某銀行様が主催のもので初めて参加してきました。
全部で7社の企業と面談させていただきましたが、やはり富山では知ることのできない、消費者の心理や意識というものをバイヤーの口から聞くことができ、とても勉強になる商談会でした。実際に商売に結び付くとさらにいいですね^^
IMG_1695.JPG
明日は長野方面に企業見学会。工場見学もあるそうなので何か必ず持ち帰ってきたいと思っています!

話は変わりますが、
写真はうちの近くの某コンビニ跡地。
IMG_1685.JPG
家から徒歩1分のところにあったのでとても重宝していたのですが、8月末を持って閉店してしまいました。
夜の煌々としたあかりも消え、なんだかとってもさみしくなってしまいました。。

跡地は何になるのでしょうか。
生地にはドラッグストアーがないのでクスリの○○○なんかが来てくれないかなーー。






あっという間に週末をむかえました。

今週はGW前ということもあり、かぶとや鯉のぼり、そしてにゃんかま、普通の小巻、ととても多くの蒲鉾を製造しました。
写真は出番を待つミニこいのぼり。(来週から市内のスーパーなどに並びます。数量限定ですが)
IMG_0823.JPG
昨年までは製造現場の休みは日曜日だけだったということもあり、まだ余裕があった気がするのですが、今年はずっと週休2日できているのでどうしても1日の製造が過密になってしまいます。
今日も急ぎの細工ものが複数あり、午後からも出勤となってしまいました。。。
この土日週休2日制に関しては従業員の立場とお客様の立場の両方から考えるととても難しい問題ですね・・・

それと本日朝刊に大きく広告が出ていましたが、旧黒部あるぺん村改め「大辻や」が本日オープンしました。
生地蒲鉾ももちろん依然と変わらず商品を置かせていただいていますので僕も事前に行ったのですが、とてもきれいにリニューアルされていました。雰囲気ががらっと変わった感じですね^^
IMG_0817.JPG

新幹線開業まで2年をきっています。
新駅と高速ICからほど近いこの場所にたくさんの観光客が訪れるといいですね。



先週から今週にかけていろいろとサンプル品や創作系のかまぼこを作っています。
忘れないようにブログに掲載しておきます。

・信州サーモンとわさびを練りこんだ蒲鉾
・入善深層水あわびの小さいやつをのっけた蒲鉾
・頭に具材をのっけられるかわいい「ぼこちゃん」
・長野県大町市のゆるきゃら「おおまぴょん」の細工蒲鉾
・ゴルフのBMのオリジナル細工蒲鉾

いずれも生地蒲鉾に依頼があったものを具体化してみたものです。
最初から「これはいい!」ってものもあればもう少し改良が必要かな、というものまであるのですが、こうして信頼いただき依頼されるのはとても嬉しいことですね。
これからもどんどん新しいことに挑戦していきます!

(写真はおおまぴょん)IMG_0740.JPG

3月も今週で終わりの週になりました。
あっという間でした。。

さて下記の画像、一体何の画像かわかりますか?

小椋久美子さんのツイッター.png

サムネイルだと小さいので画像をクリックして元の大きさをご覧いただきたいのですが、
あのバドミントンのオリンピック選手小椋久美子さんに贈呈された細工かまぼこの写真です。
(小椋さんが自身のツイッターでつぶやいてくれていたものをキャプチャーしました)

先週の土曜日3月23日に黒部市体育協会さん主催の講演会で小椋さんお呼びした際に黒部市の名産ということで弊社にお声がかかりました。このイラストは小椋さんのブログのトップページに掲載されているものです。

ちょっと時間がかかりましたが、こうして喜んでもらえてよかったです。ただ小椋さんも書いていましたが、これ、食べ物ですので自分の最終的には自分の顔を本人(もしくは誰か)が食べると考えるとちょっと・・・となってしまいますね(笑)

時間が許せばこうしたオリジナル細工かまぼこにどんどん挑戦していきたいと思っています。
機会をいただいた黒部市体育協会様、ありがとうございました。



今日は黒部市内の小学校の卒業式や公立高校の合格発表の日だったみたいですね。
自分のこどもはまだ小さいのでふーんという感じですが、これがわが子のことだったらそわそわしているんでしょうね^^

さて、
細工かまぼこが終わりません。
今週はいい感じで仕事がたくさんあります^^
さらにオリジナルの細工かまぼこのご注文も入りました!学校の校章をあしらったデザインのものです。
ちなみにこういったハートのかまぼこにオリジナルメッセージを入れたご注文もあります。
(スペースの関係がありますのでそんなに多くの文字は入りませんが)
ハート.jpg
このオリジナルメッセージハートかまぼこを今日は120個くらい描きました、手がぷるぷるしております。

さあ、明日は持ち越した細工かまぼことオリジナル細工かまぼこの制作に取り掛かります!!




天気がいい日が続きます。このまま寒気がぶり返さないでくれることを切に願います。

IMG_0588.JPG

突然ですが、「ぼこちゃん」。(口をつける前の写真です。)
1年前のかまぼこ大学の時デザイナーさんとのコラボレーションで制作したこの子たち。
上の写真は実は昨日撮影したものです。
降ってわいたような話なのですが、今年もとあるところから依頼を受けて試作しました。

どうなるかはわかりませんが、期間限定で東京のレストランで提供されるという話になっています。
昨年は展示のみを想定していましたが、実際にお客様のお口に入るとなると途端にハードルがあがります。
食感、保存性などなど・・・
何とか実現にこぎつけたいなあ。



今日は比較的穏やかな黒部市生地。

さて台湾のことでも書こうかと思いましたが、昨日富山テレビさんで生地蒲鉾のことを放送していただきましたのでそのことをトップページのお知らせにUPしました。
IMG_0546.jpg

この両面鯛、本当に大迫力の出来で僕も驚きの大きさと重さでした。
昔はここまで大きくはなかったけどもちょくちょくこういったご注文があったみたいです。
これをきっかけにいろいろと細工かまぼこの可能性にまた挑戦してみたいですね。

富山テレビさん、ありがとうございました。


今日の黒部は天気が良くなりましたね。
でも週末からはまた冷え込み雪マークが出ていました。
ちょっとずつ日が長くなっているのが感じられるのがせめてもの救いです^^

さて今週いくつかの特殊な細工蒲鉾のご注文を受けました。
まずはこれ。

IMG_0269.jpg

特別な細工蒲鉾を作ってくださいとのご注文を受けて制作した、社長の作品です。
写真では伝わりませんが、結構大きいです。

空飛ぶ鶴と岩山の亀。
この構図は紅白のかまぼこにも描きますね^^


そしてお次はこちら。
IMG_0270.jpg

今週末に行われる黒部アクアフェアリーズ(Vリーグチーム)と対戦する日立リヴァーレの江畑選手に送る鯛の蒲鉾です。
オリンピックの代表選手(だったのだと思います。詳しくなくてすいません!)ということでそれをお祝いしての五輪マークとメッセージ入り。

当日は市長からのプレゼンテーションがあるとのことです。僕も行きたいと思っていますので当日の様子はまた後日書くかもしれません。

こうしてオリジナルの細工蒲鉾がいろいろな人に伝わるとうれしいですね。




ものっすごい風と雨が昨日から続いています。
自転車での行きも帰りもなぜか向かい風的な感じだったのは被害妄想でしょうか・・・?

さて今日もたくさんたくさんお仕事をさせていただきました。ありがとうございます。m(_ _)m
特に今月は恐らく今年で一番細工かまぼこを作っています。

実はだんだんこの細工かまぼこの需要というのが減ってきているのはどこの蒲鉾屋さんも同じだと思います。
特に結婚式の引き出物での使われ方が一昔前とずいぶん違うのではないでしょうか。
その昔は引き出物といえば「細工かまぼこ」というのが定番だったとのこと。
06281920_4c28776beb2ba.jpg
今は・・・そんなことはないですよね?
僕も最近何回も結婚式に出席していますが、その多くがカタログギフト。
このカタログギフト、実に味も素っ気もないと思いませんか?(しかも想定金額がわかってしまい、その金額に達しない品物ばかり!)

昔みたいに細工かまぼこ全盛の時代がくるとは思いませんが、一つ一つ手作りで作り手や送り手の想いがこもった引き出物というのはやっぱり必要なのではないかなーと思います。
そういったものを生地蒲鉾でも考えて提案していきたいですね。
もらった人も送ったひとも喜んでいただける引き出物。

明日の天気予報では雪だるまが出ていました。
超防寒で頑張ります!

今週はずっと雨模様の天気が続くそうです。

11月に入ってやっと、婚礼用、法事用の細工かまぼこのご注文がのびてきました^^
実は9月10月は例年にない少なさだったので心配していました。。

ということで今週は毎日残業。11時間近く工場にこもって働いています。
そんな中月曜日には新規県外企業様からお見積もりが数件ありました。
そのうち1件は「以前シーフードショーで見た富山県の鯛の集合したもので生地蒲鉾の鯛が一番きれいだったので」との理由!
title.jpg

これは嬉しい!県外の企業様に評価いただけたということでかなり気持ちよくなりました^^
早速見積とサンプルをご提供させていただきました。
県外には生地蒲鉾の細工かまぼこが進出することはあまりないのでいいお話になればと思っています。

朝も帰りも真っ暗の日が続きますが気分は前向きに楽しくいきたいと思っています。

10月に入ってようやく細工かまぼこの方も上向きになってきました。9月は正直低調だったので嬉しいですね^^

今日は午前中に市内の中学生の細工かまぼこ実演見学。
そして午後からは14歳の挑戦で生地蒲鉾に来ている中学生4人と細工かまぼこ練習。

と中学生にまつわる一日でした。

細工かまぼこの見学の時は素直に喜んでいただき嬉しかったです。こういった場で僕は必ず、「この細工かまぼこというのは富山県独自の伝統的な技術や風習ですのでぜひ皆様もお友達にお知らせください。また県外に行ったときには富山県の蒲鉾は特徴的だということを思い出してください」となるべくいうことにしています。
大量生産全盛の時代、細工かまぼこというものは一人一人の思いがこもる作品のような品物だと思います。そういった伝統を受け継いだものとして一人でも多くの富山県民に伝えていきたいと思っています。

昼からの中学生も4日目ですので包丁の扱いもだいぶ上手になってきていました。絞りだし袋でデザインするのはまだ慣れないようですが、さすがに若いだけあって飲み込みが早いです^^;

明日が最終日、どんな作品を仕上げてくれるのか、こちらも楽しみです^^

最近朝晩は本当に過ごしやすくなってきました。
特に朝なんて僕が起きる時間はもう真っ暗といってもいいくらいで、空気もひんやりしています。
日中はまだまだ暑いのですが、それでも湿度も下がり、空も高くなんとなく秋になってきているのを実感してきました。

今日は昼から18名の細工かまぼこ絵付け体験。
新潟からのお客様でみなさん楽しそうに化粧鯛に絵付けをしていかれました。
07221011_4c479ac392969.jpg
みなさん個性的で見ているこちらとしてもほんわりとした気持ちになります。

絵付け体験、この夏はかなり多くのお客様にお越しいただきました。
多分100人はかるく超えていると思います。
正直利益という点では全く採算が合わないことなのですが、一人でも多くの方にこの細工かまぼこというものを体験していただきたいとの思いで行っています。
富山の細工かまぼこの文化が少しずつでも広がっていってもらえればなあという思いで一緒に楽しませていただいています^^
さすがに年末はちょっとできませんが^^;



昨夜はすごい雷が生地にどんどん落ちていました。

「バリバリバリ」「ドッガーン」「ゴロゴロゴロ」いろんな音とともに断続的にひかり、深夜1時にもかかわらず、その雷鳴で外が明るく見えるほど。
こんなにすごい雷は今までに経験したことがないくらいだったので、しばらく続くとさすがに少し怖くなり、停電になったらどうしようとか、近くに落ちて火事に発展してこちらまで迫ってきたときは何をしたらいいのか、とか考えていたら・・・寝てました(笑)

出勤時もまだ土砂降りの雨が降り続いていたのですが、仕事を終えて帰る昼頃になるとすっかりとあがっていました。

朝から某すり身メーカーの方がこられて今年後半のすり身の状況説明。
価格はやはり・・・・上がるみたいで大変残念です。

そして今日は富山でアールベルアンジェ富山様のオープン記念式典があったみたいで社長が出席してきました。

以前テレビで見たのですが、日本式の結婚式パッケージが中国で人気ということで日本の結婚式プロデュース会社が中国で活躍しているとのこと。確かに最近は披露宴に出席すると感動する演出を実に自然につくり出していますよね。
とてもいいビジネスだと思いました。

その感動のひとつのアイテムとして生地蒲鉾の細工かまぼこがお役に立てるように一生懸命心をこめて作ります。

明日は金曜日、今週もいろいろありましたが明日で終わりです。明日一日頑張ります。
春爛漫は昨日一日で終わってしまったのでしょうか。
今日は朝から強い風と雨。
こんなに天気の悪い富山県が本当に幸福度全国上位と言えるのでしょうか?

と、天気の悪いのを愚痴ってばかりでもしょうがないのですが、今度発売するミニこいのぼりのお話書かせていただきます。

今年初めてミニこいのぼりという細工かまぼこを販売します。(webサイトからもお申込みいただけます
実は今までもこいのぼりかぶとといった子どもの日関連の細工かまぼこがあり、特にかぶとなどはたくさんのお客様にお買い求めいただいていたのですが、値段が少々高い・・・
かぶと.jpgこいのぼり.jpg
そこで採算度外視、より多くのお客様に喜んでいただくためにミニこいのぼりを作りました。
ピンクと青の2匹?入りで525円の超お値打ち価格で販売させていただきます。
食べておいしい、見て楽しいに加えてお買い求め安いというものをプラスさせていただきました。

ミニこいのぼり.jpg
県内スーパーでも期間限定でおいていただくようにお話中です。
今年の子どもの日は劇的に忙しくなる!ことを期待しています^^

食卓にのぼったミニこいのぼりを見て子どもたちが喜ぶ姿を想像して明日からの仕事の活力にします。
先日行ってきたときのかまぼこ大學の写真をいくつか掲載していきます。
iphoneのカメラですからあまりきれいにとれなかった。。。

IMG_2369.JPGIMG_2368.JPGIMG_2366.JPGIMG_2364.JPGIMG_2363.JPGIMG_2360.JPGIMG_2358.JPGIMG_2356.JPGIMG_2355.JPGIMG_2348.JPGIMG_2337.JPGIMG_2338.JPGIMG_2353.JPGIMG_2359.JPG

多種多様な創作細工かまぼこや新形態のかまぼこが展示されています。
25日まで高岳芸文ギャラリーで。



昨日から今朝にかけて雪交じりの黒部市です・・・・

そんなわけですが、今日もたっくさん結婚式用の細工かまぼこ作りました。

昨日に引き続き本日は大型の5kg級の鯛が3匹。

今週は計8匹仕上げました^^

生地蒲鉾の鯛の塗り方では・・・
①胸から尻尾にかけてピンクをかける
②腹の部分に白をかける
③ピンクの上から赤をかける
④顏、胸ひれ、尻尾、目玉を描く

という工程をどの大きさの鯛でもするのですが、①~②、そして②~③の時に鯛をひっくり返すのですが
このくらいの大きさの鯛になると逆さまにするのも結構な迫力です。
大きな台ごと動かすので場所もとります。

そうやって2日間(成型で1日、化粧で1日)かけて鯛ができあがるのです。

しかし今週は本当にたくさんご注文をいただき感謝感謝です。

昨日のかまぼこ大学のレセプションの報告はまた後日できればと思います。
とても楽しく、刺激的なパーティーになりました。



多分これが500件目のエントリーだそうです。
2年前から始めていますので中身は日記程度なのですが、なかなかの頻度で更新できているのでは?

さて昨日は夕方から会合があったため見逃したのですが、
「かまぼこ大学」ニュース番組で結構取り上げてくださったみたいですね。

今朝会社に行くといろんな方から「出てたねえ」などと声をかけられました。
今朝の北日本新聞にも大きく載ってたし。
IMG_2345.JPG

本当にこうして注目してもらえるのはありがたいですね^^

細工かまぼこと言えば今週は大型のご注文がたくさんあります。

今日も生地蒲鉾で一番大きい特3のサイズ(5kg以上!)の鯛が5個。
特3鯛.jpg
その他にも重量級サイズの鯛がドン、ドン、と並べられ結構な迫力でした。
それに全て化粧させていただき本当に幸せです。

さてこれから高岡へと向かいます。今週はなかなかハードな日々が続きます。。。


かまぼこ大学、ついに今日開校です!

富山県蒲鉾組合青年部、通称「蒲友会(ほうゆうかい)」で3月19日を「さいくの日」と勝手に決めて細工かまぼこに関する事業を毎年行おうと数年前に決めて今年は県内若手クリエイターたちがアイデアやデザインを出し各かまぼこ屋さんがそれを具現化する、というテーマで行いました。
時間のない中での作品作りとなりましたが、僕もいくつか創作かまぼこを作りました。
制作過程では今までにはないアイデアやデザインではっとさせられることがたくさんで今後の細工かまぼこ作りにいかせそうなアイデアをたくさんもらいました。

昨日は朝から夜まで高岡芸文ギャラリーで展示のお手伝い。(といっても素人の自分ができることはほとんどないのですが^^;)
そしてついに今日開校の運びとなりました。
あいにく僕は仕事と夜の会合のために開校式には行くことができなかったのですが、たくさんのマスコミも来ていただいたみたいですのでその様子が放映、報道されるのが楽しみです。

こうした地道な活動を繰り返していくことで富山県の伝統である細工かまぼこの技術が後世に継承していきたいと思います。そのためにも県内のかまぼこ屋さんが団結して今回みたいに外部の方のアイデアや刺激をもらうのもとっても良いことだと考えます。

明日はレセプションパーティが開かれるみたいですので僕も参加してきます^^
IMG_2340.JPG

写真は昨日の準備中に撮影したものです。明日たくさん写真撮ってこようと思っています。

ここ数日各種団体の会議や勉強会などで夕方からでかけることが多く更新できませんでした。

さて遅くなりましたが、全国蒲鉾品評会で生地蒲鉾が細工蒲鉾の部で水産庁長官賞、蒸しかまぼこの部で笹やきチーズが大日本水産会長賞を受賞しました!!

ダブルでの受賞、とっても嬉しいです。細工の部には社長製作の「がんばろう 日本」。

日の丸を中心にすえた復興を祈願した力強い作品です。

品評会受賞.JPG

(3月14日北日本新聞)

そして笹焼のチーズは昨年から新商品として発売したもの。数あるチーズ系かまぼこの中でも評価いただいたことが嬉しい!

また富山県の蒲鉾屋さんは細工かまぼこに必ずといっていいくらい出品していて、中には「これはすごい!」といった作品もありました。

審査会に各蒲鉾屋さんが出品して「細工かまぼこといえば富山」といったイメージを強くしていくことは大事なことだと思います。

そしていよいよ来週の月曜からはその細工かまぼこの事業、「かまぼこ大学」が高岡で開かれます。

僕もいくつかつくりましたので楽しみにしています。^^

 

 

おとといからの発熱は今日はまったく影響なく、普通に仕事ができました。

なんだったのだろう、と思ったりします。きっと体が何らかの信号を出していたのでしょうね。
ゆっくり寝たのがよかったのだと思います。

今日はまたJICAの研修生の方々が生地蒲鉾を見学に来られました。
なぜ生地蒲鉾なのかは謎です(笑)

そして大量のこいのぼりの細工かまぼこが本日納品されました。

これは地元の菅野印刷興業様のホワイトデーオリジナル企画としてご提案いただき、オリジナルセットとして作らせていただきました。

小さなこいのぼりに「ありがとう」のメッセージ入り。
それと小さな紅白のハート型かまぼこに刻みチーズを入れたもののセット。

それを菅野印刷さんでオリジナルラッピングしてお客様にお配りするもの。
(生地蒲鉾のパンフレットも入れてくださるそうです^^;)

ご提案いただきありがとうございました。
こういったものは作っている時も刺激になって楽しいですね^^




冷え込みました。予想通りです。
多分-5℃くらいだったのではないでしょうか。

てっかてかに道路は凍っていましたがそろそろ運転で自転車通勤しました。

でもそ7時前には太陽が昇りはじめとってもいい天気になりましたね。
配管工事のため屋上に上がったとき海の方を写真にとってみました。

IMG_2230.JPG

話しは変わりますが、先日黒部市の石田小学校の3年生が細工かまぼこの体験学習にきてくれた時の感想文が会社に届いていました。
IMG_2222.JPG

全ての生徒たちが書いてくれたみたいで、どの子もとっても上手な字で体験学習の思いが綴られていて読んでいるこちらの気持ちが暖かくなってきました。

かまぼこを制作した体験した子どもたちが喜んだだけではなく受け入れたわたしたちの方も元気をもらっちゃいました^^


ここ数日暖かな日が続きます。
心なしか、晴れ間がのぞく日も多くなってきたように感じられます。

日一日春に向かっているということ。
ありがたや、ありがたや。

ということで何かと仕事が終わってから外出続きで気づいたらもう金曜日でした。
今週は明日まで製造が続きます、久しぶりの土曜日製造です。

それとやはりお雛様、かなりご注文いただきました。
ネットでも電話でも。(テレビ放映の効果抜群ですね)

かわいいお雛様の細工かまぼこ、多くのご家庭で見て楽しんで食べて喜んでもらえそうでなによりです。

ひなまつりが終わると今度はこどもの日、もうすぐこいのぼりのミニバージョンを発表します。
(今日写真を撮りました。)

お求め安いお値段設定の予定ですのでご期待下さい^^

ちなみに既存のこいのぼりもありますよ
こいのぼり.jpg


そういえば昨日、市内の観光客のお客様がいらしました。
16名ほどで細工かまぼこの絵付け体験をしてもらいました。
(北日本新聞さんに大きく取り上げていただきました。ありがとうございます)

そして今日は石田小学校の小学生が40名ほど生地かまぼこを訪れ、これまた小さな鯛の絵付けを体験がありました。
この時期は毎週のように小学生などが訪れてくれます。
帰りの際、先生が「昔体験した生徒が大きくなってもこの体験の楽しさを覚えているんですよー」と言った言葉が心に残りました。
細工かまぼこの技術の伝承も大切ですが、その地区に住む人に実際に体験してもらい、富山の伝統を知ってもらう、そして語り継いでいってもらえる、これは大きな喜びです。
これからも地道に多くの人に知ってもらう活動をしていきたいと思います。
IMG_2129.JPG

今日はほどよく暖かな日でした。
生産数はこの時期どうしても少ないのですが、新たな取り組みに挑戦したり、会社の改善であったり、調査であったり、やることは盛りだくさんです。

というわけで本日もたくさんの人とお話させていただいたのですが、来週静岡で東海澱粉様の食の展示会に弊社商品を展示していただけることとなりました。
れは過去何回か行ったことがあるのですが、日本全国から主に水産加工食品が集うなかなか大規模なイベントです。

生地蒲鉾自慢の細工かまぼこや昆布巻蒲鉾など出品していただきますので大変ありがたいことです。
そして今回は特別注文ということでオリジナル細工かまぼこも出品します。

それが今日完成しました。

写真は当日会場へ行って撮ってきます。



昨日は高岡で今年の細工の日記念事業についての打ち合わせ会議を行いました。
今年はなにやらすごいことになりそうです。

県内を代表する若手クリエイターたちとのコラボレーション。

昨日僕は初めて会議に出席したのですが、彼らの想像力が半端じゃないです。
なんとなくこんなのできるかなーと思っていたものが、実際にペーパーにイラストとして描かれている。
それらを見て、彼らのプレゼンを聞いていると今までは無理かなあ、とあきらめていたものが可能に思えてきました。

あふれ出るアイデアを具現化するのが僕たちの腕の見せ所かと思います。
県内の蒲鉾若手陣で頑張って一つでも多くの作品、商品を生み出せるよう頑張っていきます。

いやー刺激になるってこういうことをいうんだなあと思った実のある話し合いでした^^

いよいよ今日から朝、昼会社ご飯になりました。
あと2か月、頑張っていきます。

さて今日は朝からずーっと細工かまぼこに化粧を施していました。
久しぶりにいっぱいいっぱい描かせていただきました。
手がしびれそうでしたが、心地よい疲れとともに今日までの分は終了。
明日もまた婚礼用の蒲鉾がたくさん。

今週は3日が休日ということで各地で結婚式が行われているようですね。

たくさんご注文いただき本当にありがとうございます。
今週は比較的落ち着いた日を過ごしています。
ちょっとあるところから珍しいかまぼこのご注文をいただきました。
黒部市のマスコット「ウォー太郎」かまぼこ。
(取材用らしいです)
このブログにも登場したことがあるかとは思いますが、ほとんど作れてないのが実情です^^;
(実際作るとなると結構時間がかかってしまいます・・・)


ウォー太郎2.JPG

名水の里黒部のマスコットキャラということもあり、生地蒲鉾でも作りますよー。
と言っているのですが、大量生産できないので今は隠れメニュー的な感じにしています^^;
何かイベント等でご入用の時はご相談ください。


快晴、快晴。
朝晩は寒いけど、これだけ晴れると気持ちがいいです。
少しくらいの睡眠不足も天気がよく、山がくっきりと見えるとそれだけで吹き飛んでしまいますね^^

さて今週は細工かまぼこweek。とってもたくさんのご注文をいただいています。
よくカレンダー見たら、今週末から来週の月曜日にかけてまた3連休なんですね!?
ちょっと日本、こんなに休みだらけで大丈夫でしょうか。
外国にますますおいて行かれますよ。
祝日返上法案なんか作ったらどうでしょうかねえ。
(半分ひがみも入っていますが^^;)

生地蒲鉾では昨日も今日も鯛、鯛、鯛。
そして明日は今日できなかった鶴、亀、菊、扇などなどの型物の化粧がたくさん待っていてくれます。

気候もいいし、会社に行くのが楽しみ^^


今日もとてもいい天気の黒部市。
でも僕が出勤する時間の空はだんだんと暗くなりはじめています。
今はかろうじで山際が明るくなりはじめる時間でございます・・・
ひんやりしているけれども空気がとても澄んでいて新鮮な空気を胸いっぱいに吸い込んでの出勤です!
朝焼け.jpg

そんな水曜日、たくさん細工かまぼこを作りました。
目の前に並ぶ、鯛、鯛、鯛・・・・
壮観です。

細工鯛が並ぶとこ.jpg
これだけ多いと一人で全て仕上げるよりも大勢でかかった方が早い。
つまり分業です。
下地のピンクを塗るもの、腹の白、ピンクの上からえら、うろこの赤、そして顔やヒレ、目玉を入れる、以上の工程を手分けして行います。
それでも2時間以上かかったかな?
生地蒲鉾の鯛は非常に手間がかかっています。
県内のかまぼこ屋さんはほとんどのところで鯛のかまぼこを作っていますが、このような工程を経ているところは少ないです。
こういったところは絶対合理化してはいけないところだと考えています。

さあ、明日もたくさんあります。楽しみ楽しみ^^


昨日お話しとおり、今日は大勢お客様がまいりました。
なんと外国から。
JICA様を通して日本の漁業関係のことを研修しに来ている総勢14名の異国の方々。
主に東南アジアの方が多かったみたいです。
なぜ生地蒲鉾のような小さな会社を・・・
という疑問はありましたが、精一杯かまぼこの作り方、原料のこと、日本の練り製品事情などなど2時間程度ご説明させていただきました。
しかし大勢に囲まれた時のプレッシャーはきつかったです^^;
実は今回で3回目ほどで黒部での漁業体験はパッケージになっているらしいです。
ご一行はこの後氷見まで行かれるそうです。

見学の中でもひときわ注目されていたのが
「細工かまぼこ」
鯛に化粧を施すところでは「Great!!」など拍手が沸き起こっていました^^
その他のところでも熱心に質問したり、メモをとってたりしました。
彼等はそれぞれの国に帰れば地位のある方々、少しでも参考になることを持ち帰ってもらえたら嬉しいです。
最後にみんなで練り製品の代表的なものをいくつか試食したのですが、ちくわ、天ぷら、はんぺん、蒸し蒲鉾、巻蒲鉾などほとんどすべて食べつくしていました。
練り製品って万国共通のおいしさなんですね。
最後にみんなで記念撮影。
とってもフランクで名刺を持っていってもらい、このHPにアクセスしてください。
と言っておきました(笑)
JICA.jpg




朝から土砂降りの中カッパ出勤でした。。。
今日は一日中雨かと思っていたら夕方から久しぶりに晴れ間が見られましたね。
青空はずいぶんご無沙汰だったような気がします。

さて来週からは9月に入ります。
生地蒲鉾の細工かまぼこでも最近季節の花が「あやめ」中心から「菊」へと移り始めています。
この花、特にお客様からのご要望がない場合は季節の花を描かせていただいています。
梅、あやめ、菊、薔薇、牡丹などを時節にあった形で取り入れています。
ちなみに菊の画像はこちらです。↓(社長画)
菊.jpg

※書き手によっていろいろ形が違いますので上記のとおりにはなりません

さあ、今週もはじまりました。
全国的にめっきり寒くなったようですね。
実は土日と連休をいただいたので能登の方までプチ旅行してきました。
志賀町に泊まったのですが、いたるところで原発を受け入れた町といった姿が見てとれました。
いろいろ思うことはありますがここでは書かないでおきます。

さて今日も3名のこどもたちが細工かまぼこの絵付け体験をしていきました。
黒部宇奈月観光局さんが窓口となって生地蒲鉾で化粧鯛の簡単な絵付けを体験できるというツアーを企画してもらいました。
もちろん原料費くらいのお金(600円/1人)はいただきますが、趣旨としては絵付け体験を通して富山県伝統の細工かまぼこを知ってもらいたいとの思いで協力させていただいています。
もっともっといろんな人に知ってもらい、広めていただきたい、そんな気持ちでしょうか。
生地蒲鉾ができることは小さいことですが、ここで体験した方たちが大切な思い出として記憶していただければ幸いです。

暑い日が続く今日この頃ですが、嬉しいことに結婚式の引き出物としての細工かまぼこのご注文がたくさんあります。

今週末は結婚式が多いのでしょうか?

ありがとうございます。

こうして毎週毎週結婚式の引き出物を作っているとそれが当たりまえのようになってしまいますが、結婚式は人生における一大イベントです。一生のうちに一回あるかないか(場合によっては何回もする人もいるかもしれませんが)。

私たちが作る婚礼用かまぼこは数多いのですが、それを受け取る人にとってはこの世の中にたった一つのもの。

機械的にならず心を込めて晴れの舞台にふさわしい贈り物となるよう、ひとつひとつ丁寧に作りあげていきます。

正直このじき仕事があまりなくて寂しいです・・・

そんな中、

オリジナルの細工かまぼこのご注文をいただき、じっくりと作ることができました。

文字だけの横にながーい蒲鉾ともう一つ、正方形に絵を描いたもの。

とっても楽しくできました^^

でも・・・

時間がかかり過ぎたのと少しばかりクオリティーに納得いかない部分も。

一回きりのやり直しがきかないオリジナルの細工かまぼこですので練習は入念に、ということですね。

色々と勉強になることも多々ありました。

これからもどんどん作っていきますよー!

今日も肌寒い日でしたね。

あれだけ暑かったのが嘘みたいに冷え込みました。体調管理に気をつけなければいけませんね。

月曜日ですので生地蒲鉾では細工かまぼこの製造に追われる一日になりました。

特に今週は一つの結婚式で100名を超える引き出物のご注文をいただいており、型起こしから化粧と膨大な量を目の前にしてワクワクする状態です^^もちろん全て手作業ですので多くの社員がかかわって一つの品物ができあがっていきます。

すり身のらいかい→型起こし(成型)→坐り(低温・高温)→1次加熱→化粧(絵付け)→加熱→冷却→真空包装→2次加熱→冷却→箱詰め→包装→式場などへ配達

上記のような行程で心をこめて作らせていただいています^^

 

 

月曜日です。

一週間の目標を日曜日の夕方に立てるとその週が有意義に働けるということを松田公太参議院議員のツイッターで読みました。

残念ながら月曜日に読んでしまったので今度の日曜日の夕方(ちょうどサザエさんの時間ですね)目標をたてることにします。

さて生地蒲鉾では今週も細工かまぼこの製造からスタートしました。GW前のような慌ただしさはないものの結婚式や米寿の祝い、法要用の細工かまぼこなどバラエティー豊かな細工かまぼこを作っています。

最近多くなってきたなあと思うのは小判。(今日も200枚近くの化粧がありました。)

ひとつひとつは小さいのですが、いろいろな花や鶴、亀などが色とりどりに一斉に見られるのが好評の理由でしょうか。僕も県外の人などにおすすめしたい一品です。生地蒲鉾の細工の技が堪能できる詰め合わせとなっています。

 

小判10枚入り.jpg

8枚入りや10枚入りが人気の品となっています^^

よろしければこちらからどうぞ!

 

ツイッターで知ったのですが、昨日今日と富山県の生番組をNHKでしていたみたいですね。

しかも黒部、魚津と続けての。

普段は夜のニュースくらいしかテレビを見ないので全然知りませんでした。

黒部は宇奈月の特集、そして今日は魚津の「細工かまぼこ」の特集だったみたいです。

番組録画しとけばよかった!

他社の細工かまぼこの特集とはいえ、全国に富山県が誇る細工かまぼこが知れ渡ったということでとてもうれしいです。

全国的にはどんどん衰退傾向にある、細工かまぼこですが富山県ではまだまだしっかりと暮らしに根付いています。

前回の全国蒲鉾品評会でも細工の部での出品数はだんとつに富山県が多かったみたいです。

これを機に全国的にもブームになってくれるといいですね^^

今日は憲法記念日です。

しかし生地蒲鉾では絶賛かまぼこ製造中です。

しかも今日の細工かまぼこの量が半端ない量でさすがにこれは定時では無理だということで、お昼ご飯が出ました。

普段なら13時が製造の定時なのでご飯はみなさん家に帰って食べるのですが、残業になるとお昼ご飯が出ます^^

もちろん、年末のような繁忙期は夕方まで仕事がありますのでお昼は毎日なのですが、この時期にここまでの残業は珍しいです。

ということで僕は今日は朝からずーっと化粧していました。

嬉しいことです。ありがたいことです。ご注文いただいたお客様に感謝です。

そしてその一部です。化粧前の鶴さん

鶴化粧前.JPG

化粧後の鶴さんたち。

 

鶴1.JPG

何枚書いたかなあ・・・

急ぎの分はなんとか今日仕上げましたので週末の分はまた明日以降に持越しとなりました。

明日も頑張ります!

今日、細工かまぼこの紅白のご注文を見ていたら、「米寿」「百寿」と書いてあります。

通常なら「寿」「祝」「法会」という文字を書くことがスタンダードなのですが、珍しい。

紅白2.jpg

しかも「白寿(はくじゅ)」なら聞いたことがありましたが「百寿(ひゃくじゅ)」とは??

最初白寿の間違いかと思いましたがちゃんと100歳のお祝いでありました。

自分の知識のなさを恥じ入るばかりです。

ちなみにこちらのサイトで長寿祝いの種類?が載っています。120歳の祝いなんてのもあるのですね。。。

このように紅白にはどんな文字でも書くことができます。「愛」や「卒業」なんてのも面白いかもですね^^もちろん書いたことはありませんが。

それともうひとつ、今日は特大の鯛のかまぼこを製造してました。

その重さ・・・・・

なんと10kg!

うちの3歳の子の体重が12キロくらいですから・・・・

ほぼその重さ!

いずれこのブログでも紹介したいと思います^^

今日は金曜日。おかげさまで今週の細工かまぼこのご注文どんどん追加が入ってきてなかなか終わりませんです^^;

こんなうれしい悲鳴を毎週体験できるといいなと思いますが。

来週には超特大の鯛のご注文もあるみたいです。最近では珍しいのでちょっと楽しみです。

あとHPのトップページ画像が変わっています。

気づけばもうすぐ5月。

ということで季節の商品「こいのぼり」「かぶと」のご注文が増えてきます。

 

こいのぼり.jpgかぶと.jpg

見た目にも楽しい季節の細工かまぼこ、ぜひご贈答にどうぞ^^

本日富山県は最高気温22℃までいったみたいです!初夏ですね・・・

寒い日が続いていた直後だけに気温の変化についていけない人もいるでしょうね。

何度も書いていますが、今週は細工かまぼこの追加ご注文が多いです。

工場にはこんなものも・・・

朱鷺.JPG

トキメキさんです。

特注でご注文いただきました。社長の手作り作品で20個ほどありました。

時間があるときはこのようなものも作っていますのでぜひご相談ください^^

 

今日の富山県内は全県的に快晴だったみたいですね。

ここ黒部市でも一日中青空が広がり気持ちのよい一日でした。週間天気予報を見るとしばらく気温も高めで好天が続きそうで嬉しい限りです。(朝はまだまだ冷え込みますが)

そんなわけで今日も一日細工かまぼこの製造に追われて終わっていきました。

鯛だけで100枚は軽く作りました。

これだけ多いと流れ作業でしなければこなせません。

生地蒲鉾の鯛の作り方は以前このブログでも書きましたが手間がかかっています。

まず、ピンクを塗り、次に腹の部分には白。そして真ん中にかけて赤。その上から顔とひれを描く。

というようにいくつもの工程があります。

もちろん化粧する前にも型起こしもしなければいけません。そのあとの坐りetc。。。

効率よく仕上げる方法はあるのですが、ここがこだわりの部分ですので伝統の作り方を守っていきたいと思います。

富山県内のかまぼこ屋さんはどこも鯛を作っているとおもいますが、一度ぜひ見比べていただければと思います^^

 

震災地域への配送状況も刻一刻とよくなっています。

詳しくはヤマト運輸さんの佐川急便さんのwebサイトをご覧ください。

生地蒲鉾では主にこの2社様の配達便を使ってかまぼこの配送を行っていますのでギフト等をお考えの際は参考にしていただければ幸いです。

さて通常今週もアメstartでした・・・

今週は先週よりも細工かまぼこのご注文を多くいただいておりました!したがって今日月曜日だけでは作りきれず、明日以降に持越しとなりました。こんな忙しさは大歓迎です^^

若干人差し指がぷるぷるきていますが・・・

(人差し指が震える理由は付け包丁を押さえつけるのと絞り出し袋の力を入れるところが人差し指なのです。が、人によっては絞り出し袋の持ち方が違うのでいずれこのブログで書いてみたいとおもいます)

さあ明日も張り切っていきます。

 

 

3月19日はさいくの日、ということで昨日は富山市で細工かまぼこ体験教室?出前体験授業?を行ってきました。

メンバーは富山県蒲鉾組合青年部のみなさまと富山中央水産の方々です。

参加してくれたのは小学生~中学生のこどもたち25人ほど。女の子が多かったかな?

正直行く前は自分たちの仕事のおしつけにならないかなあ、と少し不安な気持ちもあったのですが、当日参加してくれたこどもたちの目の輝きを見たらそんな不安など吹き飛んでしまいました。

細工の日1.JPG細工の日2.JPG

 

中にはとても上手に細工をできる子もいたりして・・・・・

 

きゃあきゃあ言いながらの細工かまぼこ体験でした。こどもたちの元気さ、明るさを見ていると、最近ふさぎ込んでいた心のもやもやがこの時だけは晴れました。やっぱり子供の笑顔やまっすぐさは最高ですね^^

元気をいただきました。本当にありがとうございました。

またこうして富山県の細工蒲鉾の技術や伝統がこれからの世代に伝わっていくことを切に願っています。

 

明日は細工の日です。何回も書いてますが、富山県蒲鉾組合青年部「蒲友会(ほうゆうかい)」がごろ合わせで3月19日を(さいく)と読ませてこの日に決めたのです。

富山県の伝統技術である絞り出しによる細工かまぼこ。その普及と継承のため毎年いろいろな活動を行っています。

さてそんなわけで

生地蒲鉾 細工かまぼこ解説シリーズ?

第2弾 (かめ)

と並んで使われることが多いです。鶴は千年、亀は万年・・ですよね?

大中小あります。

しっぽに特徴があります。緑と白の2色を使ったぎざぎざのしっぽが流れるように巻いています。

甲羅の部分はスタンプのようなもので最後に「ポン」と軽く押しつけて終了。

亀.jpg

 

突然ですが、

生地蒲鉾の細工の特徴について解説してみたいと思います。

鶴(つる

言わずと知れた縁起物で細工蒲鉾の代表格。亀とセットになることが多いです。

生地蒲鉾では大中小の大きさがあります。

朝日を受けて羽を広げています。(朝日に雲がかかっているような白いグラデーションに注目です)

その羽も途中から裏面が見えるような羽になっています。(ここも細かい!)

 

鶴.jpg

いくつか特徴をあげさせていただきました。

次回(不定期)は亀について書きます。

 

一週間の始まりです。黒部市は今日も快晴!なんだか春の匂いが感じられるさわやかな気候になってきましたね。

さて生地蒲鉾では本日は細工かまぼこ製作Dayです。鯛からさまざまな型ものまでとてもたくさん作りました。結局今日一日では終わりきらず明日以降に化粧は持越しとなりました・・・

その中でもこの季節はお雛さまかまぼこのご注文が増えてまいりました。この細工かまぼこ、たくさんの色を使っていますのでとても鮮やかで、その愛らしい表情もなかなか人気です^^(特にお姫様の扇子から出ている紐はピンク、白、緑と三色同時に絞り出し袋に入れて一度に出すという技が使われています)

お雛様.jpg

一つひとつ手作りの細工かまぼこ、特にお雛様かまぼこはこの季節だけの商品です。ご注文を受けてから製作しますのでお早めのご注文お待ちしております^^

また寒くなってきました。以前少しずつ春に向かっている気がすると書きましたが、今週は冬に逆戻りしている感があります。

さてそんな中でも生地蒲鉾ではこつこつとかまぼこを作り続けています。今日は特別な細工かまぼこのご注文をいただいたのでその制作をしていました。

そのかまぼことは・・・・・

「ウォー太郎」かまぼこ!

ウォー太郎.jpgウォー太郎とは黒部青年会議所が1992年、設立15周年を記念して名水のマスコットキャラクターを一般募集し、それを藤子不二雄A氏にキャラクター化の依頼をして誕生したものです。以来名水の里黒部を代表するマスコットとして市内のいたるところでみかけることができます。

それを今回「記念品として渡したい」とのご注文をいただいたので特注しました。製作には四苦八苦しましたが完全に一致とはいかないまでも、なかなかいい線いった仕上がりになったのでは?

生地蒲鉾ではこのようにオリジナルの細工蒲鉾も受け付けておりますのでまずはご相談ください。(ただしデザインの関係や繁忙期との関係などでお断りさせていただく場合もあります)

見て楽しい、食べておいしい、を実感していただくために日々頑張ります^^

 

今朝の生地は僕が出勤する頃は暴風雨といった感じの荒れた空模様でしたが、昼頃にはすっかりと青空ものぞき気持ちのいい天気になりました。

そんな金曜日に地元生地小学校の4年生達による、細工かまぼこ体験学習?がありました。小学校4年生ともなると上手なものでとてもきれいなデザインのかまぼこを作る子もいて見てるだけで楽しくなってきます。

生地小学校体験2.JPG

それぞれ独自のデザインで四苦八苦しながら約1時間をかけて終了。この後当工場で蒸して夕方頃に届けることになっております。こどもたちの心に細工かまぼこ体験の楽しい思い出が残ってくれれば幸いです。^^生地小学校体験.JPG

今日も寒かったです・・・さらに天気予報では明日から北陸を中心に寒波到来とかいってますね。今までのは寒波ではないのでしょうか?ふー・・・・

と愚痴ってても始まらないので今日は一枚の写真を載せます。

巨大かまぼこ下地.jpgこれは生地蒲鉾名物の巨大細工蒲鉾の下地を作っているところです。何のために制作するのか?全国蒲鉾品評会というものがあるのでそこに出展するためです。生地蒲鉾では毎年社長がこのくらいの大きさの作品を出品しております。何度か大賞もとっているのですよ^^富山県の細工蒲鉾のPRにもなりますしね。

もちろん食べたりはしないので腐敗防止のために防腐剤などを使っていますし、固まりやすいように添加物も多めに加えています。

さあこの白いキャンパス(すり身ですが^^)に今年は一体何が描かれるのでしょうか?!乞うご期待です。

今日ものんびりとした休日でした・・・

と、その前に昨夜のサッカー、対カタール戦、良かったですねえ。アジアカップの面白さを堪能できる試合でした。ほんの何年か前ならカタールははっきり言って格下みたいなイメージを持っていましたが、昨日はホームということもあるのでしょうが強い、強い。日本が先制され、追いつき、そして突き放され、また追いつき、そして勝ち越し!なんて気持ちいい展開だったのでしょう^^アジアのレベルが完全に拮抗しています、だからガチンコ勝負が面白い。正直ワールドカップより面白い試合が続いています。

さて今日は引き続き風邪等の影響もあり、家族でのんびり静養しておりました。そんな中、前から更新しようと思っていた、細工かまぼこ動画のyoutubeへのアップを行いました。これで一気に16本の動画に増えました。社長シリーズはこれで終わりました。

実はまだいくつか細工職人の動画があるので近々アップしようと思っています。

富山県が誇る伝統技、細工かまぼこ。この技術を後世に伝えていきたい、と思ったのが撮影、公開したきっかけです。本当は昔の職人さんのビデオも見てみたいのですが、中々お目にかかることができません。

http://www.youtube.com/user/ikujikamaboko

 

なかなかハードな週末でした。。昨日日曜日、起きたときから咳きが出始め、頭がぼーっとしている状態。昼過ぎに家に帰って来たあたりから熱があがってきて激しい悪寒に見舞われました。そしてついに胃炎のような症状も現れてきて夜、黒部市民病院へと向かいました。体温が39℃を記録したのはいつ以来でしょうか。そして僕だけではなく子供も夜中嘔吐を繰り返しとってもかわいそうでした・・・

それでも朝型には薬のせいか熱も下がり、とりあえず会社に向かいました。とても寒かったです。。。

そんな中、今日はおひなさまの細工かまぼこを作りました。この時期から出始める、とてもかわいい細工かまぼこです。色々な色を使うのでなかなか手間隙がかかるものですが、もちろん一つ一つ手作りしますのでインターネットからのご注文もお待ちしております^^おひなさま.JPG

今日の黒部はずっと冷えこんだ一日でした。ここ、北陸だけではなく全国的にも厳しい寒さが訪れているみたいですね。でも長期天気予報では2月は平年気温以上との予測らしいのでここは我慢のしどころです。

さて月曜日ということで今日は週末に向けての細工かまぼこをたくさん作りました。

写真は特3サイズの鯛の製造過程の一部です。丁寧に空気が入らないようにすり身を型枠に乗せていき、お腹のところにたっぷりとすり身を盛り付けて立体感をだしています。これにはかなりの熟練の技術が必要とされます。

鯛過程.JPG

↓このようになります

tai.JPG

生地蒲鉾では大きなサイズの鯛はこの状態で(型枠に入れたまま)一晩坐り室に寝かせてから翌日蒸し上げます。そうすることでしっかりとした弾力のかまぼこができあがります。

その後、化粧(絵付け)、蒸し、真空包装、二次加熱としっかりと時間をかけて一つの鯛のかまぼこができあがります。一つ一つ作り手の思いがつまった鯛のかまぼこ、お試しくだされば幸いです^^

今日も寒かったですね。でもだんだんと日が長くなってきた気がします。夕暮れ5時近くでも薄ら明るいときがありますから。こうしてどんどんと春が近づいてくるのですね。「冬きたりなば春遠からじ」といいますからね。この辛い寒さをあと2ヶ月我慢我慢です!

そんな中生地蒲鉾では成人式や結婚式用の細工かまぼこをもくもくと作り続けています

。年が明けても意外にご注文をいただいておりますので本当にありがたいことです。

写真は鯛の土台を作り、坐り工程をへてから色をつけていく作業のところです。

鯛新年.JPG

予想どおり生地は朝起きると雪が積もっていました。。。憂鬱な気分ながらも完全防備で真っ暗な中、家を出てとぼとぼと会社まで歩いていきました。年末がしんどいのは単に生産量が多いというだけではなく、この気候とも関係しているんでしょうか。もし夏にかまぼこ屋さんのピークがきたら・・・それはそれで暑さでばてそうですね^^;

それにしても一日暴風雪の日でした。仕事の途中、ごみを捨てに工場の裏のごみ箱に行こうとしたらものすごい突風で吹き飛ばされそうになりましたし・・・(きっと台風でもここまですごくないんじゃないかな?)

しかしそんな天候とはうらはらに工場の中は出荷や生産で熱くなっています。細工かまぼこの化粧鯛の生産もピークを迎えています。今日一日で400枚。更にまだ2000枚も作ります!しかも今日にいたるまですでに1000枚以上生産していてもまだ追いつきません。。。(僕もこの冬で何枚描いたかすでに分からない!)

機械化できるものではありませんので型おこし、色付け、そして化粧、全て人の手による手作りかまぼこです!それだけに喜んで食べていただきたいという強い気持ちがこもった商品です。お正月の食卓にこの化粧鯛がたくさんのぼることを期待して明日からもまだまだ作り続けます。化粧鯛.jpg

 

 

今日も黒部は雨、風。。。明日は少し晴れ間が戻るみたいですが、毎日こんな天気じゃ憂鬱ですね。と、天気に文句言ってもしょうがないのですが・・・

さてタイトルにあるとおり先日お願いしていた付包丁(生地蒲鉾では主に細工かまぼこに使用します)が完成してきました。長いものと短いもの合わせて10本!一人で短期間で仕上げていただいたことを想像し、胸が熱くなりました。

実際に使ってみた感想はとてもしっくりくる感じでいいのですが、長さと幅を少し改良していただくことになりそうです。

長く使う、手のようなものですので納得のいく品物を作りあげるためにもより良いものをお願いして綺麗でおいしい細工蒲鉾をこれからもつくり上げていきたいです。

 

今日は久しぶりに昼くらいから晴れ間が覗いて気持ちよかったです。でもまた明日から台風の影響で雨、曇りが続きそうですね。山の方は雪化粧しているし、なんか秋晴れが少ないまま、冬に突入しそうです。。。

さて夕方会社を出てとある製作所に行ってきました。細工蒲鉾を成形したり、化粧したりするときに使う、刃がない包丁を作ってくれるところを探すためです。このようにかまぼこの成形に使う包丁は付包丁(つけぼうちょう)というらしいです(かまぼこを板に付けるという意味でしょうか?)が、富山では伝統的にかまぼこは板に付けませんのでもっぱら細工蒲鉾の行程で使います。(製作行程はこちらです

生地蒲鉾では化粧包丁といったり、単に包丁と言ったりしてます。すり身を練って絞り出し袋に入れる用途の太い包丁と、下塗りをするための細身の包丁を使い分けて細工かまぼこを作っています。

そんな包丁が少なくなってきたのでどこかで作ってくれるところを探していたところ、いいところを見つけました。どんな様子か軽く伺うつもりで行ったのですが、「すぐに作ってみる」と言われあっというまにステンレス製の立派な包丁を作ってくれました。いろいろ包丁にまつわる話も聞けてとても勉強になりました。何事も行ってみるものですね。帰りは真っ暗になってましたが・・・

明日からnew包丁を試してみるのがすでに楽しみです^^

 

今週も始まりました。今日も昨日に引き続きいい天気でしたね。朝は寒かったですが・・・

今週も結婚式用の細工かまぼこ作りからスタートです。生地蒲鉾の細工蒲鉾は大きいものは一晩寝かせていますので今日詰めた鯛や紅白を明日冷蔵庫から出してきて蒸します。その上から化粧をしていきます。

そんなわけで週末に向けた結婚式用の細工蒲鉾は週のはじめのうちに徐々に作って真空パックにしていきます。もちろん追加注文などもありますので毎日のように作ってはいるのですが。

ちなみに今の季節紅白のご注文をいただくと(特別な指定が無い場合)描かれる花の模様は菊になります。菊.jpg

今週も始まりました。月曜日から雨だとちょっとへこみますね。しかも家を出ようとしたら傘がない!会社におきっぱなしでした。。。しっとり雨に濡れた状態で今週のスタートです。

さて今週末から3連休。県内では結婚式が多く開かれるみたいで当社にもたくさんの婚礼用かまぼこの御注文をいただいています。今日もたくさん鯛を作りました。

鯛のかまぼこといえば富山県の細工かまぼこの代表格だと思いますが、ちょっと調べてみたところ蒲鉾屋さんによって形や塗り方が全然違うんですね。

平面的なものや、赤色だけのもの、3色使っているもの。顔の形も各社様々です。

生地蒲鉾の鯛はその中でもかなり手の込んでいる部類に入ると思います。

まず形ですが、かなり盛り上がっています。立体感を出すため真ん中部分を盛り上げて作っています。

そして色(化粧)は3色使っています。下地にはピンク、お腹は白、そして顔からしっぽにかけては赤色です。

(特にピンクと白のグラデーションが気を使っているところです)

詳しくは細工かまぼこ動画をご覧になっていただければ分かると思いますが、かなり時間のかかる仕事になっております。

もっと合理的な作り方などはあるのでしょうが、今後とも生地蒲鉾流の鯛の作り方にこだわっていきたいと思います。

今日午前中に石川テレビさんの取材がありました。といっても生地蒲鉾だけの取材ではなく、「富山県黒部市名水の旅」という企画の中で生地の清水(しょうず)や魚の立て焼きなどと一緒に紹介いただけるようです。社長が鯛の細工かまぼこを実演しているシーンを撮影していかれました。当日楽しみに見よう・・・と思ったのですが、石川テレビは富山県では見れない!と言う事に気づきました。。

しかし富山県では多くの人が細工かまぼこを知っていると思いますが、県外の人の目に触れる機会はあまりないと思いますので放送を機に多くの人に知っていただければと思います。石川テレビの皆様ありがとうございました。

《告知》9月24日(金)午前10時~11時「情報ライブリフレッシュ」内「金曜エンタメ 富山県黒部市 名水の旅」

で紹介いただく予定です。

ちなみに当HPでも細工かまぼこ動画は見れますので興味のある方はどうぞ!

石川テレビ_.jpg

前にも書きましたが、この時期は結婚式自体が少ないので婚礼用の細工かまぼこは少ないのですが、今週は法要かまぼこの注文がいくつかありました。

「法要にはかまぼこ」というイメージはあまりない方もいらっしゃるかもしれませんが、知る人ぞ知る(?)、意外に注文をいただきます。ありきたりなギフトもいいですが、手作りのかまぼこをお返しに使われてはいかがでしょうか。_法要_.jpg

先日ある方から新築祝いにと金箔塗りのひょうたんをいただきました。結構大きな代物で振るとカラカラと音がします。どうやら中には種が入っているみたいです。

その昔ひょうたんはお酒や穀物の種などを入れ保存容器の用途で主に使われていたそうですが、縁起物としての使われ方もあったそうです。戦国時代には豊臣秀吉の旗印としても使われていて戦に勝つたびに瓢箪の絵を一つずつ増やしていったそうです。なぜ縁起物となったのかはいろいろ由来があるそうですが、こちらのサイトに諸説が書かれています「立山ひょうたん村共同組合」

また今回調べていたら「瓢箪から駒」ということわざを思いだし、その「駒」が「馬」のことだということを初めて知りました・・・

ということで少々前ふりが長くなりましたが、生地蒲鉾の細工かまぼこでも「ひょうたん」があります。ひもが結び付けられて下の部分には華の絵が書かれます。

単品からのご注文もできますので新築のお祝いなどにいかがでしょうか^^

ひょうたん.JPGのサムネール画像

今日は月曜日、世間的にはお盆休みに入っているところもあるようですが、生地蒲鉾ではお盆期間中も普通に仕事させていただいております。ぜひお越しください。

さて今日も量は少ないのですが、細工かまぼこの製造をしました。細工かまぼこの生産は一番多いときは10月、11月、3月とやはり結婚式シーズンです。県内の結婚式場に納品することもあれば、お客様から直接注文を頂いて自宅にお届けさせていただく場合もあります。

そのように生産の波は多少あるのですが、嬉しいことに当社の場合一年を通して何かしらの細工かまぼこの注文があります。それは赤ちゃんが生まれた時のお祝いだったり、新築の建前に配るかまぼこ、法要、快気祝い、お土産用などなど・・・・

生地蒲鉾の伝統である、細工かまぼこはこうしてお客様に知ってご利用していただいています。感謝感謝です。

生地蒲鉾ブログ 蒲鉾よもやま話 かまぼこ通信

アーカイブ

生地かまぼこお試し商品

蒲鉾オンラインショップへ

黒部市 生地情報

蒲鉾のよもやま話「かまぼこ通信」

生地蒲鉾に寄せられたお客様の声

よくある質問

生地蒲鉾が作る富山のかまぼこ 取り扱いショップ

このページのTOPへ