生地蒲鉾ブログ 蒲鉾よもやま話 かまぼこ屋のつぶやき

かまぼこ情報や日々の出来事などを綴ります。

かまぼこのことの最近のブログ記事

かまぼこのこと

3連休が終わりました。

黒部は少しぐずついた天気もありましたが、なんとか天候の方もそこまで悪くならずに、今日の海の日にいたっては石田浜で海水浴を楽しむ人たちもいたようですね。ちなみに今日は32℃くらい?
30℃オーバーにあまり驚かなくなってきています^^;

自分的にはイベント続きの3連勤でして、昨日は生地魚市の朝市では前日に作った「ごぼう入りふわふわシャキシャキ」すり身揚げを多くの方に味わっていただき、またたくさん買っていただきました。
IMG_4294.jpgIMG_4291.jpg
ただいつも思うのですが、この朝市、スタートダッシュがすごすぎて(6時開始なのに5時半くらいから並び始めます)開始30分した、午前6時半頃から人があっという間に少なくなります。
この人の流れはなんとかしないと出展者としても8時までのモチベーションが保ちにくいですね^^;

そして今日は朝から普通にカッターでのらいかい作業を終え、お昼からは富山で行われるブライダル展示会に出展。

私は初めて行ったのですが、ホテルウエディングとは違った雰囲気で和気あいあいとした感じ。

大勢のお客様に生地蒲鉾のかまぼこの特徴などを説明させていただきました。
みなさん、食べていただくと一様においしいと言っていただけるのが相変わらず嬉しいですね^^

明日から平常運転の方も多いと思いますが、暑さに負けず頑張りましょう!(自分がバテそうですが・・)




7月に入って最初の月曜日が雨模様のスタートとなるとさすがにテンションがあがりませんね。。

昨日の魚の駅の朝市は前日に生地地区で大雨による避難注意報?が出された影響もあってでしょうか、朝からお客様はまばらな状態。
パラパラとやってきてすり身春巻きを買ってくれるものの、思ったような売れ行きとはなりませんでした。

あとやはり4月から初めてまだ朝市が開催されていることの認知度が高まっていないといった様子です。
何もないところに新しく物事を生み出すのは大変なことなんだと痛感します。

さて出社して仕事を済ませて業界紙に目を通すと全国の蒲鉾屋さんの軒数が掲載されていましたので載せておきます。
富山県(37軒)は数はもちろん全盛期から比べるとかなり減っているのでしょうが、全国の中でも多いほうなのかなと思います。
我々のような小規模で頑張っている蒲鉾屋さんが多いという印象です。

しかし長崎(141軒)や宇和島(110軒)なども同じような環境下でもっともっと軒数が多く、一般家庭で練り物が親しまれていることが伺えます。じゃこ天確かにおいしいし、カレーの具材にもなると言っていましたからね。
IMG_4189.JPG

富山のかまぼこももっともっと一般家庭の食卓に普段からのぼるような使い方がされると軒数もひょっとしたら増えていくのかなあと思ったりします。
今一般の方と生地蒲鉾のかまぼこの面白い使い方の商品かを計画中です♪

雨の1週間、気持ちを盛り上げて頑張ります!
6月はGWが終わって、お盆までの間、本来なら製造は落ち着いている時期なのですが、なぜか製造、販売ともに嬉しいことに賑やかな感じになっています。
今日もにゃんかまの青色肉球(業務用(笑))を3000個ご注文いただいていたり、関西方面での大型スーパーさんでの北陸フェアに白えびの笹焼きがアイテムに採用されて9000パックくらい作ったりで全て手作りのため、時間がかかっていますが一つ一つ丁寧に製造しています!
IMG_4155.jpgIMG_4157.jpg
家に帰り新聞を眺めていると気になる記事が。
じゃがいも不作による澱粉高騰!
以前から言われていましたが、10%も上がるときついですね・・・数年前にも上がったきり、下がっていない現状ですので。
IMG_4160.jpg

このブログでも何回か触れていますが、原材料が下がるってことは全くもってありません。
原材料だけでなく物流費もすでに大幅な値上げが提示されています。

生地蒲鉾として商品の値上げはずっと行ってきていませんが、いろいろと考えていかなければいけない問題です。。。

今日は連絡会議。
月に一度関係部署で集まってお話をしています。
色々と問題や課題があるのですが、一つ一つ解決、良い方向にすすんでいきたいですね。

さて生地蒲鉾では父の日も終わり、どんどんお中元のお申込みが増えてきました。
ネットでのご注文も多いですね^^

毎年恒例のお得なセットも期間限定でございますのでこの機会にぜひご利用ください。
お得な税込3000円です!(送料別)
2017お中元.jpg

イベント続きの土日が終わりました。
土曜日は生地まち歩き。

天候はあいにくの曇り時々雨、気温は18℃程度と肌寒い一日となりましたが、それでも生地蒲鉾の前では蒲鉾販売を行い、昨年に引き続き、高橋尚子さんに立ち寄っていただき、しっかりとかまぼこのPRもしてもらいたくさんのお客様に蒲鉾を買っていただきました(笑)
IMG_3921.jpg
またPTAのブースでは寒空の中かき氷を販売、小学生が食べているところを見るだけで寒気がしました^^;

道を挟んで向かいのまちの駅ネットワーク生地では地元の商品の物販を行い、賑わいがあったのではないでしょうか。
こどもたちが喜んでいるのを見るのはうれしいですね。

翌日曜日は県内外から1万人を超えるランナーが集まる、黒部市で最大規模のイベント「黒部名水マラソン」が開催されました。心配された天候も明け方は雨が少し残るものの、8時を過ぎるころからは太陽が上り、気温も6月としてはそこまであがらず、爽やかな一日に。
IMG_3930.jpg
生地蒲鉾としては初めて飲食で出展し、好評の「すり身春巻き(ゲソ入り)」を販売させていただきました。かなり大量に持っていったので完売とはならなかったものの、300人以上のお客様においしいと喜んでいただけたのではないでしょうか。
IMG_3936.jpg
従業員が力を結集して実施した屋外イベント、両日とも準備などで朝早くから大変でしたが、終わった後は心地よい気持ちになれました^^
(そして今も日焼け跡がヒリヒリしています!)
IMG_3937.jpg
(揚げたてを試食用に切ると「サクサクッ」とおいしそうな音がします)

ランナーの皆様、お疲れ様でした。
(あっ!うちの子どもも3km、自己ベスト更新お疲れ様でした!)

反省点もありましたが、それも良い経験として今後も継続して発展させていきたいと思っています!
ようやくGWも終わりですね。
今年は天候に恵まれたのではないでしょうか?
facebookなどを見ても友達が行楽地で楽しそうに過ごしているのを見てうらやましい気持ちがないではありませんでした(笑)

ただこの連休中、高速SA、地元の魚の駅で2回、実演販売を行い初めての試みだったのですが、手ごたえも感じたので今後も継続していきたいと思いました。
今日は最終日ということと、風が強かったので客足はあまりぱっとしませんでしたが^^;
IMG_3640.jpg
この実演販売のでは自社で製造している商品を直接販売できるのでお客様の反応がダイレクトに感じられるのも収穫の一つですね。
その多くが好意的なもので先日も名古屋からの観光客のお客様がすり身春巻きを5本お買い上げいただき「これ、絶対いろんなところで販売するべきですよ!」と力強い応援を受け、その場で家族で食べたあともう一度5本買っていただくという(笑)、嬉しい声もありました。

この後地元の朝市(21日)、名水マラソンでの実演(6月4日)とありますのでどんどんと知っていただく機会を増やしていこうと思います!
IMG_3674.jpg
(お昼から軽くランニング、5月の風を受け鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいました)

明日からの仕事はGWで品薄になっている商品の製造、配達がありますが、これから6月にかけて仕事量が少し落ち着くと思いますので展示会出展、出張などで新たな情報を得てきたいと思います。

今日は天気も良くて最高の祝日だったのではないでしょうか。
行楽各地も大勢の人で賑わっていたことと思います。

さて私は、朝、会社でらいかい作業を終え、朝ごはんを食べた後に実演販売の準備をしてから高速道路のSAへと向かいました。
初の出張実演販売です。会場は同じ県内といえど、緊張感が漂います。

途中案の定、備品を忘れ会社にとりにかえったりとちょっとばたつきましたが(笑)、無事に10時半から好評のすり身春巻きを揚げ始めると、すぐに試食いただいたお客様から「おいしい」のありがたいお言葉が!
IMG_3633.JPG
お昼すぎまではおご飯を食べる暇もなしで途切れることなく揚げ続けていました。

IMG_3632.JPG

それでも15時過ぎくらいにはいったん客足も途絶え、17時に明日もあるとのことで終了させていただきましたが、初の市外での実演販売はおおむね好評で、手ごたえを感じることができました。
また準備や段取りなどでたくさんの経験も得ることができましたのでこれからも積極的に検討していきたいと思っています。

このすり身春巻き、一つ一つ生地蒲鉾の工場で手作業で製造していますのでとても手間がかかるのですが、それゆえに食べていただいたお客様からはとてもおいしいと評価していただいています。
IMG_3638.JPG
(しばらくは具材にゲソを採用していますが、今後はチーズやしそなどもつくっていきたいですね、試作段階ではバッチリです!)

この「おいしさ」を今後も追及していきたいと思います!
明日は地元魚の駅で引き続き実演する予定です^^



出張中だったのであやうく、見落とすところでしたが、先日第69回全国蒲鉾品評会の各賞が発表されました。

生地蒲鉾では細工蒲鉾の部門で会長作の「紅梅」が技術大賞を受賞しました。

またやわらか「しそ」が大日本水産会長賞を受賞しました。

いずれも大変栄誉なことだと思います。

何も賞を獲得するためにかまぼこを作っているわけではありませんが、専門家の方から評価を受けて日頃からの品質に対してのこだわりを今後も継続していくことを誓いました。

関係者の方々ありがとうございました。


この3連休は好天に恵まれて各地で大勢の人で賑わっているようですね。

生地蒲鉾でもたくさんの場所でイベントを行っていました。
(あ、その前日には会社のボーリング大会もありました(笑))
IMG_3313.jpg

まず私は18日、富山県蒲鉾組合青年部「蒲友会」の会長として昨年に引き続き開催した「親子細工かまぼこ教室」に出席。今年も大勢の応募があり、抽選の結果30組、60人の方々に参加いただきました。この様子は後日北日本新聞でご紹介されると思いますが、参加者はいきいきと世界で一つだけのオリジナル細工蒲鉾を製造していました。
IMG_3317.jpg
IMG_3321.jpg
(試食中に蒲友会のPRタイム)

その技術の高さにもプロ職人集団も驚くばかりの出来栄えでした。「負けてられない」と刺激を受ける会員も(笑)
IMG_3323.jpgIMG_3320.jpg
IMG_3322.jpgIMG_3328.jpg

そして同日有磯海SAでは3回目となる試食販売を実施。連休ということで高速道路の利用も多かったようで持っていった試食はあっという間になくなったとの報告を受けました。

また翌19日には朝から生地の朝市、そして9時からは魚の駅でのイベント。
どちらも通常のかまぼこ販売と今回初販売させていただいた「すり身春巻き(ゲソ)」を実演してきました。
IMG_3306.jpg
(工場ですり身春巻きを製造している写真。ゲソがたっぷり入っています!)

すり身春巻きは試作を重ねて、外が春巻きの皮でパリッとして中は生地蒲鉾の特徴であるふわっとした食感を実現しました。
食べたとたんにアツアツのゲソのうまみも加わり最高の出来になりました。
IMG_3334.jpg
おかげで朝市と魚の駅でのイベントでは完売しまして、急遽すり身揚げを販売することにしましたが、それもお昼には完売してしまいました!
IMG_3335.jpg
(魚の駅のブース。カニが相変わらず人気ですね)

世間的には3連休なのですが、このように生地蒲鉾では各地で社員が休みもなく頑張っていただいたおかげで大勢のお客様に生地蒲鉾のおいしいすり身、蒲鉾を味わってもらうことができました。
IMG_3336.jpg

社員の中にはお願いしていなくても、朝市から積極的に販売協力していただいたり、本当に感謝の言葉しかありません。。
IMG_3341.jpg

実演販売は人的な負担がかなり大きいのですが今後も積極的に出展していきたいと思います!

明日は3連休最終日
といっても生地蒲鉾は通常営業、製造です^^


しばらくかまぼこのことを書いていなかった気がします(笑)

ということで今年は昨年に続いてこの時期おひなさま関連の商品が売れています。
昨年より販売範囲や数量が増えていますので特に黒部市内のスーパーでお雛様の小判型を置いていただいています。

今年はその小判型おひなさま以外の組み合わせセットも新たに開発して店頭で人気があります。

オリジナルのお子様の名前を入れられますのでひな祭りの時期でなくてもご利用いただけるのではないでしょうか。

113243865.jpg

これは受注生産になりますのでご入用の際はお早めにお申し込みください。
1週間が始まりました。今週は比較的穏やかな天候になりそうですね。
昨年は確かオリンピックイヤーなのでうるう年だったため2月は29日まであったのですが、今年は通常どおり28日までです。

今週水曜日から3月です。ということは今年もすでに1/6を経過しています。
早いですね・・・

ここ最近の動きとしては冷蔵庫をいくつかの場所で入れ替えました。
一つは魚の駅さん。かなり老朽化していたので新しいものと入れ替えました。(厳密にいうと新品ではないのですが^^;)

結果とってもきれいで見やすくなりました!これでますます蒲鉾を買っていただくお客様が増えるはず!
IMG_3158.JPG

そしてもう一つは自分たち会社の冷蔵庫。こちらも2段の棚式のものに買えたのでよりお客様目線で商品が見えやすくなったと思います。
どうしても製造メーカーという気持ちが強く来客されるお客様の立場にたつことが少なかったのですが、こうしたことから少しづつ改善していけたらと思っています。
IMG_3182.JPG

土曜日は有磯海サービスエリア上り線での試食販売、19日日曜日は地元の朝市にて蒲鉾の即売とすり身揚げの実演販売を行いました。(朝市はまた朝から雪が降り、1月に続きお客様が少なかったです)
いずれも新たな取り組みの中で生地蒲鉾のファンを増やすことができたのではないでしょうか?

2月も下旬に差し掛かりまして日が少しづつ長くなってきました。
天気の良い日は夕方5時になってもまだ明るいのですが、朝から雨や雪の時なんかはまだまだ暗いままです。

これから三寒四温を繰り返し、だんだんと暖かくなっていくのでしょうが油断はできませんね。
インフルエンザのピークは過ぎたようですが、体調管理の難しさを感じます。。

IMG_3126.JPG
(兼六園では寒空の中梅の花が咲いていました)


先週の話になりますが、いつもお世話になっている高速SAで生地蒲鉾の試食販売会を行いました。
初めての試みでしたが、たくさんの方に食べていただきその場で買っていただき感謝します。
IMG_2973.JPG
またその日は富山で蒲友会の新年会が開催されました。通常であればこの新年会が業界の方との顔合わせということになるのでしょうが、今年はその前の週にすり身揚げ販売を行っていましたので多くの方とは2回目の顔合わせ。

各社の年末の様子を聞いたり、今年の蒲友会の事業について語りあいました。

そして翌日曜日は富山市のブライダル展示会。生地蒲鉾は今まで商品のみの展示だったのですが、今回は社員の説明付での出展です。
参加組数も多くて充実した展示会でした。
この場でも試食していただいた方に生地蒲鉾の婚礼用細工蒲鉾を選んでいただければいいなと思っています。

昨日24日は富山でHACCPの講習会。1日6時間×3日の長丁場の講習会です。お尻が痛くなりました。

そして連日会合が続いています。。
寒い日が続いていますので、体調管理に気をつけながら頑張ります。。。。

IMG_2977.JPG

毎年毎年年末仕事の最中にこのブログが放棄され、年明け以降も燃え尽き症候群というか、いろんな心配事などから仕事は完全に落ち着いているのですが、なかなかブログを再開する気になれない1月なのですが、重い腰をようやくあげて、また備忘録的な意味合いも強いのでやっとこさ、開始します(笑)

さて年末繁忙期ですが、12月前半まではいまいち動きが鈍くて、今年の気候と同じくぱっとしないのかなあと思って生産量も落とすよう指示していたのが裏目にでてクリスマスを過ぎたころから怒涛のギフト、配達が押し寄せてきて満タンだった会社の冷蔵庫があっという間に空っぽになるという事態になり、慌ただしく製造に追われることになりました。
しかしそれでも商品が足りず、一部のお客様にはご迷惑をおかけしました。

そして年が明けても昨年同様お正月らしくない雪のない気候が続いていたと思ったらついに先週の13日頃から待ちにまった(?)寒波到来。
この週末は全国的には大学入試センター試験でやきもきしていた人が多かったと思いますが、個人的には富山県蒲鉾組合青年部の年明け最初の事業や生地朝市での出店があったので心配していましたが、大きな問題はなくとりあえずホットしています。
IMG_2955.JPG
(写真は晴れていますが、結構吹雪いていました)
朝市はさすがに降雪の影響か例年の半分くらいの客足で残念でしたが、すり身フライは大勢のお客様に喜んでいただけました。

組合青年部の事業は高岡で毎年開催されている「鍋祭り」に初出店するというもの。かまぼこ屋さんの総力を挙げて「すり身揚げ」の実演販売を行ったのですが、寒さも手伝ったのかこれが大好評で当初予想を大きく上回り、大成功でした^^
IMG_2962.JPGIMG_2959.JPG
といろいろと動き出しているので今年もこちらのブログでなるべく会社の活動や組合の活動などに触れていこうと思います。


11月に入りました。いよいよあと2か月、蒲鉾屋さんの総決算の2カ月です、頑張るとしかいえません。

さてもうお客様のところには案内がいっていると思いますが、今年もお歳暮用のDMを発送させていただきました。

今年の目玉商品はこちら→http://www.ikujikamaboko.com/?pid=108786138
早期割引商品で10品入ってとってもお得なセットをご用意いたしました。
108786138.jpg
また新商品のベーコンスモークチーズ蒲鉾も一緒に入っています。

こちらは1つ1つがとても食べやすい大きさで包丁を使うことなく食べられ、その味わいも芳醇な香りのスモークチーズと黒部名水ポークがあわさり、アクセントとして黒コショウが練りこまれている、とっても贅沢な仕上がりになっています。
ビールにあうこと間違いなしの商品ですね^^

多くのお客様からのご注文をお待ちしております。
毎月第三日曜日は恒例生地の朝市。

生地蒲鉾としては以前から出展していてかまぼこの特売をしていたのですが、今年の7月から新たな試みとして朝市での実演販売を行っています。

地元のみぎすを使ったすり身揚げをメインに色々と具材や形状などを変えながら今月で4回目。

今回は先週魚の駅の創業祭で販売した、玉ねぎとえびのすり身フライを実演販売しました。
今月は朝市の中でも1年に一度の大きなイベントの日ということで今では販売者がいなくてなくなった「タラ汁定食」が復活したこともあり、かなりの人出で賑わいました。

基本的に朝6時~8時までの時間帯なのですが、5時半にはすでにシャッターの前に列ができています。。
そんな中6時にスタートすると私はずっと揚げっぱなし。
ひたすら揚げ続けます。(ということで写真を撮ることができませんでした。。。)

ただこの生地朝市の特徴でもあるのですが、最初の1時間が勝負で7時過ぎるとサーっと人がはけていき、7時半になると関係者がうろうろと各お店で買い物が始まるのです(笑)

そんな超効率的な朝市ですので販売する方としては集中できて売り上げもあっという間に積みあがるのでやる気は半端ないですね。(笑)
この揚げ物毎回着実に売り上げも増えてきてどんどん皆様に期待されていることを感じます。

今年は11月から繁忙期に入りますので揚げ物は年内最後になるかと思いますが、来年もまた新たな挑戦を行いたいと思います!



今日は富山県蒲鉾組合主催による技術講習会?なるものが富山市で開催されました。
水曜日製造を行っていない梅かまさんの工場をお借りして県内から約40名もの参加者が集まったみたいです。
IMG_2543.JPG
講師は3人。

1 絞り出しによる細工蒲鉾
2 切り出し蒲鉾
3 巻き蒲鉾

の技術を披露いただきました。

その中の細工蒲鉾の講師として弊社会長がその技術を披露しました。
相変わらずの手早さには感心^^
ちなみに私が6年前に撮影した細工蒲鉾動画はすべてyoutubeにアップしてあります。

IMG_2545.JPG
僕が今回一番注目していたのは切り出し蒲鉾。

多分県内でもできる人は限られているのではと思いますがその技術は卓越していて切り出した時、絵柄がパッと出てきたときの
鮮やかさに見ている人からは思わず声があがったほどです。
鶴と富士山、梅を披露していただきました。
IMG_2549.JPG
巻き蒲鉾も生地蒲鉾では今すべて機械化されたのでその技術はどんどん衰退していく一方だと思いますが、くるくると一定の重量で巻いていく技術はさすがでした。
IMG_2553.JPG
こうした技術交流会は定期的に開催してお互いに刺激を受けることはいいと思います。







今日は敬老の日ということで祝日ですが、生地蒲鉾は関係なく普通に仕事でした。
婚礼用の細工蒲鉾の製造が少しと昆布巻き蒲鉾の1500本ほどの生産がありましたが、それでもやっぱりこの時期は生産が少ないですね・・・
10時ころ今年の昆布の概況説明を受けました。生地蒲鉾で使う昆布巻き蒲鉾の原料の昆布は全て北海道道南産の養殖昆布を使用しているのですが、この生産量が近年減少、価格高騰傾向にあります。理由は生産者の高齢化による現象、海水温の上昇による不漁、などらしいです。
我々が欲する数量を確保できるかが心配ですね・・・

それと今週から県外の蒲鉾屋さんの研修が1週間始まります。来週はまた違う方が同じく1週間研修に来られます。
先月は私が2日間お世話になりました。
偉そうに教えることなどあまりありませんが、お互いの会社にとってよいと思うことをどんどん吸収していっていただければと思っています!

今週は土曜日に生地小学校の運動会、日曜日は生地の朝市とイベントが続き、気づいたら日曜日が終わっていました。

運動会はなんとかぎりぎり雨が降らずに済んで関係者一同ほっとしました。夕方の直会からは大雨が降ってきて本当に運動会に雨が降らなくてよかったです。

そのまま日曜日はずっと雨。朝から眠い目をこすり生地の朝市に向かいます。
今回で3回目のすり身揚げの販売です。

毎回具材や販売価格、形状を変えながら悩みながらやっているのですが、ここまで全て完売しています。
今回もかなり大量に持っていったのですが、おかげさまで開始から1時間で完売することができました。(生地朝市は一応6時から8時の間の販売なのですが、7時を過ぎると一気にお客様がいなくなるので最初の1時間が勝負なのです)

行列を作って買っていただいたお客様には本当に感謝です。ありがとうございました。

その後地元のパークゴルフ大会にお声がけをいただいていたのですが、大雨のために中止。
それからは少しゆっくりとすることができました。

明日は祝日ですが、関係なく仕事です。今週は雨が続くみたいで憂鬱ですが、しっかりとおいしい蒲鉾を作っていきたいと思います!


週明け早々、関東地方に台風が上陸しているらしくて交通機関がまひしているようですね。

ここ黒部は蒸し暑くどんよりした天気ですが、まだ雨は降っていません。

しかし・・・

どうやら「にゃんかま」がどこかの媒体で取り上げられたようで昼頃から猛烈なご注文をいただいています。
在庫はあっという間に底をつき、明日以降一生懸命製造を開始しますが、なにぶん一つ一つ手作りなもので場合によってはお時間をいただくことになるかもしれません。

申し訳ありませんが、ご了承ください。
台風が来ているみたいです。それも3つ同時に。
北陸地方はその影響か、明日から雨模様の様子。でも最高気温が30℃を超えるとのことで今もそうですが、かなりの蒸し暑さが心配されますね。。お盆過ぎでも要注意の気温が続いています。

さて今日は生地の朝市。

毎月第3日曜日が定例の日となっていて8月は21日の日曜日がその日にあたります。

以前から生地蒲鉾では出展していたのですが、先月から新たな試みとしてすり身揚げを行っています。
(蒲鉾の特売も今まで通り行っています)

新たな試みですので試行錯誤の連続ですが、会社で試作し、実際にお金をもらって食べていただく、この商売の基本的な流れが楽しいですね^^

今日も製造した分は全て完売。お客様にもたくさん好意的な意見をいただき、また更なる挑戦を心に決めました。

これからもいろんなところですり身揚げを実施していきたいと思います。
基本は地物のすり身(にぎすなど)と生地蒲鉾独自のしなやかなすり身を配合した、特別な食感のすり身と旬な具材を合わせて提供していこうと思います。
手間暇はかかりますが、食べていただくお客様の満足を求めていこうと思います。

家に帰って子どもと散歩したのですが、暑くて近所の清水まで歩くだけでぐったりというくらいの天気でした。。
IMG_2302.JPG

来週は東京での出張販売もありますので体調管理に気を付けて頑張ります!
イチロー選手の大リーグ3000本安打達成や、リオオリンピックでの日本選手の活躍(萩野選手の金など)、高校野球での熱戦などスポーツ関連の話題が熱い今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
仕事がなければ夜中通してずーっとオリンピック見ているんだけどなあ・・・

さて生地蒲鉾ではお盆関係の真空蒲鉾の製造はすでにピークを越えていますが、明日から今度はお盆でのスーパーさんでの特売用蒲鉾の製造が始まります。簡易包装のかまぼこで地元の方が一番食べられる蒲鉾だけにその品質にはかなりシビアになります。

毎日毎日暑い日が続きますので温度管理が大変なのですが、従業員全員が製造に真剣にかかわっておいしいかまぼこを作るために頑張っています!
世間的には先週は3連休。自分は結局全て仕事でしたが、なかなか充実した週末でした。

今回初めて生地蒲鉾として生地朝市での揚げ物を実施しました。その名も「生地のふわふわすり身あげ(仮称)」。

生地蒲鉾の特注スケソウダラに地元で水揚げされた新鮮なミギスを大量に混ぜ込み、練り上げ、今回はそこに春玉ねぎを入れてふわっとした食感になりました。
初めてということで少ししか持っていかなかったので開始から1時間もしないうちになくなりました。
(写真は朝市に向かう5時に太陽が大きく見えたので撮影したのですが、この後なんと土砂降りの集中豪雨に見舞われました。。)
IMG_2654.JPG

またたくさんの課題も見えてきたので今後続けていくうえで色々と試行錯誤を繰り返していきたいと思います。

週明けから天気も回復して梅雨明けしたかのうような空模様と気温の上昇具合です。
でも暑いけど、あのむわっとした感じとは少し違うのでまだましかな。

製造も発送も現在お中元、お盆に向けた生産などで大変な時期です。

そんな時期ですが、新たなお取引様を紹介いただいたり、申請していた助成金が通り、新商品のパッケージが出来上がって来月からのキャンペーンの準備、週末の富山駅前の催事の準備、週明けの東京出張に備えたり、やることが満載過ぎて少々混乱気味ですが、
お盆まで全力で頑張ります!!




日本全国梅雨入りの便りが聞こえてきていますが、まだ北陸地方は入っていないようで、今週に入ってもちょっと蒸し暑いですが、雨にはならず、天気の良い日が続いています。

この調子でいってくれないかな・・・・

さて先日業界紙を見ていて気になる数値があがっていたのでブログに張り付けておこうと思います。
「伝統食品の市場規模と推移」というタイトルで豆腐、練り製品、清酒業界の2002年と2014年の事業所数、従業員数、現金給与総額、原材料使用額、製品出荷額の項目でその変遷を表しています。
IMG_2418.JPG
(かまぼこ通信 5月30日号より)

この12年の間の日本経済全体の変化がどのようなものだったのか、分からないのですが(笑)、この資料を見る限り上記3団体は軒並み、下降線をたどっています。

特に単純に見るならば、豆腐業界が出荷は減少しているのに原材料が126%と上昇しているので苦しい様子がうかがわれます。

さてこの表の数字を自社に当てはめてどう読み取るか。

単純にこの数字どおりなら前途厳しい、ということになるのでしょうが、その大きな潮流に立ち向かって独自の路線で会社の将来を切り開いていかねばならないと強く想いを新たにしたのでした。

長崎の研修旅行から昨日夜帰ってまいりました。
と先ほどyahooニュースを見ていたら、なんと羽田空港で火災が起きているではありませんか!

韓国航空の飛行機から火災が発生し、羽田空港離発着の飛行機に欠航が相次いでいるとのこと、幸いに大きなけが人などは出ていないようですが・・

一日違いでもしこれが昨日だったら・・・もう一日長崎にいれた?と思ったりして。

さて長崎ですが、やはりかまぼこ先進地という印象を第一に受けました。
ついてすぐに飛行場のちゃんぽんのお店に入ったのですが、具材としてかなりの量の練り物が使われています。野菜も多いが、色とりどりの練り物がお腹を満たします。

飛行場からレンタカーで原爆資料館→平和公園に移動。飛行場が海に埋め立てられたようなところにあって市街地からかなり距離があります。
IMG_2335.JPGIMG_2343.JPG
平和公園からグラバー園→大浦天主堂などをめぐりホテルへ。いろいろと思うところがあったのですが、かまぼこ屋さんのブログということで割愛させていただきます。

IMG_2349.JPGIMG_2358.JPG

IMG_2359.JPG

なおこの日は当日朝まで雨が降っていたそうですが、私たちが長崎に到着するころには快晴で翌日もとても天気が良い日で、汗ばむような夏っぽい雰囲気でしたが、まさに旅行日和でした。(※本来は1月に行く予定だったのが大雪のため中止になったけど、かえって良かったかもしれません)

夜は長崎思案橋付近の郷土料理が食べられるお店を紹介いただき、懇親会。ここでもパンにすり身を挟んだ「ハトシ」という料理を食べましたがこれが絶品でパンのサクサク食感と中のすり身がうまくマッチした本当においしい食べ物でしたね。
他には新たに長崎のかまぼこ屋さんたちが作り上げた「チャポリタン」も満足させてくれる逸品でした。

IMG_2360.JPG

また長崎、決して人口も富山と比べて多くはないはずですが、各種飲食店が多く、観光客で支えられているんだなあと感じる部分も多かったです。
IMG_2362.JPG

翌日、いよいよ今回の趣旨である長崎の杉永蒲鉾さんと長崎水産加工業協同組合さんへの工場見学に。

杉永蒲鉾さんはとても衛生的でなおかつ人間の作り手のこもった商品づくりをしている素晴らしい工場でした。社長の人間性もしっかりと会社に反映されているなあと随所で感じることができました。

IMG_2390.JPG

次に向かったのは組合さん。市内からは車で30分以上くらい走ったでしょうか、山を一つ越えて海の近くにありました。

(余談ですが、長崎は坂だらけの町で平地がとても少ないので雑談でお聞きした市内の坪単価は我々を仰天させました。また雇用に関しては、これまた富山県の実情と違い、最低賃金が富山より安く、労働力的にも富山の方がひっ迫しているという状況に感じました)

国内ですり身を生産しているところはもはや長崎と舞鶴くらいということでとても貴重な現場を見せていただくことができました。
またここは今年度から来年にかけて工場を新設するということでしたのでまた機会があればその生まれ変わった姿を見に行きたいものです。

IMG_2378.JPGIMG_2383.JPG

と今回は日程の関係上2か所だけ回ることができましたが、蒲友会員全員がとても刺激を受けた研修旅行になったのではないでしょうか。

長崎はかまぼこ屋さん同士が練り製品全体の需要の底上げという大きな目標に向かって団結し、その消費量は(県庁所在地として)日本一になっています。

日常に練り製品があふれて食卓にも何気なくかまぼこが取り込まれている、誤解を恐れずに言うなら主役ではないけど名脇役の役目をしっかりと担い、存在感のあるポジションを保っていると言えそうです。

研修旅行を終え、富山空港に降り立つとまるで我々の到着を待っていたかのようにポツポツと雨が降り始めました。

そして帰りに入ったラーメン屋で具材にかまぼこがないのを少し残念に思いながら、今後の課題について思いを馳せるのでした。。





今週も始まりました。
ずっと暖かい日が続いていたと思うのですが、週初めからいきなりの冷え込み・・・
恐らく最低気温は5℃以下で宇奈月の山の方では雪もちらついていたそうです。山も真っ白な雪化粧に逆戻りしていました。

そんな震えるような朝、いつもどおり雨の中自転車で出勤してらいかい作業を終え、子どもの入園式に出席。
なにもこんなに寒い日に当たらなくても・・・・
と思いましたが、途中から日も差し無事に終わりほっとしています^^

静岡松坂屋さんでの催事も今日が最終日、我々としては初の地でのチャレンジになりましたが、新たなつながりもうまれました。
5月にも地下催事を行わせていただくことになりましたのでまた5月上旬に静岡の皆様にはお会いしたいと思います!

他にも5月には福井西武、新宿髙島屋、東京のスーパー三徳さんと立て続けに催事・試食販売が決まっています。
詳細はまたHPで告知します。
ちょっとハラハラな展開ですが、生地蒲鉾全員で頑張ります!
ついに3月も最終日。
ここ数日急に暖かくなったからか、今日仕事で富山市に行く機会があって松川のそばを車で通りすぎたのですが、満開か?というくらい桜がきれいに咲いていました。
黒部の桜もこの調子だとあっという間に満開になりそうですね。

さて今日は朝らいかい作業をしてすぐに黒部を出て富山市と金沢で商談というか、打合せをしてきました。
帰途あまりにも気持ちよくて眠気が来たのですが、休憩して甲子園選抜決勝戦を見て元気をもらい、夕方無事に帰ってきました^^
智弁学園初優勝おめでとうございます!

話は変わり、毎年行われている業界の「全国蒲鉾品評会」の審査結果が先日発表されました。
こちらのページに掲載しましたが、
生地蒲鉾は今年も栄誉ある賞を2ついただくことができました。
特に細工蒲鉾の部では水産庁長官賞!

弊社会長の「紅梅」というテーマの作品です。

IMG_2015.JPG
私は会場に行っていないのですが、富山県勢がたくさん細工蒲鉾を出品していたとのことで嬉しい限りです。
富山に細工あり!ということを全国の同業者にこれからもアピールしていくためにも継続して出品していきたいです!

かまぼこ丸かじりイベントに参加してきました。

3月14日に新幹線が開業して1年を記念してのイベントらしいです。
このイベントの中で「富山の名産昆布巻蒲鉾を丸かじり」の日本一記録を達成しようということで3月14日にちなんで用意した昆布巻き蒲鉾は314本。蒲友会各社の蒲鉾を320本用意させていただき協力しました。

当初本当にそんな人数が集まるか心配だったのですが、天候にも恵まれ無事記録達成!となりました。
こんな記録本当に日本で初めてだろうな・・・

何はともあれ今日参加した方にとって富山の名産昆布巻き蒲鉾が身近に感じられる体験をしていただけたということで業界としても良かったのではないでしょうか。

これからも地道にかまぼこを身近に感じられる事業を行っていきたいと思いました^^
かまぼこかぶりつき.jpg

2月22日、にゃんにゃんにゃん


猫の日とのこと。
いつからでしょうか?少なくとも昨年の今頃は意識していなかったと思うのですが、今年はどういうわけか巷でしきりに耳にします。

猫ブームも手伝って業界関係者がバレンタインデー、恵方巻ときてホワイトデーまでのつなぎというわけでもないのでしょうが、誰かの手によって作り上げられている感も・・・

ということでにゃんかま、今年はものすごい出荷量になっています。

東京駅、大阪梅田のキデイランドさんでの取扱いや全国津々浦々からのお取り寄せのご注文をいただいていて例年にないくらいの生産量になっています。

今朝もなぜか京都のKBSラジオに朝8時から生出演してしまい、にゃんかまのことを5分ほどしゃべらせていただきました。
ラジオの中でも少し触れたのですが、このにゃんかま、作るのに大変時間がかかっています。
機械化もできていないので一つ一つが手作業で作っています。

ブームがきても大量生産できないので欠品になる恐れがあり、ご迷惑をおかけするかもしれませんがお許しください。

2/19金曜日、地元の生地小学校4年生30人による細工蒲鉾の絵付け体験がありました。
生地小学校の生徒たちは2年生の工場見学と4年生の鯛の絵付け体験、6年生の卒業蒲鉾制作と3回お越しいただいています。
もちろん無償で^^

子どもたちが小さい頃から地元の私たちのかまぼこに慣れ親しんでいただき、大人になったときに地元にいるか、県外に海外にいるかわかりませんが、時がたっても生地蒲鉾のことを思い出していただければ、と思っています。
個人的にも小学校の時の体験って意外に覚えていたりしますね。
とっても個性的な鯛が30匹できあがりました!
体験.jpg
3月には6年生の卒業かまぼこ制作がありますのでこちらも思い出に残るものを作って欲しいですね。

さて3月はひなまつりということでお雛様の細工蒲鉾の生産がすすんでいます。
今年から取り組んでいる小判型のおひなさまも毎日製造しています。黒部のスーパーさんにも並ぶ予定ですので気にいってもらえると嬉しいですね。IMG_1915.JPG

そして今日土曜日、糸魚川シーサイドバレーにスキーに行ってきました。
積雪量はあるのですが、いかんせんこの気温の高さということで完全に春の雪質で、しゃばしゃばでした。
それでも子どもたちにとってはスピードが出ないので滑りやすかったのか、どんどん上達していて見ていて感心してしまいます。
IMG_1923.JPG
子どもは成長しかなく、大人である自分は技術の向上はもはや望んでもいないのでひたすら楽しく滑ることができました^^

IMG_1924.JPG
今日からまた1週間が始まりました。

とはいえ金曜日出張から帰ってきて土曜日は新しい機械搬入とたまっていた書類やメールの整理。
日曜日はホテルの展示会での接客・・・
ずいぶんと疲れがたまっていて、目が痛み、腰も痛み。。

まあ、そんなときに夜に会合なんていれているので自業自得ともいえますが。。

そんなこんなで迎えた月曜日でしたが、朝冷え込んだだけあって日中はかなりきれいに晴れ渡り、白い雪をかぶった立山連峰が視界に広がりました。

そして前述したとおり、朝新型兵器ならぬ、新型の機械が搬入されました。

その名も「自動巻き蒲鉾製造マシーン」!

・・・こんな名前じゃないと思いますが、とにかくそれのぶっつけ本番試運転の日。

色々とありましたが、うまくいきました。すごく活躍してくれそうな気分です。

また今度詳細を書きたいと思います!

今日は金沢まで商談に行ってきました。
毎年この時期に開催されるしんきんさんのビジネスマッチング。
今年は3社の方とお話させていただきましたが、今年は北陸新幹線開業もあって展示会や商談会に本当に多く参加した気がします。
結果がでたものもあれば、全くのものもあります。
でも人と会わない限り機会はゼロだし、と自分に言い聞かせて頑張ってきました^^;

さすがに今年はこれで終了ですかね。

さて各国で大筋合意されたTPPのニュースが連日報道されていましたが、ここになってようやく中身が少しづつ見えるようになってきたみたいですね。
立場によってメリット、デメリットがわかれるところですが、私たちかまぼこ屋さんにとっては輸入すり身にかかる関税が即時撤廃になるとのことで少し嬉しい方向性かと思います。現在スケソウダラすり身に関する関税は4.2%。

これが各国が批准次第撤廃とのことでまだ時間がかかると思いますがここ数年でなくなることは決まりました。
ただ円安が今より進行したり、世界的にすり身需要が高まっていることもあり、そもそもの価格が上昇してしまえば、この4.2%という数字なんて吹き飛んでしまいます。

ここ数年、値下がりした原材料は多分ありません!
すり身、鮭、えび、あなご、うに、チーズ、澱粉、卵白・・・その他なんでも。。
メーカーの方々は簡単に、ペーパー一枚で簡単にあげてきます。

と、後ろ向きになっていてもしょうがないので、よりよい主原材料、副原材料を使用しておいしいかまぼこを作り続けます!

今月に入ってから水面下で密かにすすめていた、新ショッピングサイトのオープン、ついに本日9時にオープンしました。
お客様におかれましては3日間ほどオンラインショッピングができない状態だったので大変ご迷惑をおかけしました。
無題.png
ということで・・・・

新サイトでは期間限定で通常100円で1ポイント(1円)のところ、9月13日まで20倍の5円で1ポイントがつく、キャンペーンを開催中です。
単純に全商品20%OFFのクーポンがもらえるといったところでしょうか。

ものすごくお得な期間ですのでぜひご利用いただきたいと思います。

新サイトは今まで課題だった1回のご注文で1か所しか発送することができなかった問題も解決され、複数のお届け先を選択できるようになったり、なにより、スマホ、タブレット端末でのお買い物が大変しやすくなっています。

今やPCをしのぐ勢いのスマホ対応サイトということでお手軽にショッピングを楽しんでいただきたいですね^^

まだ開設したばかりでところどころ改善するべきところもでてくるかもしれませんが、そういった場合は速やかに改善していきます!
先日のエントリーに引き続き、かまぼこ900年関連の告知です。

このたび全国蒲鉾組合連合会では900年にあたって特設webを開設しました。

弊社HPのトップページ下部にもリンクを貼りましたのでご一覧ください。

とてもインパクトのあるサイトだと・・・・思います。
900th_120x60.jpg

昨日新聞を読んでいたらかまぼこ900年のイベントの記事が載っていました。地方新聞にも掲載されているということは共同通信からの配信があったということでそこそこの注目を集めたのではないでしょうか。
IMG_1197.JPG
今年はかまぼこが初めて作られてから900年とされています。というか、文献で確認できたのが1115年ということですので実際はもっと前から作られていたのでしょう。ちなみに1115年にちなんで11月15日はかまぼこの日としていますが、認知度がいまいちですね^^;

その文献にでてくるかまぼこというのが魚を塩ですりつぶしたすり身を竹のつつに練りつけたもの。今でいう竹輪のようなものですね。
それを現代に蘇らせるというのが今回のイベントの趣旨らしいです。

生地蒲鉾もこのイベントの案内をいただいていたのですが、参加できませんでした。

こうして業界が注目されるというのはいいですが、自分たちの会社には全くといっていいほど影響がありません。


地道に努力しておいしい蒲鉾を作り続けたいと思います。

にゃんかまがまた何かで取り上げられたみたいでこの土日すごい数のご注文が入っていました!
現在急ピッチで製造を開始しましたので少し遅れが出るかもしれませんが、丁寧に一つ一つおつくりします。


今日は朝からぎっしりと予定が詰まった一日でした。特に現場の方ではまとまった注文が入ったせいもあり、この時期としては異例の数量を生産。
朝のらいかい作業を途中で抜け、6時半に県内他社様のところへ。
用件は秘密ですが、快く受けていただき感謝です。
会社に帰って細工蒲鉾の絵付け体験、大人のお客様40名に鯛の絵付けを指導?して終了と同時に黒部宇奈月温泉駅へと東京から来たお客様をお迎え。(この時駅周辺の駐車場の満車表示が全く機能していなくて混乱しました。早く治してほしい!)

生地に戻り魚の駅でランチミーティングの後、夕方まで打合せが続きました。
この打合せ、今後の商品開発に向けての記念すべき第一歩にしたいと思います!

細工蒲鉾の絵付け体験のお客様も東京へ帰る際は新幹線、反対に東京から来たお客様も新幹線。いずれも新幹線が一気に身近になったことを感じますね。一方北陸新幹線の乗客はすでにガラガラとの報道もあったりして(輸送能力が倍増しているので当たり前なのでしょうが)
この先の展開も気になるところです。

やること満載、あっという間に今週も終わっていきそうです。。。
今週も始まりました!
昨日書いていたとおり、今週は細工蒲鉾も多くなっているのと、まとまった数量の生産が重なり、久しぶりに忙しくなります。
またオリジナルの細工蒲鉾が年明け以降なぜか数多くご注文いただき、あれやこれやであっという間の一日になっています。
こちらのページ→http://www.kamaboko.org/saiku_gallery/の下部にオリジナルの細工蒲鉾例が掲載されています。
個人が特定されるようなものや、キャラクター的なもの、企業のロゴマークなどは除外してありますが、そういったもののご注文も多くあります。今後も増えていくことが予想されますのでどうかお気軽にお尋ねください。
ただし、時間の制約があったり、物理的に不可能なこともありますのでそこはご理解いただきたく思います。



今日から年末の本格生産が始まりました。
使用したすり身は1400kgほど。
朝5時半からサイレントカッターでらいかいを続け、全部終了したのが13時。
昨日までの疲れもたまっていましたのでさすがにぐったりとしましたが、全体の終了時間がさほどではなく、17時には全員帰途につくことができたことを思うと順調なスタートだったのではないでしょうか。

朝礼も今日以降はしばらくお休みです。明日の朝(早い人で3時半に出勤!)からは全員が全力でスタートです。
12月31日に全員元気で朝礼を行うことを期待しています!


いよいよ明後日から大量生産の本生産を前にしてすでに全身が貼っている状態です。。
アップするのを忘れていましたが今週月曜日17日に大勢のお客さまが生地蒲鉾においでくださいました。

その方たちとは・・・
生地蒲鉾のメインのすり身を作っているアメリカからのお客様です!
弊社のすり身は独特のしなやか、もっちり食感を生み出すためにこだわりにこだわって選定しております。
またその特性上、特注で作っていただいています。
今回はそのすり身を使ってできた蒲鉾がどういったテクスチャーで食感が再現されているのかを実際の目で見ていただくこととお互いに製造方法の確認、今後の展開などをお話させていただきました。
はるかベーリング海ですり身船に乗船している方がこの黒部の地にまではるばる来ていただくことは大変珍しいことだと思います。
彼らも気概をもって特注すり身を作っているというとで我々としても、彼らにとって満足することのできる商品を製造し、提供しなければいけません。
さて、試食していただいた感想は「very good!」とのこと^^
ただ我々としてもシーズンによっての品質のばらつきがあるなどの問題点を指摘させていただいたり、彼らの話で魚体の大きさによってできるすり身に違いが出ることなど色々と現地の話を生で聞くことができました。

この機会を作っていただきました、すり身メーカーの方に感謝します。ありがとうございました。
11.17.JPG

11月に入ってお歳暮のご案内をお客様のもとへ発送させていただきました。
そろそろ皆様のお手元にも届いているころでしょうか?

数年前からその年限定のおすすめセットをご用意いたしております。
今年も10品入った期間限定のお得なセットになっています。
10241105_5449b4076e536.jpg


ネットでももちろん購入できますのでご興味ありましたらこちらからどうぞ。
http://www.kamaboko.org/shop/products/detail.php?product_id=208


細工かまぼこDAYが続いています。
カレンダーを見ると今週末から3連休なのですね。
道理で結婚式が多いわけだ・・・

ということで昨日も今日も残業で対応しております。たくさんたくさん化粧させていただきました。
ありがとうございます。

さて今日は県外からすり身メーカーのお客様が来社されました。
生地蒲鉾のすり身は魚種でいうとスケソウダラがメインなのですが、全て洋上で加工された最上級のものを使用しております。
さらに独特の食感を出すためにその中でも特注品をお願いして作っていただいています。

全国のメーカーでも数えるほどしか使用していない、と思います。

こだわり抜いた原料をこだわりぬいた製法(低温一晩座り)を用いることで独特の「もっちり、しなやか」なかまぼこを作り上げているのです。
P1030727.jpg
妙に説得口調になりましたが、非常によい打合せができたと思います。
業界用語で「2014Bシーズン」のすり身の試食も行いましたが非常に良い出来でした^^

来月はそのすり身を作っている現地の方(アメリカ人含む)も大勢来社していただけるそうですので色々と情報交換してさらにおいしいすり身を作ってもらいたいと思います!


10月最後の週の始まりは雨模様のスタートです。

昨日は生地のたいまつまつり。毎年この時期は急激に冷え込んで吐く息も白くなっていた記憶があるのですが、今年は1日とっても暖かい日でした。貴重な日曜日、新車を洗車して宇奈月温泉のとちの湯に久しぶりに浸かります。(本当に何年ぶりだろうか・・)

風呂から眺める向かいの山はすでに紅葉が始まっていて青い空と紺色の湖とのコントラストがとてもきれいで癒されます。
ただこの季節の宇奈月はやはり観光客が多く、地元民が多いと思われたとちの湯も大勢の人でごった返していて湯船ではあまりゆっくりとできませんでした。平日ならなあ。。

10.26.2.JPG

かまぼこの話も少し。
とある法人のお客様からロゴマークのオリジナル蒲鉾のご注文を60個いただきました。
写真のような簡単なものでしたらお受けできますのでまたご興味のあるかたがいましたらお問い合わせくださいね^^
10.26.1.JPG

今週は朝から晩まで予定がぎっしり詰まっています!
本格的な年末突入までのウオーミングアップととらえて頑張ります。




お盆が終わってからなぜか急にまた気温が上がってきています。
また全国的にも大雨の被害がいたるところで広がっているようです。

生地蒲鉾では製造が落ち着いているところ、今週は団体様の細工蒲鉾の絵付け体験が相次いでいます。
今日も合計60名のお客様に小さな鯛の絵付け体験をしていただきました。

IMG_0726.jpg


上の写真は月曜日に来社した子どもたちの企業見学会での模様が北日本新聞に掲載されました。

たくさんの方に富山の伝統細工蒲鉾の絵付けを体験していただき、蒲鉾に慣れ親しんでいただくために今後も行っていきます!
ワールドカップ盛り上がっています。
あいにくライブでほとんどの試合が見れないのですが、毎日NHKの10時からのダイジェストは欠かさず見ています。
日本にとってはかなり苦しい展開の予選になっていますが、あと1試合、全力で応援します!

さて少し遅くなってしまいましたが、今週末恒例のDMをお客様の方にお送りさせていただきました。
今年の目玉商品はこちら「2014夏おすすめセット」
__ 2.JPG

こちらのギフトセット、生地蒲鉾の自慢の10品が入ってなんと!税込3,000円です。
中には新商品名水ベーコン蒲鉾も1箱入っていますのでご贈答にぴったりの品になっております。
もちろんこのおすすめセット以外にもたくさんの商品がありますのでお好みの品をお申し付けください。
ネットからでもFAXでもお待ちしております^^



今日でようやくGWも終わり。

毎年思うし、書いているかもしれませんが、生地蒲鉾で働くようになってから、
GWもお盆も休みということはありませんので
あの、
「あー、長期休暇が終わりで明日から仕事、憂鬱やー!」

的な嫌な気持ちにならなくてすんでいます(笑)

土日以外は働くことが普通のメカニズム。

そんなこんなで沖縄では梅雨入りしたとのニュースもありましたし、
あっという間に梅雨→夏→年末!?になっていくのかと。

話は変わり、今日はある形の細工蒲鉾の製作。
一般販売用ではないのですが、とある団体様からの依頼で100個のご注文をいただきました。

結構手こずり、今日は長時間かけたにもかかわらず、40個ほどしかできませんでした。

来週の納期までまだまだ頑張らないといけなさそうです・・・
オリジナルの細工蒲鉾は時間がかかります!


またしばらくブログの更新が滞ってしまいました。。

GWも明日で終わり、皆様充実した休日を過ごされましたでしょうか。
生地蒲鉾は変わらず今日も明日も製造、販売をしています。

さてお知らせでも書きましたが、「にゃんかま」がとあるニュースサイトで取り上げられて
一気にご注文が殺到しました。

GWで製造が立て込んでいて、また一つひとつ手作業での生産ということもあり、
製造が追いつかない状態が続いています。

ご注文いただいたお客様には大変ご迷惑をおかけしますが、少々お時間をいただく場合がございます。


今日は朝からずっと細工かまぼこの絵付け。
残業か!?と思っていたのですが、
なんとか時間内に終えることができました。
これから普通品の製造もどんどん増えてきますので
そろそろギアチェンジをしていかなければいけませんね^^

さて
先々月ネットショップセミナーに行ってから
約1か月半。
ここで出会った様々な方々と現在もメーリングリスト等
でつながっています。
同じ思いの人々がいるってやはり刺激になりますね。
あせりも感じますが^^;

そしてその方々の取り組みを実際に確かめるべく
お取り寄せした数々の品も毎日溜まってきました。
(下の写真は栃木のあゆの甘露煮、富山のはちみつ)。
IMG_0271.JPG
勉強も兼ねてのお取り寄せ。一挙両得とはこのことですね。
おいしい地方の名産を毎日味わっています。

生地蒲鉾でもよりお客様にとって選んでいただける企業を目指し、
日々努力を続けます!
今日から3月。
いろいろと変化の多い月になりそうです。

このサイトでもお知らせしましたが、弊社の送料規定を変更しました。
今までは買えば買うほど送料が高くなっていっていたものを
10,000円以上お買い上げのお客様の送料が無料に。

そして県外の方の送料も地域によってばらつきがあったものを
一律700円に。
北海道・沖縄を一律1000円に。
県内のお客様は一律300円。(他社のどこよりも安い金額でお届けしております。)

まずはわかりやすい送料をとの思いで設定しました。

今まで以上のご利用をお待ちしております。


PM2.5という物質名が世の中でよく聞かれるようになったのは
いつごろだったでしょうか。
昨年?2年前?だったかに思います。

大陸に近い九州などでよく騒がれているなあ、程度の認識だったのですが、
今日、ここ黒部市でも警報?が発令されたようです。
車で警戒を呼びかけるアナウンスを聞いたときは「?」となりました。
(しかし今ほど黒部市のHPを見ましたが全くこのことには触れられておらず。
TwitterやFacebookで情報発信すればいいのに・・・・と思ってしまいます。)

ともあれ、こんなに天気のいい冬の晴れ間だというのに子どもたちが外で
遊べないのはかわいそうだなあと。。

さてかまぼこの話もさせていただきますが、先日から「お試しセット」
なるものを商品化してバナーを設置しました。
生地蒲鉾を代表する、おいしいかまぼこのみを詰め合わせました。
初回限定ですが、一度ご賞味いただきたく思います。
P1030749.jpg





にゃんかま1周年企画、全ての発送が本日終了しました。
iphoneケース、携帯クリーナー、明日には当選の方のお手元に届くはずです^^

初めての試みでしたがたくさんのご応募やはがきに込められた熱いメッセージを読むにつけ
「やってよかった」
と思えました。

これからもお客様のために何かわくわくするような企画を考えていきたいと思います!

ちなみに・・・・

iphoneケース、僕も1つもっているのです。
色合い、手触り、ともにサイコーです。
にゃんかまアイフォンケース.jpg

デザインしていただいた、ピーノコーポレーション様、ありがとうございました。
相変わらず天気の悪い富山県、日曜日の天気が嘘のように月曜日からずーーーーっと雨と強風が続いています。
仕事しかしてない毎日でも青空が出ると気持ちいいのですが・・・はぁーー・・
気をとりなおし、
生産は順調です。今日は資材の確認。ちょっと不足の可能性があったため追加発注を行いました。
一日の生産量が大きいので早め早めの対応が必要ですね。気をつけねば。

お歳暮の方もどんどんいただいています。特に今年のDMに掲載した2013年末おすすめセット」のご注文が相次いでいます。
このセット、価格も通常価格より10%以上も安いうえに特別生産の紅白巻が入っている、お正月にぴったりの詰め合わせになっています。
このため数量限定にしているのですが、あっという間になくなりそうです^^;
年末おすすめセット2013.jpg

先日お伝えした通り、今週は細工蒲鉾week!今日だけで100人前以上は生産したのでは・・
明日も同じくらいの製造があります。
これだけの量があると逆に活気が出てきていい感じですね^^
そんな活気のある工場を後にして僕は富山市に営業活動。大変貴重な意見を聞けて今後の商売につながりそうないいお話ができました。
富山から帰る時には雨がみぞれへと変わって、気温も急激に下がってきました。
明日も今日以上に冷え込むことが予想されています。
風邪などひかないように気をつけて明日からの仕事も頑張ります。
おいしい蒲鉾作ります!

そういえば、色々と忘れていることが多いので最近いただいたお仕事のことを書いておきます。

1、9月20日 近畿富山県人会「きときと倶楽部」様の5周年記念総会でにゃんかまと鯛の細工蒲鉾をご注文いただきました。
にゃんかまは若い人たちの間で人気があったとか^^嬉しいですね。また大きな鯛の細工蒲鉾には「祝 5周年」の文字入りのものを披露していただいたようです。ありがとうございました。

2、9月14日には朝日町で行われたビーチボール大会の全国大会でビーチボールのオリジナル蒲鉾をなんと500個!ご注文いただきました。
このビーチボール、シンプルなデザインでなかなか苦労したのですが、全国から集まった選手たちのレセプションパーティやお土産などで召し上がっていただいたそうです。ありがとうございました。

3、敬老の日のオリジナル細工蒲鉾をおつくりしました。これはお客様のデザインのものを忠実に再現したところ、自分でいうのもなんですが、結構クオリティの高いものができあがったと面ます^^後日お客様からプレゼントした画像もいただき感激しました!

なんか他にもあった気がするんだけどなー。。
いずれも画像がないのですが、近日中にUPしたいと思います。

これからどんどんと仕事が増えてくると思いますが、こういった一期一会的なお仕事も楽しみながらどんどんしていきたいです!
秋晴れ、秋晴れ♪

朝はめちゃくちゃ寒かったですが、空気が澄んでとっても気持ちのよい一日でした。
でもしばらくしたら、布団から起きたくなくなる日が来るのでしょうね^^;

さて今日は細工蒲鉾DAY!久しぶりに大漁の鯛を仕上げました。
とはいってもまだまだこれから。
本格的なシーズンを前に体慣らしといったところでしょうか。
生地蒲鉾ではひとつひとつ丁寧な細工蒲鉾をおつくりしております。
その技術と味は県内のどの蒲鉾屋さんと比べても一番だと思っています。

おかげさまでインターネット経由で県外からも細工蒲鉾のことを全く知らなかったお客様からもご注文をいただくようになっています。
ありがとうございます。

お盆です。
うだるような暑さが続いていますが、毎日少しずつ日が短くなっているんですよね。

今日は朝3時起き。もちろん真っ暗です。。。
お盆特売用のかまぼこをスーパーの店頭に早く並べるために朝早くから製造(蒸し、包装)を開始しました。
(朝早くから出勤していただいた従業員の皆様に感謝です^^)
そしてこの時期には珍しく婚礼用の細工かまぼこもたくさんあり、とても充実した一日でした^^;

夜は墓参り、やっぱり夜7時だともう薄暗くなっています。
ちょっと前まではこの時間でもかんかんに明るかったことを思うと、暑さはおいといて夏の終わりがやってきているのでしょう。

今週の製造は金曜日まで。体力的に厳しい日々が続きますが、おいしい蒲鉾をつくるために従業員一同頑張ります!

お知らせでも書きましたがこのたび生地蒲鉾オンラインショップではポイント制度を導入しました。

最近はどこのお店でも導入しているので説明は不要かもしれませんが、ご購入金額100円につき1ptつきます。
そしてそのポイントは次回以降のご購入時に1pt=1円として使うことができます。

会員様だけの特典となりますのでぜひ会員登録おねがいします。

また会員様にはポイント進呈や特別割引セットのご案内などのメルマガも発行してまいります。
(【送料無料情報】【ポイント10倍!】などお得な情報を考えています!)

すでに今回ポイント導入記念としてすべての会員様にポイントを進呈させていただきました。

早速父の日プレゼントセットなどのご購入時に使えます^^
06041315_51ad69e57baa8.jpg
これからも生地蒲鉾のオンラインショップを身近に感じてもらえるよう、いろいろ楽しいしかけを実施していきたいと思います!


GW真っ最中!
でも生地蒲鉾は営業・製造いたしております。

しかも今週はとてもたくさん、たくさん、製造があります。
結婚式やこどもの日関連の細工かまぼこもたくさんご注文いただいていますのでしっかりと一つ一つお作りしております^^

また先週の金曜日に「酒とかまぼこフェア2013」の出展者説明会に行ってまいりました。
banner_sakekama2013.jpg
今年で4回目?くらいのイベントだと思いますが、毎回好評をいただいています。
例年は10月~11月頃に行っていたイベントだったのですが、今年は諸事情があり、6月16日(日)の開催になりました。

今年もたくさんの東京のお客様にお会いできるのを楽しみにしています^^!

先週の17日、18日にかまぼこ大学in東京@新丸ビルが開催されました。
IMG_0774.JPG

これは東京のバーの一室を借り切り、そこに定員25名の参加者を募り、かまぼこの歴史などを学び、参加者自らがかまぼこの細工絵付け体験をできるというものです。
講師として富山県蒲鉾組合青年部「蒲友会」から麻善蒲鉾さん、新湊蒲鉾さん、そして生地蒲鉾の僕が参加しました。
とにかく熱気むんむん(会場が狭かったこともあったのですが)で参加された方も大喜びのイベントになり、時間のない中の準備だったので心配していたのですが、ほっと胸をなでおろしました^^;
IMG_0778.JPG
またこの期間中富山県フェアとして新丸の内ビル7Fでは富山の食材を使ったお料理などがふるまわれていて、その中に「ぼこちゃん」も使っていただき、作ったものとしてじーんとしました^^
期間中musmusというお店で合計200個ほど出荷させていただきました。
(写真は巨大ぼこちゃん!頭にはとろろ昆布がのっています。)
IMG_0781.JPG
イベントの様子はこちらの速報かまぼこニュースに詳細を掲載していただいていますのでリンクをはらせていただきます。

こういった地道な活動を繰り返して富山県の細工かまぼこというものがもっともっと広まって行ってほしいですね。
そのためには僕たちも頑張って県内を盛り上げていかなければいけません!


今週は細工かまぼこの製造が多く、また個人的にはこどもの卒園式があったりと、いつもにましてあっという間感が漂っています。
そして今週で3月が終わります。
今日の黒部市も本当にあたたかくていいお天気でした。

さて今日は「ぼこちゃん」。
4月の東京のレストランイベントでこの「ぼこちゃん」を販売するという計画が持ち上がっています。
そのためにも実食に向けての詩作を何回か繰り返しているのですが、ようやく実現可能なレベルに達してきた気がします。
IMG_0699.jpg
朝ご飯はその「ぼこちゃん」をつまみに食べてみました。
でんぷん量を多めに作っていますので触感はもちもちした感があります。
そして頭にちょっとした具材をいれたり、場合によってはソースやマヨネーズなども入ります。

かまぼこを醤油につけるような感じで最初から頭に醤油を入れておくのもいいかもしれませんね^^
今日は弁当に入っていた、ピーマンやニンジンをまいて中に数の子わさびをいれて、そのまま一口でパクっと食べてみました。
IMG_0701.jpg
とってもおいしかったです!
流通の問題やいくつか解決しなければいけないことがありそうですが、実食販売にむけ楽しみになってきました。


3月も今週で終わりの週になりました。
あっという間でした。。

さて下記の画像、一体何の画像かわかりますか?

小椋久美子さんのツイッター.png

サムネイルだと小さいので画像をクリックして元の大きさをご覧いただきたいのですが、
あのバドミントンのオリンピック選手小椋久美子さんに贈呈された細工かまぼこの写真です。
(小椋さんが自身のツイッターでつぶやいてくれていたものをキャプチャーしました)

先週の土曜日3月23日に黒部市体育協会さん主催の講演会で小椋さんお呼びした際に黒部市の名産ということで弊社にお声がかかりました。このイラストは小椋さんのブログのトップページに掲載されているものです。

ちょっと時間がかかりましたが、こうして喜んでもらえてよかったです。ただ小椋さんも書いていましたが、これ、食べ物ですので自分の最終的には自分の顔を本人(もしくは誰か)が食べると考えるとちょっと・・・となってしまいますね(笑)

時間が許せばこうしたオリジナル細工かまぼこにどんどん挑戦していきたいと思っています。
機会をいただいた黒部市体育協会様、ありがとうございました。



第65回全国蒲鉾品評会の審査結果がでました。

生地蒲鉾は3つの賞を受賞しました!!

①アメリカ大使館賞 昆布巻蒲鉾
②技術大賞      両面鯛
③特別賞       にゃんかま

以上の3賞です。
まず「アメリカ大使館賞」は全国数ある蒲鉾屋さんの中でたった1社しか選定されない、大変名誉ある賞です。
昆布巻蒲鉾は生地蒲鉾の全てを代表するような商品ですのでそれがこのような賞を受賞することができて本当にうれしいです。
昆布巻かまぼこ.jpg

そして「技術大賞」に選ばれた細工かまぼこ「両面鯛」は以前このブログでも紹介させていただきましたが超巨大な立体の鯛です。
今回の品評会でも存在感はあったのでは・・・技術大賞を受賞させていただきました。
IMG_0547.JPG
(この鯛です^^)

最後に「特別賞」の「にゃんかま」。この賞は今回で3回目ということでしたが、業界関係者が選んだ特別な賞とのこと。
実はこれが一番うれしかったりします。なぜなら同じ業界の人の注目を浴びたということですから。
しかも全国で3社だけ。

にゃんかま2こ.jpg

その中の1社に生地蒲鉾の「にゃんかま」が選ばれて光栄です。これからの展開に弾みがつく受賞となりました。
またこの特別賞の中から1位を選ぶらしいです。1位に選ばれた会社は6月の業者大会で表彰されるとのこと。

これだけたくさんの賞をいただけたのも従業員のみなさまによるかまぼこにかける想いが伝わったからだと思います。
心より従業員のみなさまに感謝いたします。

天気がいい日が続きます。このまま寒気がぶり返さないでくれることを切に願います。

IMG_0588.JPG

突然ですが、「ぼこちゃん」。(口をつける前の写真です。)
1年前のかまぼこ大学の時デザイナーさんとのコラボレーションで制作したこの子たち。
上の写真は実は昨日撮影したものです。
降ってわいたような話なのですが、今年もとあるところから依頼を受けて試作しました。

どうなるかはわかりませんが、期間限定で東京のレストランで提供されるという話になっています。
昨年は展示のみを想定していましたが、実際にお客様のお口に入るとなると途端にハードルがあがります。
食感、保存性などなど・・・
何とか実現にこぎつけたいなあ。



今日は比較的穏やかな黒部市生地。

さて台湾のことでも書こうかと思いましたが、昨日富山テレビさんで生地蒲鉾のことを放送していただきましたのでそのことをトップページのお知らせにUPしました。
IMG_0546.jpg

この両面鯛、本当に大迫力の出来で僕も驚きの大きさと重さでした。
昔はここまで大きくはなかったけどもちょくちょくこういったご注文があったみたいです。
これをきっかけにいろいろと細工かまぼこの可能性にまた挑戦してみたいですね。

富山テレビさん、ありがとうございました。


昨日行われた kurobeアクアフェアリーズ対日立リヴァーレのVチャレンジリーグ、初めて見に行きました!

当日は関係者席っぽいところのコートと同じ高さでの観戦ができ、なんだか練習風景を見ているだけでどきどき。
プロスポーツをこんなに身近に観戦するというのは初めてです。
Vリーグ練習.JPG

以前ヴィッセル神戸のサッカーの試合をスタジアムに見に行ったのですが、そこも観客席とピッチとがとても近くで興奮した覚えがありますが、やっぱり観客が選手が近い作りの競技場はいいですね。

さてそのオープニングセレモニーで生地蒲鉾の鯛の細工蒲鉾が日立リヴァーレの江畑選手に贈呈されました。
Vリーグ鯛五輪.JPG

オリンピック代表選手でもある、江畑選手の銅メダルをお祝いする気持ちを込めて。
プレゼンテーターは黒部市長、もらった江畑選手はきっと驚いていたことと思います^^

そして肝心の試合の方は・・・

残念ながら惜敗。。
でしたが見ていて熱くなる、楽しい試合でした。

かまぼこの贈呈を決めていただいた関係者の方々にお礼を申し上げます。
今日は天気のよい一日でした。でもそのおかげで朝はとっても冷え込み、恐らく今年一番?の寒さだったと思われます。
ただ夕方からはまた風が強くなってきて明日からはまた天気が悪くなり、土曜日あたりには雪だるまさんが登場していました。。
防寒、防寒、と。
さて「にゃんかま」ですが、先日来ネットでのご注文が多くなってきた旨、報告させていただきましたが、やはり新聞に掲載されていた様子です。
その名も「水産経済新聞」!。以前も富山の酒とかまぼこフェアにいらしてた記者さんに少し取り上げていただいたのですが、今回は「にゃんかま」のみ単独で、しかも1面カラーの大きな扱い^^
ちょっと照れますね。

ネットでのご注文が増え始めたのも掲載翌日からということで本当にありがとうございました。
このにゃんかま、この記事で書いていただいた通り多くの人に生地蒲鉾の事を知って欲しくて作りました。
正直手がかかり過ぎて(笑)利益などは度外視している商品です。
(機械など導入して大量生産できれば違うのでしょうが・・・・・)
この記事がきっかけで今回もたくさんのご注文をいただいて新たなお客様が当社のこと、おいしいかまぼこの事を知っていただけ嬉しく思います。
水産経済新聞様、本当にありがとうございます。
昨日から今日にかけて「にゃんかま」のお問い合わせ、ご注文が急激に増えました!
どこかで誰かが(ブログかマスコミ?)PRしてくれてるのかな?

というわけで基本受注生産のものですので若干あったストックはあっという間になくなり、明日また急いで作ります^^

年末にかけて届いた人が笑顔になるように心をこめて「にゃんかま」つくりますよーー。

にゃんかま弁当斜めから.jpg

11月15日

そう、言わずと知れた「蒲鉾の日」でございます。

知りませんという声が聞こえてきますね。
ボジョレヌーボーの解禁日でもあり、坂本竜馬の誕生日であり命日でもあります。

業界団体はこれから繁忙期に入っていくので世間のみなさまの耳目を少しでも「かまぼこ」に集めようと考え制定したのでしょう。

でもなにもこんなにいろいろかぶっている日を選ばなくても・・・・
そして本当にじゃっかん繁忙期に入っているので大々的にPRする余裕も各社なくって・・・

ということで本日はかまぼこの日なのですが、世間的にはほとんど知られていなくて、恐らく生地蒲鉾の従業員もほとんど知らなくって、かくいう僕も先ほどfacebookで同業の方の書き込みで思い出したという始末。。

富山県蒲鉾組合青年部が定めた「細工の日(3月19日)」は覚えやすくて、仕事も忙しくなくっていい日だと思います。なんちゃって^^

もう一つ話題のニュースを。

昨日、内閣総理大臣が衆議院解散を宣言しました。(党首討論はニュースで見る限りかなり迫力がありましたね)
これを受けて12月16日の選挙が決定。
何もこんな年暮れの超多忙の時にしなくっても・・・

でも日本の将来がかかる大事な日です。

僕も恐らく体力的には一番きつい時ですが這ってでも選挙にいきます!

ものっすごい風と雨が昨日から続いています。
自転車での行きも帰りもなぜか向かい風的な感じだったのは被害妄想でしょうか・・・?

さて今日もたくさんたくさんお仕事をさせていただきました。ありがとうございます。m(_ _)m
特に今月は恐らく今年で一番細工かまぼこを作っています。

実はだんだんこの細工かまぼこの需要というのが減ってきているのはどこの蒲鉾屋さんも同じだと思います。
特に結婚式の引き出物での使われ方が一昔前とずいぶん違うのではないでしょうか。
その昔は引き出物といえば「細工かまぼこ」というのが定番だったとのこと。
06281920_4c28776beb2ba.jpg
今は・・・そんなことはないですよね?
僕も最近何回も結婚式に出席していますが、その多くがカタログギフト。
このカタログギフト、実に味も素っ気もないと思いませんか?(しかも想定金額がわかってしまい、その金額に達しない品物ばかり!)

昔みたいに細工かまぼこ全盛の時代がくるとは思いませんが、一つ一つ手作りで作り手や送り手の想いがこもった引き出物というのはやっぱり必要なのではないかなーと思います。
そういったものを生地蒲鉾でも考えて提案していきたいですね。
もらった人も送ったひとも喜んでいただける引き出物。

明日の天気予報では雪だるまが出ていました。
超防寒で頑張ります!

昨日は超暴風雨の一日でした・・・何か台風よりすごいんじゃないかってくらい風が強くって自転車で帰ったのですが、看板や物が飛んできてあたらないか不安な帰宅でした。

そして今日は最高気温11℃、最低気温8℃といよいよ本格的な冬を感じさせる日になりました。
すり身を触る手がかじかんで字とかうまく書けません(笑)

とまあ、荒れ模様の11月スタートだったのですが、いよいよ生地蒲鉾も出展している「富山を丸ごと〇〇する物産展」が楽天市場内に開幕しました。思えば今から何か月前だろう、こんな企画がありますよという知らせを聞きつけ右も左もわからず楽天に出店しました。

まだまだ勉強不足で運営方法などよくわからないことばかりなのですが、これからもっと充実させていきたいなあと。
ただし僕のメインの実務は現場でのかまぼこ製造ですのでこれから年末にかけてしばらくネット運営ができなくなると思いますが。。

明日は昼から晴れてくるみたいですね、あと一日頑張って仕事をします^^

週末です。そして明日から3連休の方も多いのではないでしょうか。
生地蒲鉾は土曜も祝日の月曜日も製造、販売行っております。

さて以前も書いたかもしれませんが、巻かまぼこの皮の話をしようと思います。
生地蒲鉾の巻かまぼこは「赤巻」「青巻」「しぐれ巻」「よもぎ巻」「昆布巻」の5種類あります。
title.jpg
このうち赤巻、青巻、しぐれ巻、よもぎ巻の皮(中のすり身を包むものです)は通常の成型方法ではない作り方をしています。

着色したすり身を、皮を作る成形機を通して2階建ての火のついたバーナーの中をくぐり抜け3段目で冷却し、巻き取る、そういった工程で別途できあがっています。
文章で書くと大変わかりづらいですね^^;
img04.jpg
富山県内のかまぼこ屋さんはほとんど同じやり方だと思うのですが、生地蒲鉾の特徴としてこの皮の厚みが大変薄い!
ということが挙げられます。

厚さは1mm以下!

皮がなかったら巻かまぼこではないのですが、この皮の食感が邪魔しても面白くないので極力薄く仕上げています。
その製造方法は職人技とも言えるのではないでしょうか。
(今月から僕はこの皮を作る仕事の研修をしております。ちょっとしたことですぐに失敗してしまうくらい繊細な仕事をしなければいけません、難しい!!)

皮の厚みを比べていただくのも面白いのかもしれませんね^^

最近朝晩は本当に過ごしやすくなってきました。
特に朝なんて僕が起きる時間はもう真っ暗といってもいいくらいで、空気もひんやりしています。
日中はまだまだ暑いのですが、それでも湿度も下がり、空も高くなんとなく秋になってきているのを実感してきました。

今日は昼から18名の細工かまぼこ絵付け体験。
新潟からのお客様でみなさん楽しそうに化粧鯛に絵付けをしていかれました。
07221011_4c479ac392969.jpg
みなさん個性的で見ているこちらとしてもほんわりとした気持ちになります。

絵付け体験、この夏はかなり多くのお客様にお越しいただきました。
多分100人はかるく超えていると思います。
正直利益という点では全く採算が合わないことなのですが、一人でも多くの方にこの細工かまぼこというものを体験していただきたいとの思いで行っています。
富山の細工かまぼこの文化が少しずつでも広がっていってもらえればなあという思いで一緒に楽しませていただいています^^
さすがに年末はちょっとできませんが^^;



残暑はまだまだ続きますが、9月に入っています。
おわら風の盆が始まりましたね。
8月お盆過ぎは少し落ち込んでいたかまぼこの生産も9月に入り婚礼用などで忙しくなることを祈っています(笑)

さてそれと先日行われた黒部のおみやげプロジェクトのモニター調査の結果が出ました。
味に関してはほぼ100%の方に評価いただき大変うれしく思っています。

ただ値段、デザイン、パッケージを含めた形態などまだまだ改良の余地がありますので9月2回目の試作品作りに向けてアイデアを煮詰めていきたいと考えていきます。
今回は本当にいい食材とめぐりあえたので、できあがった瞬間「おいしい」を直感しました^^

早く形にしてみなさまにお披露目できることを楽しみにしています。


先ほど夕方外に自転車を走らせたのですが、昼間とは違って風がでて気持ちよく感じられますね。

9月に入ればこの暑さもやわらぐはず と期待しております。

さて生地蒲鉾の休業日について今日は書かせていただきます。

トップページにも書かせていただいているのですが、8月、9月は例年と休みが違います。
9月は最終週を除いて全て土曜日が休みになっています。(週休2日がこんなに連続することはかつてないことです!)

ただし今年は少し例外的な年になりそうで来年7月以降は再びどうするか考え中です。
労働基準法の変更やなんやかんやでいろいろと影響を受けて急遽変更したという事情がありましてみなさまには今年、来年とご迷惑をおかけすることご理解賜りたく思います。

「にゃんかま」のことを書くのを忘れていたようです。

このたびトップページのお知らせでも書きましたが猫の肉球型のかまぼこ「にゃんかま」を発売しました。

生地蒲鉾のしなやかな食感のかまぼこと企画・デザインを手掛けていただいたピーノコーポレーション様のコラボレーションかまぼこです。

ここにくるまでずいぶん時間がかかってしまったのですが、何とか形にすることができました。

当面は受注生産(一つ一つが手作りになってしまうのです。申し訳ありません)という形でやっていこうと思います。

化粧箱も本当にすてきなものが仕上がりました。
プレゼントにおみやげにぜひご利用いただければと思います。

いつでもすぐに大量に手に入るという品物ではありません。

ちょっとずつ、ちょっとずつ生地蒲鉾の、富山の細工かまぼこというものが世の中に広まっていけばいいなと考えています。

にゃんかま2こ.jpg

ずいぶんと更新が滞っていました。。

相変わらず今週もいろいろありまして、仕事の方ではようやく黒部のおみやげプロジェクトの試作品を完成させて生地蒲鉾からは2種類の新製品のサンプルを提供しました。
一般の方にモニターになってもらう試食会が今日富山で行われるそうです。
どんな感想が聞けるか楽しみな一方不安もあります^^;

また東京の商社の方へ細工かまぼこのサンプルも送り、ひょっとすると海外へ細工かまぼこが・・・・
なんてこともありました^^

そして今週新聞記事でみかけた情報。(北日本新聞より)
IMG_2032.JPG
「青ジソに老化予防成分」との見出しで青ジソに含まれるポリフェノールが老化を予防する効果があるとのこと。

生地蒲鉾の人気商品の一つ「やわらか 青しそ」aojiso.jpg
これを食べて老化防止?に努めたいと思います(笑)

いよいよお盆休み突入。
黒部にもたくさんの帰省客、観光客が訪れています。
多くのお客さまにおいしいかまぼこを味わっていただきたいと思います。

明日だけお休みをいただいて13日からは普通に製造、営業させていただきます。


今日はぽっかり久しぶりに昼から何もない日でした。
やらなければいけないことはたくさんあるのですが、少し休もうと昼寝(エアコンなし)をしたら汗びっしょり。

暑い日が続いております・・・・・

さて今日はあこやーの体験施設から小学生たち総勢60名が細工かまぼこの絵付け体験にお見えになられました。
小さな工場ですので60人はきつかったのですが、なんとかみなさん絵付け終了できたみたいです^^

色とりどりのかわいい鯛のかまぼこができあがっていました。

ということで夏休み本番、8月だけで結構な細工体験のお問い合わせをいただいています。

※できる限りお応えしたいのですが、仕事の都合などで場合によってはお断りや日にちの変更をいただいていることもあります。
申し訳ありません。
今日から8月1日。

このHPもオープンして3年目を迎えました。
おかげさまでここまでは順調に来ています。

当HPからかまぼこをご購入いただいているお客様も年々増えてまいりました。

そして何より、HPを見ての問い合わせが年々増加しています。
特に細工かまぼこ関係の取材だけでも年に何回も受けるようになりました。

調べ物や興味のあることは全てネットで検索からスタート。
この流れは今後衰えることはないでしょう。

そして今年新たな挑戦として日本最大のショッピングモールである楽天に出店しました。(http://www.rakuten.co.jp/ikujikamaboko/index.html

(とりあえずオープンだけしたという状態でとても恥ずかしいのですが・・・)

少しずつ品ぞろえを増やしやデザインに改良を加えていきたいと思います。

生地蒲鉾のかまぼこをできるだけ多くの人に味わってもらいたいとの気持ちでいっぱいです。
全国に富山の、黒部の生地蒲鉾を知っていただくために頑張ります。




毎日毎日暑い日が続いています。

オリンピックでは毎日暑い熱戦が続いていますね。
ついつい昨日は夜更かしして柔道の決勝戦を観戦。金メダル、銀メダル!

おかげで睡眠時間が極端に少なくなってしまっています。夏バテしないように気をつけないといけませんね^^;

今日は夕方群馬からのお客様がお見えになられました。

群馬県は海なし県。スーパーに並ぶ魚の種類がやはり少ないようです。

富山の細工かまぼこや富山県独特の巻蒲鉾などのお話をさせていただきました。
やはり珍しいようで関心を示していただいたようです^^

僕も全国の練り製品の状況などは詳しく知らないのですが、日本全国各地でその土地独自の練り製品があり様々な食べ方をされています。
なかなかそういった食習慣の中に生地蒲鉾のかまぼこが入っていくのは難しいのかもしれませんが、富山の伝統である細工かまぼこや巻蒲鉾、そして海の幸満載の「地曳」などなど全国の人に味わっていただきたいと考えています。
ネットでの販売ももう少し頑張っていかないといけませんね。




ここ2日間、家に帰ってずーっとPCの前でiphoneを握りながら電話でとある指導を受けています。。。
電話って2時間連続ですると耳が痛くなるんですね。。。

じっくりと本当は自分でいろいろ試しながらやりたいのだけど、こんな時に限って時間がない!

製造現場もお中元用やお盆用の仕込みに入る時期で大変忙しくなっています。
が、残業が慢性化しているのが気になるところです。

そうそう、今日新食材を用いた試作品を食べてみました。
感想は・・・

めちゃくちゃうまい!
小さく切った試食用のかまぼこがまな板の上からあっという間になくなりました^^;

これは絶対に商品化します。お楽しみに^^
日曜日、ホテルグランミラージュでのブライダルの展示会にいってまいりました。
IMG_2861.JPG
県外の方からしたら結婚式でかまぼこというのも驚かれるかもしれませんが、富山県では普通に引き出物として細工かまぼこを贈る文化が継承されています^^

ということで当日も生地蒲鉾の他に2社。

他社の細工かまぼこを見てこっそり勉強もしてきましたよ!

日が明けて今日は月曜日。

朝から晴天で夏らしい一日に。
午前中いっぱい製造現場でかまぼこを作って午後からはまた富山で楽天の出展者勉強会。

今回は実務的にPCを操作しながらの勉強会でした。
3時間受講したのですが・・・

ちょっとやばそうです。
何やらすごーく時間がかかりそうなことだけはわかりました。。。。

とにかく頑張ります^^;


今日はいよいよ包装機とそれと連動する真空包装機の搬入の日。

昨日までの雨が嘘のように午前中から雨が降っていなくて絶好の搬入日和?になりました。

今思っても本当に昨日のような雨じゃなくてよかった!!

午前9時スタート。
まずは搬出作業。真空包装機→ピロー包装機の順番で搬出します。
IMG_2802.JPG
そして掃除が終わってから今度はピロー包装機→真空包装機の順で搬入。

こうして文字で書いてみるとあっという間ですが、これが大変、大変。。
IMG_2804.JPG

生地蒲鉾の前の道は道幅がそんなにない割にメインストリート的でありまして、バスも通るのです。
したがって機械の搬入の際は車が通るタイミングを見計らって一気に入れてしまわないといけません。
これが思ったよりも気を使い、大変な作業になりました。
それでもなんのアクシデントもなく作業は午前中で終了。

そしてお昼を食べてからはセッティングと機械の連動確認。

ここでかなり時間がかかり、最終的に本日の終了は19時に。
朝の早い時間から夜まで一生懸命作業してくださった関係各位に感謝いたします。

そして明日からもしばらくセッティングや調整、お願いします。

おかげさまで今年の年末、包装に関しては不安がほとんどなくなりました。

7月がスタートです。(昨日からですけどね)

昨日は黒部は大雨といっていいくらい久しぶりに雨が降り続いたのですが、今日は曇り後晴れ。

そんな7月1週目ですが、今日は白えび関連の商品を大量に作りました。今週は白えび週間の予定です。
とあるお客様から大型のご注文が舞い込んでいます。

この商品、一度に大量生産ができません。
一つ一つすり身の方をつくり、その上になんと1匹ずつ白えびをのっけていくのです。
そして座り工程、蒸し工程、焼き工程、包装、2次加熱、冷却、梱包・・・・
など実に手間暇がかかる仕事です・・・
しろえび.JPG
であるからこそ、おいしいのだと思います^^

とにかくお中元商戦も真っただ中ですが、頑張っておいしいかまぼこいっぱい作りますよー!

昨日土曜日は富山県蒲鉾組合青年部(蒲友会)の総会と懇親会。

15時~役員会
16時~総会
16時半~ニッスイ様からの現況説明
17時半~懇親会

という流れだったのですが、ニッスイ様のすり身に関する現況説明がとても興味深かったです。
というより、すり身の動向もそうですが、現地(アラスカ ダッチハーバー)に長いこと住んでいた方でしたので説明が一つ一つリアルで実態に即したお話という印象を受けました。
またアラスカの風土や歴史などを写真を見ながら解説いただき、アラスカが身近なとこに感じました。

かまぼこ屋たるものいずれかはダッチハーバーに!との想いがあると思いますが、僕も強く感じました。(といっても時間的、金銭的な壁が大きく立ちふさがっているのですが・・・・)

ちなみに生地蒲鉾で使用している原料のすり身は90%近くがこのベーリング海でとれたスケソウダラです。鮮度の良い状態で冷凍されたものだけを厳選して使用しているのでおいしく弾力のあるかまぼこができあがります。

(写真はダッチハーバーの港町の風景。イメージでのせました)
ダッチハーバー.jpg

腰の具合も少しずつ良くなってきました。
本日は8時~出社。

9時から宇奈月小学校の3年生40名が工場見学に訪れてもらいました。

僕は工場の中をぐるっと案内。
一番の見せ所はやはり細工かまぼこのところ。
大きな鯛に絵付けをするところではいつも歓声があがります^^

そしてもう一つ声があがるのが、かまぼこのおみやげを持って帰ってもらうとこです。
たった1個の小さなかまぼこ。

でもこどもにしては嬉しいのでしょうね。その気持ち、僕もわかります。
自分がこどもに戻ったような気持ちになる瞬間でした。


さあ、今週もはじまりました。
またしても月曜日は雨というスタートとなりましたが、生地蒲鉾は婚礼その他の細工かまぼこ製造に追われる月曜日となりました。
そして今日から、ミニこいのぼりが黒部市内のスーパーで陳列されることとなりました。
今年初めての取組ですのでどういった反応があるのかわかりませんが、とりあえず明日もまた生産することにしました。
数量が少ないのでひょっとしたらすぐになくなってしまうかもしれません。
IMG_2446.JPG
「高品質の細工かまぼこをお求めやすいお値段で」をコンセプトにこれからも変わった細工かまぼこを投入していくつもりです。
第2弾はもう少しで登場します。今から楽しみ^^

春爛漫は昨日一日で終わってしまったのでしょうか。
今日は朝から強い風と雨。
こんなに天気の悪い富山県が本当に幸福度全国上位と言えるのでしょうか?

と、天気の悪いのを愚痴ってばかりでもしょうがないのですが、今度発売するミニこいのぼりのお話書かせていただきます。

今年初めてミニこいのぼりという細工かまぼこを販売します。(webサイトからもお申込みいただけます
実は今までもこいのぼりかぶとといった子どもの日関連の細工かまぼこがあり、特にかぶとなどはたくさんのお客様にお買い求めいただいていたのですが、値段が少々高い・・・
かぶと.jpgこいのぼり.jpg
そこで採算度外視、より多くのお客様に喜んでいただくためにミニこいのぼりを作りました。
ピンクと青の2匹?入りで525円の超お値打ち価格で販売させていただきます。
食べておいしい、見て楽しいに加えてお買い求め安いというものをプラスさせていただきました。

ミニこいのぼり.jpg
県内スーパーでも期間限定でおいていただくようにお話中です。
今年の子どもの日は劇的に忙しくなる!ことを期待しています^^

食卓にのぼったミニこいのぼりを見て子どもたちが喜ぶ姿を想像して明日からの仕事の活力にします。
桜はまだか、と思っていたのですが黒部でもちらほら咲いているとの情報が入るようになりました。
今週末が花見のピークになりそう?

さて業界紙を読んでいたら各都道府県庁所在地での練り製品支出金額ランキングなるものを見つけました。
2011年度のデーターでトップは仙台、2位に長崎となっています。
復興特需の仙台は大幅増ということで復興の足がかりになることと思い読んでて嬉しくなりました。
そして2位の長崎は産学官が連携して長崎おでんを広く県民にPRし、こちらも大幅増だったようです。

富山市はかまぼこ部門で4位にランクインしていましたが、揚げ物やちくわは恐らく下位。(手元に資料がないので忘れました)
富山県ではなぜかちくわ、あげものの需要が少ないのですねえ。

かまぼこが上位にきているのが救いです^^
生地蒲鉾は黒部市の会社ですのでこのデーターには貢献できていないと思いますが・・・
先日行ってきたときのかまぼこ大學の写真をいくつか掲載していきます。
iphoneのカメラですからあまりきれいにとれなかった。。。

IMG_2369.JPGIMG_2368.JPGIMG_2366.JPGIMG_2364.JPGIMG_2363.JPGIMG_2360.JPGIMG_2358.JPGIMG_2356.JPGIMG_2355.JPGIMG_2348.JPGIMG_2337.JPGIMG_2338.JPGIMG_2353.JPGIMG_2359.JPG

多種多様な創作細工かまぼこや新形態のかまぼこが展示されています。
25日まで高岳芸文ギャラリーで。



昨日から今朝にかけて雪交じりの黒部市です・・・・

そんなわけですが、今日もたっくさん結婚式用の細工かまぼこ作りました。

昨日に引き続き本日は大型の5kg級の鯛が3匹。

今週は計8匹仕上げました^^

生地蒲鉾の鯛の塗り方では・・・
①胸から尻尾にかけてピンクをかける
②腹の部分に白をかける
③ピンクの上から赤をかける
④顏、胸ひれ、尻尾、目玉を描く

という工程をどの大きさの鯛でもするのですが、①~②、そして②~③の時に鯛をひっくり返すのですが
このくらいの大きさの鯛になると逆さまにするのも結構な迫力です。
大きな台ごと動かすので場所もとります。

そうやって2日間(成型で1日、化粧で1日)かけて鯛ができあがるのです。

しかし今週は本当にたくさんご注文をいただき感謝感謝です。

昨日のかまぼこ大学のレセプションの報告はまた後日できればと思います。
とても楽しく、刺激的なパーティーになりました。



多分これが500件目のエントリーだそうです。
2年前から始めていますので中身は日記程度なのですが、なかなかの頻度で更新できているのでは?

さて昨日は夕方から会合があったため見逃したのですが、
「かまぼこ大学」ニュース番組で結構取り上げてくださったみたいですね。

今朝会社に行くといろんな方から「出てたねえ」などと声をかけられました。
今朝の北日本新聞にも大きく載ってたし。
IMG_2345.JPG

本当にこうして注目してもらえるのはありがたいですね^^

細工かまぼこと言えば今週は大型のご注文がたくさんあります。

今日も生地蒲鉾で一番大きい特3のサイズ(5kg以上!)の鯛が5個。
特3鯛.jpg
その他にも重量級サイズの鯛がドン、ドン、と並べられ結構な迫力でした。
それに全て化粧させていただき本当に幸せです。

さてこれから高岡へと向かいます。今週はなかなかハードな日々が続きます。。。


かまぼこ大学、ついに今日開校です!

富山県蒲鉾組合青年部、通称「蒲友会(ほうゆうかい)」で3月19日を「さいくの日」と勝手に決めて細工かまぼこに関する事業を毎年行おうと数年前に決めて今年は県内若手クリエイターたちがアイデアやデザインを出し各かまぼこ屋さんがそれを具現化する、というテーマで行いました。
時間のない中での作品作りとなりましたが、僕もいくつか創作かまぼこを作りました。
制作過程では今までにはないアイデアやデザインではっとさせられることがたくさんで今後の細工かまぼこ作りにいかせそうなアイデアをたくさんもらいました。

昨日は朝から夜まで高岡芸文ギャラリーで展示のお手伝い。(といっても素人の自分ができることはほとんどないのですが^^;)
そしてついに今日開校の運びとなりました。
あいにく僕は仕事と夜の会合のために開校式には行くことができなかったのですが、たくさんのマスコミも来ていただいたみたいですのでその様子が放映、報道されるのが楽しみです。

こうした地道な活動を繰り返していくことで富山県の伝統である細工かまぼこの技術が後世に継承していきたいと思います。そのためにも県内のかまぼこ屋さんが団結して今回みたいに外部の方のアイデアや刺激をもらうのもとっても良いことだと考えます。

明日はレセプションパーティが開かれるみたいですので僕も参加してきます^^
IMG_2340.JPG

写真は昨日の準備中に撮影したものです。明日たくさん写真撮ってこようと思っています。

ここ数日各種団体の会議や勉強会などで夕方からでかけることが多く更新できませんでした。

さて遅くなりましたが、全国蒲鉾品評会で生地蒲鉾が細工蒲鉾の部で水産庁長官賞、蒸しかまぼこの部で笹やきチーズが大日本水産会長賞を受賞しました!!

ダブルでの受賞、とっても嬉しいです。細工の部には社長製作の「がんばろう 日本」。

日の丸を中心にすえた復興を祈願した力強い作品です。

品評会受賞.JPG

(3月14日北日本新聞)

そして笹焼のチーズは昨年から新商品として発売したもの。数あるチーズ系かまぼこの中でも評価いただいたことが嬉しい!

また富山県の蒲鉾屋さんは細工かまぼこに必ずといっていいくらい出品していて、中には「これはすごい!」といった作品もありました。

審査会に各蒲鉾屋さんが出品して「細工かまぼこといえば富山」といったイメージを強くしていくことは大事なことだと思います。

そしていよいよ来週の月曜からはその細工かまぼこの事業、「かまぼこ大学」が高岡で開かれます。

僕もいくつかつくりましたので楽しみにしています。^^

 

 

寒い寒い1週間の始まりになりました。。

これが本当の最後の寒波だと信じています・・・

3月は長ーい冬もようやく終わりが見えて、卒業、年度末、決算など節目の月ですね。
4月の新たなスタートに向かっていろいろ動きが出てくる時期です。

かまぼこ業界でも1月2月は年末の反動もあり、わりかしのんびりとしているのですが、3月からは結婚式も増えてきて本格的な細工かまぼこの繁忙期に入ってきます。
今日も生地蒲鉾ではたくさんの細工かまぼこを作りました。

さてこの細工かまぼこ、こちらでも何回か取り上げましたが、県内のかまぼこ青年部、通称「蒲友会(ほうゆうかい)」が3月19日の日を細工の日と決めて毎年様々な活動をしています。

今年は県内の若手クリエイターさんたちと一緒になって細工かまぼこの可能性に挑戦し、展示する形式になっています。
僕もいろいろと試作してみてとても楽しく、また勉強になりました。

その記念イベントの案内用DMが今日届いた!
3月19日~25日にかけて高岡の「geibungallery」で様々な形の細工かまぼこが展示されます。
名称は「かまぼこ大学」!!
IMG_2302.JPGIMG_2305.JPG
もちろん僕も入学します。

どんな感じになるのかなあ^^



冷え込みました。予想通りです。
多分-5℃くらいだったのではないでしょうか。

てっかてかに道路は凍っていましたがそろそろ運転で自転車通勤しました。

でもそ7時前には太陽が昇りはじめとってもいい天気になりましたね。
配管工事のため屋上に上がったとき海の方を写真にとってみました。

IMG_2230.JPG

話しは変わりますが、先日黒部市の石田小学校の3年生が細工かまぼこの体験学習にきてくれた時の感想文が会社に届いていました。
IMG_2222.JPG

全ての生徒たちが書いてくれたみたいで、どの子もとっても上手な字で体験学習の思いが綴られていて読んでいるこちらの気持ちが暖かくなってきました。

かまぼこを制作した体験した子どもたちが喜んだだけではなく受け入れたわたしたちの方も元気をもらっちゃいました^^


またもや寒波襲来からの1週間のスタートです。

今週から3月に突入しますがなかなか暖かくなりませんねえ。
でも明日以降は気温も高まってくるようです、期待しましょう。

今日はかまぼこ品評会用の細工かまぼこの写真を撮影しました。
社長の力作です。
もう少ししたらご紹介できるかと思います。

その細工部門以外にも4商品を出展。
この品評会、全国のかまぼこ屋さんから多くの品物が集まります。
その中から賞に選ばれるのはとても難しいのですが、過去に生地蒲鉾でもいくつか水産省長官賞を受賞しています。

昆布、笹焼き、えびのせチーズ、白えびなどを考えていますが今回のために特別作った品物ではなく普段販売している商品をそのまま出品します。
今回もどれかが選出されることを期待して明日審査会場へ郵送します。
冬将軍が居座り続けています。
すごい寒さですが、ここ数日創作意欲が高まってきています。
一つは細工の日に向けた蒲友会共通の課題への取り組み。
一つは外部の会社との共同でに新商品開発。(この案件だけで4件あります。)
そしてもう一つは自社製品の見直しを含めた新商品の開発。

たくさん挑戦することがあり、年末まで製造一辺倒だったのが頭を使った商品開発に移ってきています。
そして今日とある県外の会社様から業務用にかまぼこの受注が決まりました!

既存商品を少し加工したオリジナル商品の提案でしたので決まってよかったです。
お客様のご要望に応じた形での製造というものにも積極的に対応いかなければいけないと思っています。

どんどんおいしくて新しいかまぼこ作っていきたいです。
今現在、黒部市はどしゃぶりな天気です。
仕事が終わってお昼ご飯を食べてこれから今日は高岡へと向かいます。

県のかまぼこ組合青年部の集まりがあるため。

今年の細工の日(3月19日)の事業は面白いことになりそうです。
まだ詳細は決まっていませんが、なかなかに期待しちゃいたい気分です^^



ようやく生産のピークを越えたようです。
昨日は化粧鯛1200枚、小巻約1万本以上を生産しました。
生地蒲鉾のように手作りを基本としている会社の持てる生産能力の全てを発揮した日だったのではないでしょうか。

そして今日は昨日の半分くらいになりまして、久しぶりに製造部門のみなさんは定時(3時40分)に帰れました。
もちろん地元スーパーさんなどに配達する人や事務所の方々はまだまだ一生懸命頑張っています。

そして全てが終わる12月31日の午後から一気にシーンとしてしまいます。
この落差をなんとかせねばなりませんね^^;

とにかくあと2日あります。ここで気を抜いたら風邪ひいてしまいそうなのでもう少し気を張っていきます。


実は今日は天皇誕生日で祝日だったのですね。
そして予想どおりとても寒い一日でした。

それでも毎日毎日充実感を感じながら仕事ができるっていいですね。
早くも年明けの暇なことを思い出して今が一番幸せなときかもって思っています。
少しは余裕が出てきたのでしょうか^^

突然告知です。
12月25日(日)朝6時15分~NHKの「たべもの一直線」という番組でかまぼこ特集をやるそうです。
なんとその中で弊社、生地蒲鉾の細工かまぼこを取り上げていただけるとのこと。
もちろん会社名などでないと思いますがなんといっても全国放送です。
ありがたいことです。
これも今まで細工かまぼこにこだわってきた職人さんたちのおかげと思っています。

どれくらい放送されるかわかりませんが今から楽しみ。
僕の中でのクリスマスプレゼントにします。
当日は仕事中ですが・・・・^^;
今週も無事に仕事が終わりました。

と言いたいところですが、実際は小さなハプニングがいろいろあったりして^^;
実は今日も朝すり身のらいかいに欠かせないブレンダーのふたが閉まらない!というトラブルが発生しました・・・・・!

昨晩は黒部市の某会社様の新社長就任パーティーに出席してきました。
魚津市のグランミラージュ。
地元生地出身の新社長様、ふだんから生地蒲鉾をごひいきにしていただいているのもご縁ということで、お祝いに会社から鯛のかまぼこを進呈させていただきました。
本当にいつもかまぼこを買っていただいて感謝感謝の気持ちでいっぱいです。

さてそんなこんなで少々帰宅時間が遅くなってしまったのですが、今日もめいっぱいかまぼこ作りました。
お昼頃には東京からお客様、じっくり年末の打ち合わせもできました。(日帰りでお疲れ様でした)

夕方17時頃仕事も終わり「かまぼこ通信」を見てみると面白記事を発見しました。
iphone用のカバーでかまぼこバージョンが!
これです
鈴廣ケース.jpg

面白いですねー。鈴廣様との共同開発?らしいです。誰かリアルでしてる人いるんでしょうかねー^^


日に日にブログ更新が怪しくなっています。

それでもこれだけは。

今日11月15日はかまぼこの日。

他にもいろいろメジャーな記念日があるようなんですが、世間一般にかまぼこの日と認定

されるまではまだまだ時間がかかるんだろうなあ。。。。

何かいい方法を考えたいものです。


今週はどんより曇り空スタートです。

それと気温も朝からあまり上がらずここにきてようやく秋が深まってきた感がありますね。
先週の温度の高さはちょっと異常でした。

生地蒲鉾伝統の「すわり」は温度管理が一番大事なので急激な温度変化に対応するのが難しいのです。
「すわり室」の温度の調整もこれから難しくなってきます。

さて今日もたくさん、たくさん鯛を作りました。
100枚以上の鯛がきれいに化粧を施されて仕上がっていきます^^
充実した一日になりました。

明日は今日中に仕上げられなかった細工のかたものの化粧が待っています。
頑張ります。





今日の黒部市は暑いくらい?だったようですね。
伝聞調なのは、一日ほとんど工場内にいたので
天気がいいなあくらいはわかっていたのですが、あまりに仕事に集中しすぎていました・・・
ということで朝5時半から夕方4時半くらいまでずーっと工場で仕事。
(お客様と電話も多かった!)

今年はなんだかやばそうな雰囲気が漂っています。。。
この時期から残業だと本格的な年末がきたら・・・・

でも今年は工場内の工程を見直す挑戦をしてもらっていますのである程度時間が伸びるのはしょうがない部分もあるのです。

不満を言わず一生懸命にすぐ実践してくださる皆様に改めて感謝、感謝です。
きっと成果が出ると信じて明日からも頑張ります。
東京で開催された「とやまの酒とかまぼこフェア2011」から戻ってまいりました。
東京はびっくりするくらい暑かったです。。。
そして会場も例年通りの熱気!
生地蒲鉾のブースにもとってもたくさんの方が足を運んでくださりたくさんかまぼこを買っていただきました。
本当にありがとうございます。
酒とかまぼこ2011冷蔵庫.jpg酒とかまぼこ2011横から冷蔵庫.JPG

おかげさまで昨年よりもずいぶんと売れ行きが良かったです。
毎年参加させていただいていますが、売上で前年を下回ったことがありません。
場者の数はあまり変わっていませんが、それだけ生地蒲鉾のことを評価していただいた結果だと思います。
これからも努力しておいしかまぼこを作り続けみなさまの満足を追及していきます。

スカイツリー.jpg
翌日ホテルからさほど遠くないということで一人で東京スカイツリーに行ってきました。
まだ周辺の工事はしてましたが、タワー自体は完成していて青空にその頂をはっきりと見ることができました。
こんなに見上げたのは初めてでした。
横には「うえをむいて頑張ろう、にっぽん」の看板が。
タワーを横にしてはうえをむかずにはいられません。
スカイツリーがんばろう日本.JPG


僕も頑張ります。



今日はいろいろなメールをたくさんいただきました。
残念なものもあったのですが(笑)、
心が洗われるような感動するメールもいくつかいただきました。


実は昨日目の上を切ってしまい、ちょっと流血してしまいました。
思った以上に血が流れたのでびっくりしましたが、たいしたことなくて良かったです。

今日は新作笹焼き「しろえび」を製造しました。
ここに来るまでいろいろありましたが、やっと製品化できました。
白えびのかおり豊な仕上がりとなり、また笹焼きシリーズですのでお買い求めやすい値段設定になっています。
紹介はまた近いうちにHPにUPしたいと思っています。
これで「チーズ」とならんで笹焼き新商品が完成しました。

暑い日が続きます。。
今日の富山の予想最高気温は31℃とのこと・・・
あれ、おかしいな?・・・

さて、こんな資料を見ました。

昆布値上げ.jpg
2011年、値上げの風が吹きまくっています。
原料であるスケソウすり身はやっと価格が安定してきたところなのですが・・・・
昆布はすり身の次に生地蒲鉾では原料として大きなウエイトを占めます。
頭が痛くなるニュースが多いですね。
昨日の生地魚市青壮年部のボランティア活動が様々なメディアに露出したらしいですが、僕は見るの忘れていました^^;

さて新商品、いよいよ今週には完成できそうです。
笹焼きに2つのアイテムが新登場です。
近日中に撮影してこのHPにも掲載する予定ですのでお楽しみにしてください^^
暑い日が続きます。体調管理に気をつけないといけないですね。

台風が過ぎて突然涼しくなりました。
さて昨日はいろいろと活動したのですが、
昼から富山市の酒造組合で行われた「富山の酒とかまぼこフェア2011」の出展者説明会に出席してきました。
同イベントは今年で多分4回目。
生地蒲鉾として毎回参加させていただいています。
とにかくこのイベントはお客様が熱心。
いろいろ試食、試飲してとてもたくさんかまぼこを買っていってくださいます。
(富山で同様のイベントをした時には試食だけでほとんど終わっていきました・・・・・)

というわけで告知です。
富山の酒とかまぼこフェア2011
時 2011年10月16日(日)
場所 東京交通会館(有楽町駅そば)

詳細はいきいき富山館のHPをご覧ください。
酒とかまぼこフェア2011.jpg

現在券の方はまだ余裕があるようですのでお問い合わせください。
大満足のイベントになると思いますよ。






昨日お話しとおり、今日は大勢お客様がまいりました。
なんと外国から。
JICA様を通して日本の漁業関係のことを研修しに来ている総勢14名の異国の方々。
主に東南アジアの方が多かったみたいです。
なぜ生地蒲鉾のような小さな会社を・・・
という疑問はありましたが、精一杯かまぼこの作り方、原料のこと、日本の練り製品事情などなど2時間程度ご説明させていただきました。
しかし大勢に囲まれた時のプレッシャーはきつかったです^^;
実は今回で3回目ほどで黒部での漁業体験はパッケージになっているらしいです。
ご一行はこの後氷見まで行かれるそうです。

見学の中でもひときわ注目されていたのが
「細工かまぼこ」
鯛に化粧を施すところでは「Great!!」など拍手が沸き起こっていました^^
その他のところでも熱心に質問したり、メモをとってたりしました。
彼等はそれぞれの国に帰れば地位のある方々、少しでも参考になることを持ち帰ってもらえたら嬉しいです。
最後にみんなで練り製品の代表的なものをいくつか試食したのですが、ちくわ、天ぷら、はんぺん、蒸し蒲鉾、巻蒲鉾などほとんどすべて食べつくしていました。
練り製品って万国共通のおいしさなんですね。
最後にみんなで記念撮影。
とってもフランクで名刺を持っていってもらい、このHPにアクセスしてください。
と言っておきました(笑)
JICA.jpg




お盆を過ぎてもなんやかんやすることが多かったりします。
ありがたいですね^^
今日突然ある会社から「うちの社長が御社のかまぼこを食べておいしいと言ってたので一度うちの店で扱えないかと思い電話しました」という何とも嬉しい電話をいただきました。
これに限らず、生地蒲鉾のかまぼこはそのしなやかさや味わいなどで特徴のある仕上がりですのでこういったお問い合わせはたまにあります。
今回は関東方面で複数店飲食店を経営する店舗様からのお問い合わせでした。
食品製造業としてこれほど嬉しいことはないですね。
「商品が営業マン」という考え方は昨今あまり良いとはいえないと思いますが、自社の商品をおいしいと認められるのは最高ですね。
まだ見ぬ東京近郊のお客様のお口に生地蒲鉾の笹やきが入ると思うと不思議で嬉しいです^^
大量生産はできませんがおいしさにこだわってこれからも蒲鉾を作ってまいります。
おいしいかまぼこを作り続けていくモチベが上がってまいります!

昨日一日製造はお休みさせていただきました。
そして今日月曜日。
蒲鉾が少し足りない状態だったので急きょ「やわらか しそ」や「化粧鯛」など大量に作りました。

お盆のまっさ中でしたが、朝早くから従業員のみなさん汗だくになりながら全員出勤で蒲鉾製造、配達にいそしみました。

かまぼこを買っていただくお客様、かまぼこを作って配達してくれる生地蒲鉾の社員のみなさまに感謝ですね^^

明日も絶賛製造、営業中です。帰省されるお客様、ぜひおいしいかまぼこをお土産にどうぞ^^

久しぶりに夏空が戻ってきた黒部市内です。

今週はまた暑くなりそうなので熱中症には十分注意ですね。

さて以前も書きましたがかまぼこ業界を取り巻く添加物関連の値上がりが激しいです。

7月30日号の業界紙でもそのことを大きく取り上げています。

馬鈴薯澱粉の値上げがその中でも大きいのですが、一部会社では馬鈴薯澱粉からタピオカ澱粉に切り替える動きもでてきているそうです。

生地蒲鉾ではこういう状況ですが従来通りの値段、そして原材料で頑張っていくつもりです。かまぼこ新聞.JPG

今日で一週間のお仕事終わりました。なかなか密度の濃いい毎日だった気がします。しかも暑いし。。

さてここ最近よく耳にするのが副原料や包装資材の値上がりといった話です。

実は先日も「やわらか」に貼っている大葉が次の注文からいきなり約2倍になる、という話をされました。

なんでも震災の影響で(詳しくは書けませんが)そこの農園に注文が殺到しているということ。これって値上げの理由になるんですか?

もちろん弊社としてはそんなに一気に値上げされたらたまりませんので別の生産者を探すべく業者さんにお願いしました。

この他にもかまぼこに欠かすことのできない塩も2割くらいあがるとのニュースを見ました。また馬鈴薯でんぷんも毎年値上げされています。

包装資材のフィルムも秋くらいには再度値上げの要請がくるみたいですし全くもって頭の痛くなる状況です。

せめて少しくらい値下げの明るい情報はないもんですかねえ・・・

と暗くなっても仕方ありません、お盆に向けてたくさんおいしいかまぼこ作っていきます!

このたび生地蒲鉾の「細工かまぼこ用パンフレット」を新調しました。

といっても中身(掲載商品)は前回のものとほとんど変わっていないのですが^^;

以前のものはページが分かれていたり、小さかったりといった問題点を感じていました。

部数が残り少なくなってきたこともあり、思い切ってスタイルを変更しました。

新しいパンフレットでは一目でその商品が一覧できる工夫をしました。またカテゴリー別でも分けましたのでお客様からはかなり見やすくなったものと思います。

しかし、ずーっと続いてきた装丁を変更するということは思い切りが要りますね。。

当初は中身もがらっと変えようと思ったのですが、生地蒲鉾の伝統ある細工かまぼこの作品をそのまま使いました。

いいものはそのまま、変えなきゃいけないものは変える、その分岐が悩ましいところです。

早く今の形のパンフレットになじんでいただけたら幸いです。

 

(下の写真は僕が部屋でiphoneでとったので雑ですが、実物はもっときれいです^^;)

パンフ3.JPGパンフ2.JPGパンフ4.JPGパンフ1.JPG

 

黒部に大雨洪水注意報が出されるくらいすごい雨の一日でした。

市内ではじんじん祭りが開催されているのに残念な雨でしたね。

さて昨日は全国蒲鉾組合連合会の全国大会に行ってきました。

といっても僕は若僧なのでただのお手伝いや懇親会のみの出席でしたが^^;

全国から大勢の同業者たちが富山に訪れていただいて盛り上がっていたのではないかと思います。もちろん震災で影響を受けている同業社はたくさんいますので華やかな雰囲気とはほど遠いのですが。

全国蒲鉾組合連合会富山大会.JPG

懇親会ではたくさんの方とお話する機会もありましたし、情報交換もできました。

といっても昨今twitterやfacebookで繋がっている方もいますのでアイコンなどで拝見している顔もあり久しぶりといった感じもしないでなんだか不思議。

懇親会後の2次会では僕がずいぶん前から気になってた商品を出している会社の社長様と話しする機会もあり、いろいろ教えていただきとても刺激になりました。

やらないかんなあーという気持ちがますます強くなった昨日の全国大会だったのです・・・

 

明日は昼から富山にむかい、そのまま夜は会合の予定です。

なにかと申しますと全国蒲鉾組合連合会の全国大会が富山県で開催されるのです。

正式な名称はちょっとわかりませんが((笑)、先日行われた蒲鉾品評会の表彰式や業者大会、懇親会が催されるとのこと。

生地蒲鉾でも富山県知事賞を受賞しましたので多分表彰されるのでしょう。

毎年全国のかまぼこの名産地などで開催されているらしいのですが、今年は震災の影響もあり東北地方の同業者の方の出席は難しそうです。

それでも全国から同業者が一堂に会する機会はなかなかありませんので交流を深めてきたいと思います。

 

 

 

今朝も最高の天気でしたね。

出勤時は空気も澄んでて山の稜線がくっきりと見えてどこかに出かけたくなるくらい気持ちのいい朝でした^^

そういえば昨日かおとといの新聞に新湊のかまぼこ屋さんが新商品を発表との記事が出ていましたね。

なんでも県立大学との共同研究で商品完成まで4年の歳月がかかったとのこと。

あきらめないすごい努力です。

そしてかまぼこの分野で新商品を発表したことに同業としてすなおにうれしく思います。

負けてられない!

ということで今日もまた以前から取り組んでいる商品の試作を行いました。

これで10回目になります。

が、なかなか思うようにいきません。。。。

正直へこみそうになります。

でも失敗とはあきらめること、アイデアは百万通り、などの言葉を思い出しまだやります。

4年にはまだまだ時間があるのだから。

 

 

今日はこどもの日。

生地蒲鉾ではこどもの日に向けての細工かまぼこ、「こいのぼり」「かぶと」を今年も大量に作りました。

完全受注生産でしたのでご注文をいただいてから一つ一つ作りました。

ですのでこのGWの通常かまぼこ増産と重なり、おかげさまで大変忙しく仕事させていただきました。(ピークは越えたかな?)

ご注文していただいたお客様には感謝しております。ありがとうございます。

今頃家族で楽しく、おいしくかまぼこを召し上がっていただいていればこんなに嬉しいことはありません。

我が家にも小さな子どもが二人ほどいます。

もうすぐ5歳と3歳のちびたち^^

毎日叱ったり、怒鳴ったりしていますが、何より健康で成長してくれることを心から祈っています。

これからも元気でいてくださいね。

今日はみどりの日。

昔から5月4日はみどりの日だったのでしょうか。前は違っていたような。。気のせいでしょうか。

そんなことは置いといて今日もたくさんたくさん、かまぼこ作りました。手がプルプルしています。

そしてまた話は変わりますが、先日いくつかのかまぼこを買ってきて食べました。

自社の製品は毎日試食しているのですが、なかなかよそ様のかまぼこを食べる機会はないのでたまに買ってきて食べたり、細工かまぼこの研究をしたりしています。もちろん県外のかまぼこもインターネット通販などで購入したりしています^^

感想は・・・

ここで述べるのを避けさせていただきます(笑)

なんか違うんです。食感も味も・・・

食べなれていないということもあるのですが、製法が全く違うし、でんぷんの量も違うんだろうなということがすぐわかります。

色々なかまぼこがあってもちろんいいと思いますが、やはり私たちは独自のおいしいかまぼこ作りにこだわっていきたいと強く感じました。

特に素材と食感にこだわっていますのでぜひそのあたりを感じていただければ幸いです。

しかし味や食感だけでなく包装や形態、細工の仕方などで勉強になることも多かったです。

 

いい天気の始まりです。

黒部は昼頃に気温も上がり春らしさが漂っています。

またGWということもあり、生地周辺で県外ナンバーをよくみかけますし、会社の裏の海には釣り客の姿も大勢見られました。

みなさん、よい休日を過ごしてらっしゃいそうです^^

生地蒲鉾ではそんな中、今日から出勤時間も30分早くなり、朝5時半から製造開始となりました。

それでも今日も製造に追われ、嬉しいやらなんやらであっという間に終わっていきました。

もちろん明日も明後日も、その次もかまぼこ製造あります。

頑張ります。

 

今朝家を出ると生ぬるーい風。そして日中の最高気温は25℃との予想もでていたとおり、なんだか気持ちの悪い春の一日となりました。

気温が上昇してくると生地蒲鉾のかまぼこ製造で気を付けなければいけないのが坐りの温度管理。

基本的には10℃前後の空調の室(むろ)に一晩おいているのですが、急激な気温変化などあった場合、食感が変わってしまう場合がありますから、設定が難しくなります。

簡単にその日のうちに成型行程から蒸し行程まで終わらせてしまえばこういった問題も発生しないのですが、そこは食感にこだわっていますので「一晩坐り」はやめるわけにはいきません!

かまぼこの日々の状態の違いを確かめるのもまた面白いのです^^

画一的な食感、味ではないのもこのような大量生産時代にあってはいいと思います。

 

今朝は冷え込みました。これから冬に向かう秋のような一日でしたね。

そんな一日でしたが、生地蒲鉾ではかまぼこ大量生産中です。

GWにむけて白エビまめかまぼこ他スライス蒲鉾、関東圏で売出し中の新商品などたくさんの製造と細工蒲鉾の製造が重なり、昨日今日と少々残業になってしまいました。

今週中にもっとたくさん作っておかないと・・・

欠品になってしまうことは避けなければいけません!

今年のGWに関してはいろいろ厳しい見方が多いですが、なんとか多くの人に生地蒲鉾のおいしいかまぼこを食べていただけたらと思います。

 

本日も快晴の黒部市です。

昨日の話になりますが、昨日富山県蒲鉾組合青年部、通称「蒲友会(ほうゆうかい)」の会議がありました。

この会では富山県内のかまぼこ屋さんの45歳までの「比較的」若い人たちの集まりでどうしたらかまぼこ業界が盛り上がっていくかということを考える会、なのかな?

昨日も喧々諤々とはいかないまでもなかなか面白い意見などが交わされ、僕も刺激を受けました。

1社単独だと大きな広がりとはならないことでも業界全体で取組むことにより、大きなムーブメントを作ることがきっとできるはずです。

その話の中でどうしても東北地方で被災した同業の話になります。かまぼこ屋さんはその昔からの性質上沿岸部に工場を構えている会社がいまだに多くあり、今回の震災で甚大な被害がありました。会社が流され、工場が壊れ、社長が社員が亡くなりと・・・・

また仙台地方は「笹かま」の特産地として日本屈指の練り製品産地です。被害状況の説明を聞くにつけ本当に発する言葉がありませんでした・・・

われわれ同業社ができること、今すぐにできること、半年後、一年後にできること、その先にできること、いろいろ考えて支援する方法を模索していかねばなりません。

 

松川さくら.jpg

富山県民会館で行われた会議でしたのですぐそこの松川は桜が満開で、大勢の人たちがお花見をしていました。

僕も空いた時間で周辺をぶらぶらしてました。

花は桜。桜を見ると日本人であることを実感しますね。桜を見れることに改めて感謝しています。

 

 

さて今週もはじまりました。月曜日には珍しく黒部市は快晴です。

今週から入学式のところも多いみたいで入学祝い用のご注文をたくさんいただいています。

通常は紅白のかまぼこには「寿」と書くことが多いのですが今週は「祝」と書くことが多くなりそうです。

それとともに法要用のかまぼこが今週は多いです。

トボや菊の2品セットが人気のようです。

 

法要1.jpg法要2.jpg

色々な用途にかまぼこを使っていただきましてありがとうございます^^

 

今日は今週の仕事納め。とても慌ただしく今週も終わっていきました。

こうして無事に仕事が毎日できることが幸せだとつくづく感じています。

さて今日は昼くらいに富山に行ってきました。厨房機器が置いてあるお店にあるものを物色しに・・・

今は社を挙げていろいろなかまぼこの試作品を作っています。

今までいくつか作って今日も試食してみたのですが、とてもおいしい!今までの生地蒲鉾の蒲鉾にはないテイストを作り出せていると思います。

ただし、実際に市場で流通するにはまだ越えなければいけないいくつかのハードルがあるのも事実です。

そのまま食べる分には十分味はOKなのですが・・・

失敗しては改良し、壁にぶつかってはやる気をなくし・・・

でもこうしていろいろ試行錯誤しているときがわくわくしますね^^

頑張ります。

 

今日はお昼ちょっと前で工場を失礼させていただき富山で行われたとあるセミナーに参加してきました。

13時開始だったので12時少し前に家を出たのですが、駐車場が満車だったこともありうろうろしてたら13時少し過ぎて到着してしまいました。黒部~富山間の時間はいまだに読めないです・・・

そして帰りにコンビニに立ち寄り「富山情報」を手に入れてきました。

実は今号の富山情報には細工蒲鉾の特集が組まれていました。生地蒲鉾の紹介はなかったですが^^;・・

富山県の細工蒲鉾について巻頭で大きく取り扱ってくださっていました。

実は今月3月19日は細工の日(さいくのひ)として富山県蒲鉾組合青年部が決めて細工蒲鉾の普及、PRに努めているのです。普段はライバル同士の関係ですが、細工蒲鉾の伝統を後世に伝えていきたい!との思いは同じ。

ということで毎年なんらかの活動をしていこうと決めています。(昨年はイオン高岡で立山連峰の巨大かまぼこを製作、展示)。

今年は特別なPR的なものはありませんが、細工蒲鉾の体験をしていただく予定になっています。

地道に活動して富山県の細工蒲鉾を盛り上げていきたいと思います!

 

またまた天気の話からになってしまうんですが、朝は良かったんですよね。

山の稜線がうっすらと光を浴びて「今日は晴れるな」と思わせてくれたんですが・・・昼からは一転大嵐になってしまいました。3月10日になっても吹雪くんですねえ・・

そんなわけで今日も手がじんじんと痛くなるくらいの寒さでしたが、かまぼこを作る上での練りの状態としては最高です。気温は零下にならない限り低いほうがいいと感じます。ですのでこれから温度が上がっていくときには温度管理に一層気をつけなければいけません。

もちろん生地蒲鉾のかまぼこは練りの温度管理にもこだわっていますが、もう一つ大事なのが成型した後の「坐り」の温度に一番気を使っています。季節によって保管庫の温度設定を1℃単位で変更したりと・・・本当に難しいんです。

詳しくはここで紹介することはできませんが、伝統の技術と長年培われた経験によって坐りの温度管理が行われています。一朝一夕には真似のできない技術だと自負しています。

それが今の生地蒲鉾の「しなやかでぷりぷりした」食感に繋がっているんです^^

今朝もうっすらと雪が積もっていて一日中寒い日でした。でも今週で冬が終わりと勝手に決めつけて頑張っていきます。

さて今朝の新聞にも出ていましたが全国蒲鉾品評会の結果が発表されました。

生地蒲鉾のかまぼこでは「焼角」」が富山県知事賞を見事受賞できました。

(本当は「農林水産大臣賞」が欲しかったんですが^^;)

この焼角、本当においしいです。主原料のすり身にはメインのスケソウダラの他に隠し味的にハモのすり身を使っています。焼いた時の香りがたまりません。そしてこだわりのしなやか食感も他の商品と変わりません。

シンプルですが個人的にはかまぼこのおいしさを一番堪能できる商品だと思っております。

賞は一つの励みとしてこれからもさらに質の高い商品を、そしておいしいかまぼこ作りにこだわっていきます!

焼角.jpg

今朝家を出ようとしたときに気づきました。道路が真っ白なことに・・・

雪、積もっていたんですね。3月4日なのに。

そしてめちゃめちゃ寒い一日でした。

春はいつ来るのかなあ・・・

かまぼこの話です。

生地蒲鉾の定番商品の一つである「笹焼き」。その外装が少し変わりました。今までは無地の真空フィルムの上に外袋をかけての2重包装でしたが、フィルム自体に印刷を施して1重?包装にしました。世間的に過剰包装を避ける傾向もありますのでシンプルな包装ですが、いいことだと思っています。笹焼きシリーズのごま、しぐれ、青のりも順次変更していきます。

 

笹焼き新袋1.JPG笹焼き新袋2.JPG

しばらくは2重包装と混在するときがあるかとは思いますが、中身は全く変わらずおいしいかまぼこです^^

外装で見栄えよくするのも大切なことですが、一番大事なのは中身、つまり味であることに変わりはありません。

今日は昼から1時間くらい時間があったので近くの黒部市総合体育館のトレーニングルームのルームランナーで30分ほど汗を流してきました。

年始から夜の付き合いが多かったせいで内臓系が重く感じていましたので久しぶりに体の中からじわじわと染み出てくる汗を感じて心地よい疲労を感じることができました。ほんの少しの空き時間でもぼーっと何もせずに過ごすのと無理やり運動するのでは大きく違います。これからも頑張って続けようと思います。

話は変わり会社でのことですが、食堂で朝ご飯を食べていると「生地かまぼこのみなさまへ」と書かれた封筒が目に入りました。開けてみると中には先日会社で細工かまぼこの体験をしていった生地小学校の生徒たちからの感謝状?感想文?が全員分入っていました。

 

感想 生地小学校.JPG

小学校6年生ってこんなにしっかりしているのですね。正直感動しました。地元のこどもたちにここまで喜ばれて本当に嬉しいです!

これからもこの細工かまぼこの技術を残していかなければ、そしてまた「おいしいかまぼこ」を作り続けていかなければと気持ちを新たにしました。こんなに大勢のこどもたちが背中を押してくれています!

純真なこどもたちの意見は心にストレートに響きますね^^

HPトップのお知らせに3月の定休日の御案内を掲載しました。

第1、第3の土曜日と各日曜日が製造ラインは停止します。

ただし会社としての完全定休日はないので上記日程の時でも午前中の電話受付はさせていただいております。

よろしく御願いします。

今日は朝から雨模様でしたね。久しぶりにカッパの上下での出勤でした。。

さて今週は土日が休みとさせていただいてますので今日が今週最後の工場稼働日でした。僕は今日「つみれ」をつくりました。つみれと聞いてほとんどの人はおでんに入っているあの灰色の練り物を想像するのではないでしょうか?

本来「つみれ」とは手ですり身をつみとったものを湯にくぐらせることを意味するらしいです。(wikipediaよりつみれ)。生地蒲鉾のつみれはこの通り良質なすり身を絞り出し袋に詰め、小さいスプーンに一個一個だしてお湯にくぐらせていきます。1000個ほどつくるときには結構な時間がかかります。。。

このように書いてきましたがこの「つみれ」、実は今はある旅館さんに納めているだけとなっています・・・

興味あるかたがいらっしゃいましたらお問い合わせいただければと思います。大量生産は難しいですが^^;

 

今日の黒部市生地は快晴でとても気持ちのいい日でした。しかし朝はめちゃくちゃ冷え込んで寒かったですね。それでも僕が会社に行く頃には空には星が輝いているけれども、山の稜線がうっすらと明るくなっていて、なんだかこれからどんどん春に向かって行くんだなあと感じさせる神秘的な光景を見ることができました。

さて話は変わりますが、今朝の地方紙のコラムに「富山市の一世帯当たりかまぼこ消費量が2007年~2009年までの平均値で全国3位になった」との話題がありました。さらに上位には仙台市などがいるそうです。

昆布巻きかまぼこや細工かまぼこなどにふれ、特に細工かまぼこの「おすそわけ」の文化については富山が誇る素晴らしい習慣だと書いてありました。

このようにかまぼこについての応援記事を読むと嬉しくなりますね^^

われわれかまぼこの製造、販売に携わるものにとってこうした良いデーターをしっかり把握、PRしていろんな人にかまぼこの良さを広めていかなければいけないと強く感じます。(ただ、統計は「富山市」の値なんですけどね^^;黒部市はどうなんだろう?)

 

そういえば昨日はバレンタインデーだったみたいですね。最近では友チョコとか言って女子同士でもプレゼントを交換するとかなんとか、誰が言い始めたかわかりませんが、多分チョコ業界の人でしょうね^^ぜひともかまぼこでも流行ってほしいものです。

さて今日は昨日に引き続き鯛の細工かまぼこ、鶴、亀その他もろもろの細工かまぼこをたくさん作っていたわけですが、それとは別に私はとある商品についての試作も行っていました。その商品とは・・・・・

まだ試作段階なのでなんとも言えません^^;

今日も含めて何回か試行錯誤しているのですが、目標とする形に到達しません。型を変え手法を変えしているのですが、難しいですね。しかもこの商品、弊社ともう一社での共同プロジェクト!(大げさですね)ですので妥協をするわけにはいきません。何度も挑戦してみたいと思います。形が決まったら、包装、売り方等々決めないといけないことは山積みですが、市場にでることになったら、きっと面白い商品になると思いますので形になるまで頑張ります!

また生地蒲鉾ではこれだけではなく他にもいくつかの商品を同時進行で試作中です。

Coming Soonとはいかないまでも4月くらいには売り出したいなあ、と思っています。

土曜、日曜と会合が続いてなんだか休みの気分がしない週末を過ごしてしまいました。。。

そして今週もはじまりました。今週は婚礼、お祝い用の細工かまぼこのご注文を多くいただいており今日は大量の鯛を作りました。(久しぶり)そろそろ色々なものが動き始める季節ですからね^^

もちろん一つ一つ手作業で行っていますので時間はかかりますが、作り手の気持ちがこもっています。今日一日では今週注文を頂いた分すべて仕上がりませんでしたので明日も引き続き一生懸命作っていきます!

HPに新たにかまぼこの詰め合わせ商品をupしました。その名も「海老づくし」。生地蒲鉾の単品商品にはえびを使った商品がいくつもあります。それを全部一緒に詰めてみました。一口にえびといっても商品によってそれぞれ特徴があります。ここで少し紹介させていただきます。

①白えびまめかまぼこ(2枚)・・・富山名産の白えびを一匹まるごとのせて焼いた一口サイズの食べやすい大きさのかまぼこです。包丁も使わずつまみ感覚で召し上がっていただけます。

②地曳きのえび・・・土台となる蒲鉾には刻み昆布が練りこまれていて歯ごたえも十分。その上にえびをのっけて蒸しあげています。地曳シリーズの代表的存在。

③ふかしのえび・・・かまぼこの中に小エビを混ぜこんである商品。その食感は山芋の効果でふわふわしております。また卵白、かつおだしをふんだんに使用していますので味わいも格別。

④えびのせチーズかまぼこ・・・ベースのかまぼこの中にはとびっこを混ぜ込みぷちぷちとした食感を楽しめます。またチーズを中に通すことによって濃厚な味わいに。さらに上にえびを乗せたぜいたくな一品です。

とこのように色々な食感、味が一度に楽しめる面白い詰め合わせになっております。えび好きのみなさまぜひお試しください^^

えびづくし.jpg

 

今日はなんだかほんのりと暖かかった時間があったような気がします。明日から連休だからそう感じたのかな。

さて最近は工場でいくつか新商品に向けた試作品を作ったり検査用に提出したりで生産数量が少ない割りに色々とすることが多く時間が足りないくらいに感じています。その中で実際商品化にこぎつけたものもあるので嬉しい限りなのですが、実は年末くらいからかなり暖めて試行錯誤している商品もあったりします。これが完成したら「あっ!」というくらい素晴らしいものになる、予定なんだけどなあ・・・・いろいろと超えなければならないハードルがまだまだありそうです。

 

今日も寒かったですね。でもだんだんと日が長くなってきた気がします。夕暮れ5時近くでも薄ら明るいときがありますから。こうしてどんどんと春が近づいてくるのですね。「冬きたりなば春遠からじ」といいますからね。この辛い寒さをあと2ヶ月我慢我慢です!

そんな中生地蒲鉾では成人式や結婚式用の細工かまぼこをもくもくと作り続けています

。年が明けても意外にご注文をいただいておりますので本当にありがたいことです。

写真は鯛の土台を作り、坐り工程をへてから色をつけていく作業のところです。

鯛新年.JPG

生地蒲鉾の2010年の生産もようやく本日を持って終わりました、といいたいところですが、実は明日まだちょこっとかまぼこ製造します^^;

それでも今日で実質終わり、お昼過ぎ3時頃には工場内の全業務終了しました。アルバイトで来ていただいてた皆様も全員帰っていただきました。思えばここ1ヶ月以上、本当に社員、アルバイトの皆様、長時間労働頑張ってくださいました。寒波もありましたが病気で仕事を休む人もほとんどいなかったのが何よりです。帰りにアルバイトの方々のすがすがしい顔を見ていたらこちらも気持ちよくなりました^^

というわけで僕も3時過ぎには家に帰ったのですが、ほっとしたのかこたつに入った瞬間起き上がれず、夕方までずっと寝てしまいました。明日まで油断はできませんが・・・

生地蒲鉾の理念でもある「おいしいかまぼこを多くの人に」が納得のいく形で実現できたのではないでしょうか。年末で大量生産しなければいけない時期ですが、あくまで最高級の原料にこだわり、時間をかけていいかまぼこがたくさん作れたと思います。

多くの家庭の食卓に生地蒲鉾のかまぼこがのせられることを願っています^^

 

ついに寒波到来でしょうか。週間天気予報はずっと雪だるまさんが笑ってます・・・今日も朝出かけるときは晴れていたのですが、12時間後帰るときにはどしゃぶりの中を自転車でずぶぬれになりながら帰って参りました。毎日カッパが必要ですね。

さていよいよ明日はクリスマスですが、そのことはおいといて生地蒲鉾では「生(なま)」と呼ばれる商品があります。「生」の対義語は「真空」です^^この「生」とは簡易包装されたかまぼこのことです。もちろん簡易包装ですから真空包装ほど長持ちしませんが、地元の人にとっても喜ばれているのにはわけがあります。一番の理由は蒸したての食感を味わえるからです。真空の技術もすごいとは思いますが、やはりかまぼこはそのままの状態で食べるのが一番おいしい!(温かければなおさら)その状態に最も近いのが生です。

生.jpg

富山県内でかまぼこ屋さんはたくさんありますが、簡易包装の状態でかまぼこを販売しているところは現在では少なくなってきているのではないでしょうか。生地蒲鉾ではこの「生」にこだわり、食感のよさをアピールしていきたいと思います。

ただ残念ながら賞味期限が短いので配送は行っておりません。(オンラインでも買えません)地元黒部のスーパーや直接生地蒲鉾に買いに来てくださるお客様限定の商品となっております。

年末にかけて一番よく売れる「生」の製造がいよいよ来週から始まります^^

今日の黒部市は久しぶりに晴れました。朝サイレントカッターをまわしてて、ちょっと時間ができたので外に出てみると白い雪をいただいた山々が朝陽を浴びてとても幻想的な雰囲気でした。とっても寒かったですけどね^^。。

さて今日も大量にかまぼこを作っていたのですが、僕はほぼ毎日製品を試食しています。大体毎日試食するのは赤巻きですが、日によっては昆布だったり、婚礼用かまぼこだったりします。原材料を少し変えるときなどは必ず、以前のものと比較しています。

この試食、実は毎日続けるのは結構しんどかったりします。時には体調が悪いときもあります。しかし自分がすりあげたすり身が最終製品となってどんな味になっているか、弾力はどうか等々確かめるのが食品を提供するものの義務だと思っています。塩ずりの時間、すり身の解凍温度、外気温、すわりの温度、湿度、蒸し時間などなど色々な条件が刻一刻と変化します。それが最終製品にどのように現れているのか、確かめているのです!

かまぼこの製造というのは知れば知るほど奥の深い、難しい仕事だと思います。それだけに面白さも感じられますし、やりがいもありますけどね^^

今週もやっと土曜日にたどりついたといった感じです。昨日くらいから鼻水、のどの痛みがあり、まんまとこどもの風邪をもらってしまったわけですが、なんとか明日の休みで回復したいです。

さて僕は普段工場内ですり身のらいかい作業を毎日行っているのですが、年末の今どのくらいの仕事量なのか、ちょっと考えてみました。

らいかい時間 朝5時半~昼1時くらい。(休憩1時間ほど挟む)

サイレントカッターでする回数 16回~20回(一回で15分~20分)

使うすり身の量 1200~1300キロくらい

使う水の量 1000キロくらい

原材料費、人件費・・・・・

こうして冷静に考えてみるとちょっと怖くなってきます。自分ひとりで毎日2t近くの重さのものを動かしていて更に相当な金額のすり身を使っていることに。

またサイレントカッターでのらいかいも温度を見ながら、すり身の状態を確かめながら丹念に練り上げていますので時間をかけてしっかりとしたものに仕上げています。

生地蒲鉾のすり身は高級なものしか使用していませんので気を引き締めてこれからもきれいな仕上がりのすり身を仕上げていきたいと思っています。

 

 

 

ここ最近朝から夕方までどっぷり工場内で働いていて、いかにも年末のかまぼこ屋さんしています。ですので今日も一日雨だったようですが、あまり気になりません。

昔はそれこそこの時期は家に帰ってお風呂入ってご飯食べて寝るだけ、という生活をかまぼこ屋さんはしていたのでしょうが、今はPCやインターネットという便利なものがあるおかげで時間の無い中でも効率よく情報収集できたり、時には息抜きでゲームをしたり本や音楽の買い物までできてしまいます。

そんなわけで昔ほど年末に関しては悲壮感がなくなってきているのかなと思ったりします。僕が修行に行っていたかまぼこ屋さんでは年末作業のことを「親が死んでも仕込み(年末)は休むな」と言われていたそうです。。。。今考えても恐ろしい言葉であると同時に年末に賭けるかまぼこ屋さんの意気込みを表しているフレーズとして僕の心に深く刻み込まれています。

昨日はブログ更新できませんでした。ほんの少しの時間は取れないはずはないのですが、気力が無かったというか・・・PCに向き合うのもおっくうでした。

そこで表題なのですが、本当なら昨日のブログで「今日はかまぼこの日」と更新すべきだったのでしょうが、一日遅れでお知らせです。

11月15日は蒲鉾の日。全国蒲鉾組合連合会で定めた、業界の日です。由来は1115年の文献に初めてかまぼこ(ちくわのようなものだったらしいです)が登場したのが練り物の起源とされ、その年号にちなんで11月15日をかまぼこの日としています。

ただ

正直あまり認知されていませんね。昨日もあっさりと過ぎ去ってしまいましたし・・・この時期はお歳暮商戦やら何やらで業界は繁忙期に入ってきていますので、何かしらの記念日イベント的なものも一致団結してする余裕がないのか、はたまた単にアイデアが無いのか。。。

富山県蒲鉾組合青年部では3月19日を「さ(3)い(1)く(9)の日」としてここ数年イベントをしていますが、そのあたりのシーズンならいろいろと考えやすいのになあ、と今更ながら思ったりしています。

 

昨夜は会社の年末頑張ろう会が黒部市内の某居酒屋さんで開催されました。忙しい中準備してくれたみなさん、ありがとうございました。

その中でふと気づいたのですが、今年の休みはあと4日!(今日を除いて)ということ。あーもう、そんな時期なんだと・・・

でも言い換えれば、あと一月半、でかまぼこ屋さんの宿命の年末が終わります。

おいしいかまぼこ作りを一日一日頑張れば、気づいた時には大晦日を迎えていることでしょう。

東京は有楽町交通会館で開催された「富山の酒と蒲鉾フェア2010」に行ってきました。朝黒部を6時くらいに出たのですが、雨風が吹き付けて寒い寒い。。

酒と蒲鉾フェア看板JPG.jpgでも新幹線に乗り換えて長いトンネルをくぐるとそこは晴天でした。川端康成の「雪国」を思い出します(読んだことないですが)。

会場に着いて準備、ミーティング、昼食とあっというまに開場時間となりました。開場してからは・・・大勢のお客様に試食を提供し、蒲鉾の販売も同時にこなし、と大忙しで写真を撮ってる時間もありませんでした。今年は白えびまめかまぼこえびのせチーズ蒲鉾を大量に持って行ったのですが、本当に多くのお客様に買っていただき感謝、感謝です。

酒と蒲鉾冷蔵庫.jpg

おかげさまで昨年と同じくらいの商品を買っていただき大満足のフェアとなりました。このフェアは来年開催されるかどうか未定らしいのですが、東京の人に生地蒲鉾のおいしい、しなやかなかまぼこを知って食べてもらえるいい機会ですので、ぜひ来年の開催も望みたいと思います。

昨日は富山県蒲鉾組合青年部、「蒲友会(ホウユウカイ)」の勉強会と懇親会が富山市の電気ビルであり出席してきました。

勉強会のテーマは「かまぼこ業界の今後について」。講師は財団法人北陸経済研究所の山口英男先生です。様々な指標から読み取れる練り製品業界の現況、課題、未来について非常に分かりやすくまた、お客様目線によるかまぼこ業界に対する提案などもいただき大変参考になりました。

ホウユウカイ勉強会__.JPG

勉強会が終わった後は講師も交えての懇親会。正直業界を取り巻く話題となるとちょっと暗めの話題が多いのが事実なのですが、このホウユウカイのメンバーは若くて活発な人たちばかりが集まっていますので懇親会場では元気のでる意見なども交わされていましたし、僕も大変刺激を受けました。

普段はお互いにライバル会社なのですが、「かまぼこ」というキーワードを通して富山県全体を盛り上げていきたいという強い思いは皆一緒です。

僕も微力ながらこれからも参加していきたいと思っています^^

 

 

 

 

 

今朝はとっても寒かったですね。ここ黒部にもようやく秋風が吹くようになってきたと思ったら一気に冬に突入しそうな勢いで心配です。秋は北陸の季節の中でも一番晴れる日が多いように感じますからね。

さて今日も白えびまめかまをたくさん作りました。明日の黒部フェアでも試食で出すそうなのでぜひその場で食べておいしかったら買ってください!その白えびですが、焼いていたらえびの香ばしい匂いで本当に食欲がそそられます。この焼きたての白えびまめかまぼこをつまみにお酒なんか飲んだら最高なのではないでしょうか^^しろえび.jpg

先日引っ越してからご近所のかたや親戚の方からいろいろお祝いなどをいただきました。そのあいさつ周りも大体終わったのですが、僕がその際お祝い返しとして持参したのが、やはり・・・・かまぼこです^^

お土産、お祝いなどに、かまぼこというのは結構喜ばれます。紅白に「祝」と書いたかまぼこや小巻の詰め合わせセットなどなど。渡した方にすぐに召し上がっていただけると同時に会社のPRもできる!のです。

会社にも「建前のお返しにかまぼこを」「お祝いもらった返しにかまぼこを」といったお客様がたくさんいらっしゃいます。他県の風習はよくわかりませんが、富山県では「お祝い返しにかまぼこ」といった文化が根付いているのかもしれませんね。

業界紙を呼んでたらこんな見出しの記事がありました。「09年 水産練り製品生産量 43万トン 17%の大幅減」。

これは農水省の調べで、全体の数値と合わせて県別の生産量の表も載ってました。1位宮城県 2位兵庫 3位新潟 4位山口・・・と続きます。ちなみにわが富山県は29位で生産量は3137トン。もっと上位に位置しててもいいのかなあと思ったのですが、県内メーカーは揚げ物の生産量が少ないのでこうした結果になっているのだと思います。

この発表数値には懐疑的な見方もあり、実際の生産者の声として「そんなに下がっている実感はない」といった声も聞かれているそうです。僕の見方もその通りでこの厳しい状況の中でも当社の生産量は減っていません。ですので調査段階でなんらかの基準の変更などがあったのではと思っています。

業界を取り巻く状況は依然厳しいものがありますが、これからもおいしいかまぼこを作り続けて信頼される会社であり続けねば!と新聞記事を読んで身を引き締めました^^

今頃から秋にかけてビジネスマッチングフェアやバイヤーさんとの商談会、中小企業庁主催の展示商談会、東京での展示即売会など、各種販路拡大のためのイベントに出席します。もちろん生地蒲鉾の商品を近隣の方だけではなく大勢のお客様に知っていただきたいとの想いがあってのことです。白えびを使った「白えびまめかまぼこ」などはぜひとも県外の方に知って食べていただきたい商品です。

今日も富山で行われた事前説明会に出席してきましたが大勢の参加者で盛況でした。実際は10月に行われるのですが、どのような方法でブース出展したら効果的かなどの説明がありました。ただ「おいしいんです」とだけ伝えるのではなくその製法や独自性をいかに相手の気持ちにたって伝えるのかが、一番難しいんでしょうけど。

何事も勉強だと思って色んな人に生地蒲鉾の「しなやかな食感」で「うまいかまぼこ」を伝える努力をコツコツしていきたいと思います。

 

暑い日が続きます。お盆を過ぎても毎日33度とかって本当にすごいですね。最近はこの数字にも慣れつつあるような気がしてきました。日本の気候はもう亜熱帯気候に変わったとして考えることにします。

さて今日は土曜日、明日は工場はお休みです。土曜日は小巻や昆布巻蒲鉾が製造できません。なぜなら生地蒲鉾の小巻や昆布巻かまぼこの作り方は通常より時間がかかるからです。

製造工程を簡単に説明すると、すり身を練って成型した状態のかまぼこを一定の温度に保たれた部屋で一晩寝かせ(低温坐りと呼びます)、翌朝蒸すのです。そうすることによって独特のしなやか、かつぷりぷりした食感のかまぼこができあがります。

したがって休み前に製造すると2日間低温坐りをしてしまうことになってしまいます。2日間坐らすと独自のしなやかさは失われ、硬くなってしまうのです。

このように非常に手間暇のかかる製法ですが、おいしいかまぼこを作るためには欠かすことのできないやり方ですので今後も守って行きたいと思います。

これも昨日に引き続きyahooニュースからの相撲関連ネタです。ただ今度のはちょっとかまぼことも関係しています。

練り製品最大手の紀文食品(株)が相撲の呼び出しの着物裏の広告の再開を検討し、同じくスギヨや鈴廣も広告再開を検討しているそうです。理由は「協会に現状を改革しようとする努力が見られるようになった」、「頑張っている力士や相撲界を応援したい」とのこと。その一方で朝日生命などはまだ慎重な姿勢だそうです。

広告、広報に対する取り組み、考え方などは各企業それぞれですから何も言うことはありません。ただ前から気になっていたのですが、相撲のスポンサーにかまぼこ関係の企業が多いのはなぜなんでしょう。共通するのは日本古来のもの、ということ?もっと他の理由があるのでしょうが分かりません・・・

ところで広告には特に厳しいNHKですが、相撲の懸賞金や着物後ろスポンサーになるとNHKで社名を全国にPRできるという利点?もあるのですね。(懸賞金が土俵上を回っているなどはひいた映像になりますが)普段あまり民法を見ないターゲットに訴求したい企業にとってはうってつけの媒体でもあるのでしょうか。

一体着物後ろ広告はいくらなのか?・・・なんてつまらないことを考えてしまいました。ちなみに懸賞金は一本6万円だそうです。

今日は工場が休みだったので自転車で黒部→宮崎海岸→宇奈月→黒部と走ってきました。(70km)。35℃?の酷暑の中、初めてということもありばてばてで何とか帰ってきましたが日頃の運動不足を痛感した日でした。

そんな中、一緒に走る人にあげようと思って持っていったかまぼこが意外に補給食として喜ばれ、みんな休憩中などに食べていました。これは予想外の食シーンを発見した気分です。確かにあらかじめスライスされたかまぼこなどちょっとした時間や屋外で食べるのにはうってつけかもしれません。塩分補給にもなりますし。

お酒のつまみ、食事、弁当の一品等々幅広い食べ方があるかまぼこですが、「スポーツとかまぼこ」を少し真剣に考えてみようと思いました。

写真は宮崎海岸です。この後は疲れすぎて写真撮る元気もなかったです・・・宮崎海岸.jpg

お盆期間中ですが、天気が悪いですね。それでも会社帰りに見た魚の駅は駐車場が満杯で入りきれない車が路上駐車していました。ここ数年どんどん来場者が増えているようです。うちの会社にも直接かまぼこを買いに大勢のお客様がいらっしゃいました。

そしてさきほど近所のスーパーさんに買い物に行ったら帰省客用のかまぼこ土産コーナーが!(もちろん生地蒲鉾の詰め合わせが置いてありました)かまぼこという食べ物が富山県民にいかに根付いているかを感じました。

(取扱店はこちら→http://www.kamaboko.org/about/company.html#toriatukai

Uターンラッシュも始まっているとの報道です。今日、明日は高速千円の影響で多くの高速で渋滞が予想されます。長時間運転をされる方は十分に気をつけて帰っていただきたいと思います。

昨日は県東部の同業者さんと「ゆるめ」の会合がありました。もちろんかまぼこ屋さん同士なので普段はライバル関係にあるのですが、それぞれが考えるかまぼこの将来に対する思いや、展望などを語り合い、とても刺激を受けました。会社の規模も違いますし、目指す方向性は各社それぞれだと思いますが、同じ富山県内のかまぼこ屋同士切磋琢磨し、おいしいかまぼこを作り続けたいと思います。Mさん、Hさん昨夜は本当にありがとうございました^^

今日は化粧鯛(小さい鯛)をいっぱい作りました。もちろん一つ一つ手作りです。

小さいのですが、しっかりと細工されていて見た目もgoodでもちろん食べてもおいしいんですよ。

生地の「魚の駅」などの観光地で人気があります。小さいサイズですのでお土産として持って帰るのに適してるのでしょうね。

もうすぐお盆です。多くの人がここ黒部へ足を運んで、そして生地蒲鉾のかまぼこをお土産で買っていただきたいなと思っています。P1000218.jpg

生地蒲鉾ブログ 蒲鉾よもやま話 かまぼこ通信

アーカイブ

生地かまぼこお試し商品

蒲鉾オンラインショップへ

黒部市 生地情報

蒲鉾のよもやま話「かまぼこ通信」

生地蒲鉾に寄せられたお客様の声

よくある質問

生地蒲鉾が作る富山のかまぼこ 取り扱いショップ

このページのTOPへ